スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さん投票に行きましょう

私、前回の記事で小選挙区制に文句をたれましたが、それが、これに同意してくださる方々の投票意欲を削ぐことになってしまってはいけないと思うので書きます。

皆さん、投票に行きましょう。

小選挙区制に不服があっても、我が国の衆議院議員選挙は小選挙区と比例代表の並立制です。比例代表の投票はまず無駄にはなりません。

また、小選挙区であなたの思う候補に勝ち目がないようでも、堂々とその人に投票しましょう。もちろんそれによって死票率は上がるでしょうが、じゃあ皆で勝つ人に信任投票して死票率を下げたらそれで良いという問題でもないのです。

そもそも票を投じたい人・党がない場合はどうしましょう…。票の誘導みたいなことはしたくないので皆さんにお任せしますが、私の大学で教えていたある先生はこう言ってました「自分の思うところを100%酌んでくれる候補なんかもとよりいるはずがないんだから、マシだと思うところに投票しましょう、民主主義とはそういうものです、投票する人は皆そうしているのです」と。特に比例区は選択肢が多いですし、小選挙区のように莫大な死票を出すものではないですから、あなたの選択にはちゃんと意味があります。どこかに投票してやってください。

最後に、第二次大戦期の英国首相ウインストン・チャーチルの言葉を紹介します。

民主制が完全で賢明であると見せかけることは誰にも出来ない。実際のところ、民主制は最悪の政治形態と言うことが出来る。これまでに試みられてきた民主制以外のあらゆる政治形態を除けば、だが。

Wikiquoteより引用。

カッコつけて紹介とか言ってみたものの、これ教科書に書いてあったよな。皆知ってるよね。でも、忘れがちなことです。そして忘れてはいけないことだと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

オリンピックによせて

国のお金でオリンピックに行ったのではない、その人の、まさに血の滲む自己鍛錬がその人をオリンピックへと導いたのだ。もちろんお金は重要だが、お金があればオリンピックに行けるわけじゃない。お金はその人の自己鍛錬にほんの少しばかり補助をしただけに過ぎない。それが一万円でダンベルを買い与える程度だろうと、億単位の金でトレーニング環境を設えるものだろうと。それを利用していかに本人が鍛錬を積むかにかかっているわけだから。

この辺勘違いしやすいところですが、これを勘違いした状態を「拝金主義」と呼びます。

血の滲む努力と緊張の連続から開放された瞬間くらい、笑ったっていいじゃない。直後にマイク差し出されてまともなコメントができなくたっていいじゃない。その瞬間にも自分を律する余裕のある人はそもそもその域に達していないよ。

選手は国の所有物で、国のために結果を出さないといろいろとマズイ国、海を渡ったあたりにありましたよね、そういえば。国のために、というか将軍様のためにか。そういう国がお好みでしょうか。だったらそっちでどうぞ、って思うのは俺だけでしょうか。

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

あれから二年。

俺は震災の直後に「ネットの不確かな情報の波に踊らされるくらいなら、まだ政府や大手メディアに騙された方がマシだ」と書きました。これは俺がテレビを持っていなくて、NHKが動画サイトで同時放送されていたのでそれを見ていたのですが、横に付いていたTwitterのタイムラインが見るに耐えないものだったのです。で、後で言い過ぎたと後悔する (例えば福島第一から北西方向に汚染が広がっていたことは当初政府は認めなかったが、割と早い段階でネットでは話題になっていた、らしい) 上の書き込みに至るわけですが、

当時の俺の気持ちをそのまま表現してくれていた、ネット書き込みを発見。

twitterでヤシマ作戦、すごい一体感を感じる。今までにない何か熱い一体感を。 - デスクトップ2chの、220の書き込み

これだよ、まさにこれ。お前は俺かって感じ。当時2ちゃんねるに書き込んだ覚えがない (2ちゃんねるでは相手を特定して話ができないのでまず書き込まない) から俺じゃないだろうけれど。あまりにも俺の気持ちそのままだったから引用します。

---ここから---

220 名無しさん@涙目です。(東京都)[sage] 投稿日:2011/03/13 02:24:16  ID:2rkwMvyIP
RTされてくるもの

・外国からのメッセージに感動!
・テレビの焼き直し
・出処のわからないデマ
・ポエム
・〇〇さん情報探してます
・民主党叩き
・怪しい災害時TIPS
・凄い一体感を感じる


こんな感じ
まともに役に立ちそうなものがない。
使えそうなのはすぐにテレビでも同じものが報道されるのでそっちのほうがいい

---ここまで---

あれから二年。日本にとって、この二年は何だったんだろう。何になっていくんだろう。

swfdecの更新が停止している

かつて俺を悩ませ、そしてうちのブログのアクセス数を大きく伸ばしたswfdecですが、どうやらDebianから削除されている様子。

Debian -- パッケージ検索結果 -- swfdec

この通り、Debianパッケージ検索に引っかかるのはlennyのものばかり。sidも引っかかってはいますが、よく見ると脱落アーキテクチャのもので、正式なsidとしての提供はありません。

Swfdec Wiki - FrontPage

freedesktop.orgのプロジェクトページも更新が一昨年からされていません。

開発が止まっちゃったんでしょうかねえ…。Wikipedia英語版の記事にも、今日現在「Development of Swfdec is almost stopped」とあります。

消費者目線で言わせてもらえば全く使えないものでした、さらに、Debianに標準インストールされる上GNOMEと変な形で依存関係にあったのでうまい具合に消すこともできず、無効にする方法をいろいろと探したものでした…

しかし、あの時使えなかったのはそうだとしても、将来に渡って使えないものであり続けるってことはなかったでしょう。同じアドビ社の製品で広く普及しているものとして (旧アクロバット) リーダーがありますが、Debianに標準インストールされるこれと互換性のあるリーダーEvinceは、大抵のPDF文書を読み込んで問題なく表示することができます。つまり、開発が進めば重くて不安定で脆弱性だらけ、開発者のやる気も感じられないアドビ製Flashプレイヤーのケツをひっぱたくものになり得たわけで…

開発中止となったのならば残念です。日本のswfdec利用率を少し下げたかも知れない身としては、ちょっと心が痛い。まあ、同様のFlash互換プレーヤーFLOSSはGnashもありますので、こちらに開発者資源が集中すると考えればそれもまあ悪いことではないのかな。あるいはHTML5がまとまってくれれば、Flash自体いらなくなるのかも知れません (追記 : FLOSSのFlash互換プレイヤーに、新たにlightsparkというものが加わった様子。Debianでは今日現在experimentalよりダウンロードできます…ただし、やはりうまく動いてはくれません、少なくともうちの環境では) 。



何?Evince使えねえぞって?日本語表示がダメ?ああ、そういう問題もありましたね。 poppler-data を入れましょう。これを入れれば日本語も問題無しに表示できるようになります。

# apt-get install poppler-data

これだけ。特に設定をいじる必要はないようです。これで日本語を含むものでも、ほとんどは読めるようになります。…こういう風にうまくは行かないものなんですかねえ。とりあえずはHTML5の普及に期待したいところです。

テーマ : コンピュータ関連ニュース
ジャンル : コンピュータ

アダルトサイトと小学校の名前

* かなり無理のある話をします。所詮感情的なものですから、適当に流し読みしてくれて構いません。

うちの父は農村の生まれで、まあ今でもそこに住んでいるんですが、生まれた当時は本当に村だったんです、行政区分が。今は「市」ですが、それは父の幼い頃に近隣の町村と合併して今の市となったのであって、当時は行政区分が「村」でした。

そして、それで歴史ある古い地名が、次々と失われていくのを目撃していたんだと。例えば現在の市の中心部には「中央町」なる名前が付いているのですが、父が言うに「そこが昔から街の中心だったかというとそうでもないし、だいたい町村合併をしてできた市なのに一ヶ所だけをさして中心だなどとちゃんちゃらおかしい」だと。小学校の社会科の授業で「市の歴史」を学びましたが、確かに古い地図には違う名前が書いてありました。ちなみにうちの市は空襲にあわなかったので、古い街並みは結構残っている方だと思います。その近辺が全部焼けちゃったので再開発したというものではありません。

歴史ある古い地名がなくなるというのは俺の代でも経験があります。俺は隣町であった○○町の○○高校に通っていたのですが、そこを卒業した直後、○○町は所謂平成の大合併ってやつで近隣の町村とくっついたのです。まあ、仕方のないことといえばことなんですが…

しかしですよ。ある時母校から届いた手紙か何かの住所を見て仰天としたんですよ。まあ、当たり前といえば当たり前なんですが…その○○という言葉が住所から消えていたんです。代わりに平仮名まじりのセンスも歴史もないどうでもいい市の名前に、○○町に属していたときの地区名がついて…分かり辛いな、つまりこういうことです。「○○町××1丁目1番1号」という住所だったのが、「どうでもいい市××1丁目1番1号」になっちゃったんですよ。○○は飛ばされちゃったんです。歴史ある○○の名が住所から消えちゃったんです。明治政府成立直後○○県として存在し、県庁所在地でもあった、平安・鎌倉・戦国そして幕末と幾度も歴史的事象・事件の舞台として歴史書に登場する○○の名が、住所から消えちゃったんです。

まあ、まあ、合併や行政区分の切り替わり、あるいは治世の変化によって地名が失われていくのは今にはじまったことじゃなく、仕方のないことなのかも知れません…でもしかし!しかし、最近の名付け方、あまりにもセンスがないと思いませんか?DQNネームだとかそんなことを言っているわけじゃありません、人間はどうせすぐに入れ替わるものです。でも、地名はその地の歴史として、そして将来に遺るものとして、非常に大事なものだと思うんです。何ですか南セントレアって!まあ俺は南セントレアには何の関係もないんですが、最たる例を出してみました。



でね、何が言いたいかって、きっと彼らは、現在も将来もありえない小学校の名前としてアレを考えたと思うんですよ。で、つつましくこっそりと低空飛行していたら、突然現実の方が急降下して来たんです、きっと。ですから、彼らのことを責めないでやってほしいな、と思ったんです。

…ちょっと無理のある擁護でした。でもさ、小学校の名前だってその地の歴史に関わる大事なものだと思うんですよ。私の高校はこの度の合併において由緒ある地名を遺す数少ないものとなってしまいました…。

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。