スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GnuPGでは共通鍵暗号も使える

前回の記事で、秘密の質問の答えを一字一句完璧にしておかないといけないので、もうテキストファイルに書いて、そのファイルを暗号化してしまうか、なんて書きました。

秘密の質問システムは、これを考え採用している連中はよっぽどアホなのか、それとも友達も、話す相手もいないのかって思うくらいです。秘密の質問と答えなんて、友達がいれば大抵は知られていることです。俺が一番好きな映画は「時計じかけのオレンジ」とか、はじめて買った音楽アルバムはビートルズの「Help!」とか、出身地はどこそことか、車が何とか、全然秘密じゃありません。多くの友人は知っていることで、今だったらブログやSNSの話題にもしやすいことですから、下手すりゃ全世界的にオープンな話題なわけです。もしこれに馬鹿正直に答えてたら、すぐにバレます。実際、それが原因で不正アクセスされたなんて事件もあったようです。

まあ、もうこれもパスワードの一種と考えて、あのパスワード表から文字を拾って文字列を作り、それを質問の内容と関係なく答えにしてしまうというのもひとつの手でしょう。しかし、このような使用頻度の極端に低いものだと、その文字を拾うパターンを忘れてしまいそうです。というわけで、質問には答える形式にし、それをメモって、そのメモを暗号化する、暗号化したファイルのパスワードを例の表で管理する、という方法を取ることにしました。

暗号化といえば。もうだいぶ前の記事ですが、gpgでの暗号化について書いたことがありました。その時書いたのはメールなんかで使いやすい公開鍵暗号でした。公開鍵暗号というのは、二つの鍵セットで暗号化と復号を行うというもの。この暗号の特徴は、一方の鍵で暗号化したファイルは、セットのもう一方の鍵でしか復号できないということ。その性質を用いて、ひとつの鍵は世に広く公開してしまうのです。私に秘密のメッセージを送りたい人は、その鍵を使って暗号化し、私に送信します。私はそれを、セットのもう一方の鍵で復号します。セットのもう一方の鍵を公開しなければ、私の他はこれを復号できないのです。送る側でさえ復号できませんが、それは当人の手元に平文が残っているでしょうから問題はありません。

しかし送受信を行わず、全てを自分の手元でするのなら、そんな煩わしいことは必要ありません。一つの鍵で暗号化も復号もできるもので充分。たぶんそっちの方がセキュアでしょうし。あくまで公開鍵暗号を利用するメリットは、鍵の受け渡しに特別の安全確保をしなくても良いということだと思われます。いつかは、鍵セットを使わずに公開された一方の鍵のみで復号してしまう方法を誰かが見つける、かも知れません。

で、今回はそんな通常の暗号化、共通鍵暗号を使いたいのですが。そういう記事を書いていませんでしたね。gpgはその暗号を扱うことも可能です。

$ gpg --cipher-algo AES256 -c hogehoge.txt

こんな感じ。AESというのは無線LANや携帯電話にも使われるような暗号形式で、今のところまだ安全と考えられているかと思います (五年ほど前に携帯電話の盗聴が可能に、なんてニュースがありましたが、あれは第二世代携帯電話のGSMなどで使われていた古い暗号形式が破られたという話でした。AESはまだ安全なはずです) 。鍵長は長い方が良いらしいので、最大の256を選択。

これを入力してエンターすると、パスワードの入力を求められます。パスワードは例の表など、自分で管理できるものを入力してエンター、再入力してエンター。

すると、hogehoge.txt.gpg というファイルが作成されます。これが暗号化ファイル。これを復号する場合。

$ gpg --decrypt hogehoge.txt.gpg

これだけ。元のファイルがテキストの場合、これでテキストの内容がコンソールに表示されます。ファイルとしての出力を得たい場合は、

$ gpg -o piyopiyo.txt --decrypt hogehoge.txt.gpg

こうすれば、piyopiyo.txtに元のファイルが復元されます。

参考: GnuPGで共通鍵暗号を使う



あとそうだ、暗号の管理と運用について、ぜひとも皆さんにおすすめしたい映画があります。それは「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」。解読不能と言われた第二次大戦中のドイツの暗号「エニグマ」をイギリス軍諜報部は戦時中に解読していたのですが、それの中心人物であった実在した天才数学者の物語です。そこで、おそらくは20世紀屈指の天才であっただろう主人公も手を焼いた「エニグマ」が、あるドイツ軍側の暗号運用のマズさによって遂に解読できてしまうというシーンがあります。

本当だったらこういう運用はしないように、ってここに書いても良いのですが、この映画のネタバレになってはいけないので、まずは映画を見てください。暗号運用のノウハウなんて考えずとも、めっちゃ面白いです。個人的には去年観た映画の中ではマッドマックス超えてベストでした。戦争映画であり、諜報サスペンスであり、あからさまな反戦メッセージこそないものの強い反戦映画であり、そして青春映画であり、実在の人物に対する鎮魂映画であり、そして…。まあ、これ以上はネタバレになってしまうので止めましょう、とにかく見てください。特に何も知らずに観た人は最後にびっくりするかと思います。超オススメ。主演はシャーロック以来最早日本でもお馴染みのベネディクト・カンバーバッチです。

スポンサーサイト

テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

Firefoxに入れておきたいアドオンと設定ver43

Firefoxのプロファイルをリセットした時に、アドオンを何を入れていたか忘れてしまいがちなのでここにまとめておきます。設定方法も書いていますが、これはあくまで自分の好みなのでそこは各自お好みでやってみてください。これをそのままやってそれぞれの好みと違うことになっても責任は負えません。

なお、通常の初回設定は前に書いたものと変える必要がないと思ったので省略


Adobe Flash Player

Debianでは公式のcontribからダウンロード・インストールツールが配布されているのでそれでインストールできる。

# apt-get install flashplugin-nonfree

あと、アップデートは自動で入らないようなので、アップデートがあったら (ここで確認できる)

# update-flashplugin-nonfree --install

このコマンドを実行。


Adblock Plus :: Add-ons for Firefox

広告カットアドオン。これはDebianではデフォルトインストール状態で既にインストールされている。なかったらここでダウンロード。購読するフィルタでEasyListというのを入れておけば、特に設定もせずにほとんどの広告はカットできる。なお、初回設定を逃した場合は chrome://adblockplus/content/ui/firstRun.html このURLから初回設定が可能。

このアドオンを使いニコニコ動画の時報・ニュース欄をカットする方法。「自作フィルタ」に

http://res.nimg.jp/swf/player/marqueeplayer.swf?*

これをコピペ。


Add to Search Bar :: Add-ons for Firefox

検索バーに任意の検索エンジンを追加できるアドオン。これを入れて、追加したい検索エンジンのテキスト欄を「サーチバーに追加」で、好きな検索エンジンを追加できる。これは36以降の仕様のサーチバーでも有効。


BetterPrivacy-signed :: Add-ons for Firefox

通常、ブラウザからはコントロールできないと言われるFlash内のCookieを、ブラウザを閉じる度に削除してくれるアドオン。毎度毎度消すかどうか聞かれるのは邪魔くさいので、設定のOptions&Helpタブから always ask のチェックを外す。


Classic Theme Restorer :: Add-ons for Firefox

Firefoxのインターフェースはバージョンごとに変化しているが、昔のインターフェースを復活させるアドオン。35以前のサーチバーも復活させることができる。個人的には昔のブックマークボタンとフィードアイコンが好きだったので、設定の Location bar (1) から Star-button と RSS feed-icon をチェック。あと、その間に仕切りが表示されるのが邪魔くさいので Hide 'reroad,〜 をチェック。それと、ツールバーのカスタマイズの自由度が上がるのでそこも好き。


Context Search X :: Add-ons for Firefox

文字をハイライトして右クリックからする検索を拡張するアドオン。規定に設定した検索エンジンとは違うものが呼び出せる。


Downloads Window :: Add-ons for Firefox

Firefox初期のダウンロード別ウインドウが復活できるアドオン。設定で「ダウンロード完了時に閉じる」をチェック。


Flash and Video Download :: Add-ons for Firefox

Youtubeなど、動画サイトの動画をダウンロードできるアドオン。もちろん著作権侵害には注意。設定は特にいじってなかったと思う。


Flashblock :: Add-ons for Firefox

Flashの読み込みを一時的にブロックしてくれるアドオン。詳細は過去記事

なお、設定で Block HTML5 video as well はチェックを外す (こうしないとYoutubeがエラーになる) 。次の「Silverlightもブロックする」はチェック。もう殆ど使ってるサイトないからいらないかも知れないけれど。

あとそうだ、ver1.5.19はツールバーアイコンが動かないという問題があるのでこのバグが取り除かれるまではバージョン履歴のページから1.5.18を入れるといいと思う。1.5.20ではこのバグが取り除かれたと思われるのでdelタグを打ったが、このようにバージョンアップで問題が起きた場合同じ方法で旧バージョンを入れることができる (もちろん自己責任) 。ただし、Video DownloadHelper のように大幅に使い勝手が変わってしまい、それが作者の意図で改善は望めないと思われるときは、そういう手は使わず、別のアドオンを探そう。良いのがなかったら諦めよう、あるいは自分でつくってみるか…。


Google アナリティクス オプトアウト アドオン

Googleアクセス解析の拒否。詳細はこの記事を参照


Make Link :: Add-ons for Firefox

まさにこの記事のようなものを書くときに便利なアドオン。詳細はこの記事を参照。設定で、フォーマット欄に %url% とだけ書いた項目を追加しておくと、URLをコピーする際に便利。


NoScript Security Suite :: Add-ons for Firefox

スクリプトの実行を基本抑制して、サイトごとに許可することのできるアドオン。デフォルトではツールバーにあるアイコンをマウスでポイントするだけで設定メニューが開くようになっているが、これはちょっと邪魔なので、「NoScriptアイコンの上にマウスを移動した時に〜」のチェックを外す。するとその真下の「NoScriptツールバーボタンの左クリックで〜」が有効になるが、これもいらないと思うので外す。ページの再読み込みはありがたいが、全てのタブが同時に再読込されるのはブラウザが重くなるので「Reload the current tab only」をチェック。

通知は、アイコンがツールバーに出ていれば充分なので「通知タブ」から「スクリプトをブロックしたときに情報を表示する」のチェックは外す。あと、クロスサイトスクリプティングについては正当なページがブロックされてしまうことが多いと感じるので「詳細設定」タブから「XSS」のサブタブに入り、二つのチェックを外すあるが、それでエラーが出たらエラーコンソールを見て、例外規定を編集。


RefreshBlocker :: Add-ons for Firefox

自動でページが再読込したり、別のページに飛ぶのを停止するアドオン。それが効果的に使われているページも多いのでその事自体は悪いと思わないが、Ninja tools とかいうページに飛ばされて閲覧ができなくなるページがあり、これがあると非常にストレスなので。

設定に http://bar1.shinobi.jp/ と入れ、現れるチェックボックスもチェック、The list as a: を「Blacklist」に。Test against: は「Target URL」に。これでNinja tools によるリダイレクトを停止できる。


Restart :: Add-ons for Firefox

Firefoxはアドオン導入時などに再起動を要求されることがある。そうやって再起動する場合、開いていたページ・タブ等は保存され、終了前の状態で再起動するが、それと同じようなことが特に理由がなくてもいつでも任意に可能になるアドオン。


Save Image in Folder :: Add-ons for Firefox

「名前をつけて画像を保存」ダイアログウインドウを経ずに画像を保存できるアドオン。設定メニューの「メイン」タブから自分の使いたいダウンロードフォルダ (俺の場合はデスクトップ) を設定し、「同一ファイル名がある場合の動作」では「名前をつけて保存ダイアログを表示」を選択。そして「その他」タブから「画像をダブルクリックすると問い合わせずに前回保存したフォルダに保存する」をチェック。あとはFirefoxを再起動して一回画像を右クリックのこのアドオンメニューからダウンロードすれば、あとは次から画像はダブルクリックで保存されるようになる。


Search by Image for Google :: Add-ons for Firefox

Googleには画像をキーワードで検索する他、画像から、同じ、もしくは似通った画像を含むページを検索する機能がある。これは画像を右クリックしてGoogleの「画像から」検索に飛ばすアドオン。この機能をもたらすアドオンは他にもいくつかあるが、複数タブを開いている場合に、現在のタブのすぐ隣に検索タブを開いてくれるのでこれを選んだ。ほかのものだと、一番右側に新たなタブを開く場合が多いので。


Speed Dial :: Add-ons for Firefox

Firefoxでは、ある頃から新しいタブやウインドウに Google Chrome よろしくよくアクセスするサイトを表示するようになった。これは事故につながりかねないと思う。ので、このアドオンを入れる。設定から「空白の新しいウインドウに読み込む」「空白の新しいタブに読み込む」をチェック。あとは自由に。


User Agent Switcher :: Add-ons for Firefox

ユーザーエージェントを偽装し、切り替えるアドオン。これでサイトのスマホ用デザインを呼び出したり、ユーザーエージェントによってアクセス規制しているサイトにアクセスできる。なお、使えるユーザーエージェントはデフォルトで入っているものの他に、手書きで設定できる他、設定ファイルをインポートすることで増やすこともできる。設定ファイルは User Agent Switcher Help このサイトに用意されている。Will you add a new user agent to the defaults? の段落にある an extensive list of user agents のリンクから、飛んだ先の「Download via Save As File Dialogue」をクリックし、落ちてきたxmlファイルを設定からインポート。

以上、かな。では皆さん良いお年を。

テーマ : Firefox
ジャンル : コンピュータ

Firefox43で、35以前のサーチバーに戻す方法

Debian sid にIceweasel (Firefox) 38esrに代わり、43が入りました。そして、これまで設定変更で呼び出すことのできた35までの検索バーが完全に削除されたようです…。

まあ、新機能の検索バーも、前に俺が言っていたような用途では、例えばアドオンの Context Search X とかを入れてしまえばそれで済んでしまうわけで…。

Context Search X で右クリックからの検索を拡張できる。規定のサーチエンジンの他、登録しているサーチエンジン全てを呼び出せる

このように。こうなればもう、36以降の新インターフェースも毛嫌いする程のものでもなく、これはこれで意外と使いやすいとも思うのですが。元に戻す方法は、あるといえばあるようです。

お馴染みの Classic Theme Restorer です。

Classic Theme Restorer 設定画面。General UI (1) に Old Search というチェックボックスがある

設定画面の General UI (1) に、Old Search というのがあります。これのチェックを入れれば35以前のサーチバーが帰ってきます。

テーマ : Firefox
ジャンル : コンピュータ

Flash動画埋め込みの多いページ、嫌になるよね…何とかする方法

うちのブログ記事でも時々やりますが、Youtube動画を埋め込むサイト、多いですよね。

でもこれってどうでしょう?僕は自分でやっておいて何ですが、俺は読者として見る時にはあんまりこういうの好きじゃないんですよ。例えば大抵のこれのあるサイトでは、動画が再生できない場合に備えてか、動画の内容の概要を説明してくれているか、あるいはご丁寧に文字起こししてくれていたりします。そうなると、明らかに文字おこしを読んだ方が早かったり、概要読めば充分な内容だったりするんですよね…

最悪の場合話の本筋とは関係なくネタ的に放り込んでいるだけで、再生してもしなくても本筋の理解と全く関係が無かったりします。

そして、こういうのって読み込みを遅くするんだ。Youtube動画一個二個なら大したことはなくても、そのページに五個とか十個とかYoutube動画を埋め込まれると、まあうちのパソコンの場合ブラウザがFirefoxですが30秒とか一分位フリーズしてくれますね。そして読み込んで回復してくれればいいですが、Flashプラグインが落ちて回復するなんてこともしょっちゅうあります。あるいは強制的に再生するタイプだと、突然音がなってビビるし、あるいは他に音楽や動画を再生しているとすげー邪魔じゃないですか。再生する時には、自分で再生ボタンを押したいですよね。そして、その再生ボタンを押すように、埋め込み動画の読み込み自体を手動でする、なんてことはできないか…確かかなり昔、うちのブログで散々ネタにしたフリーのFlash互換・代替プラグインには、読み込み自体を手動にするなんて機能もあったと記憶しているのですが…

そういや、フリーのFlash互換・代替プラグインって今はほとんど潰えてしまいましたね。HTML5の影響でしょうか、でもHTML5があればFlashは不要になるとは言われながら、Flashコンテンツは全然生き残ってますよね。

閑話休題。そう、動画の再生ボタンを押すように、読み込み自体もこちらの手動とするFirefoxアドオン、見つけました。

Flashblock :: Add-ons for Firefox

これをインストールすると、例えばYoutubeの再生画面はこうなります。

flashblockを入れてyoutubeの動画ページを開いたところ

普段ならYoutubeの動画が表示される所に、FlashのFマークが表示されていますね。これがブロックが働いているということなのです。このFマークにマウスカーソルを近づけると…

ブロックされたFlashにマウスカーソルを近づけると、Fマークが再生ボタンに変化

このようにFマークが再生ボタンの三角に変化。この状態でクリックすると、Flashコンテンツの読み込みがはじまります。Youtubeのページならばそのまま再生がはじまるというわけです。

このアドオンを入れることで何か問題は起きないか?気になるところですが、一部サイトによっては問題が起こります。例えば、このFC2ブログ運営者が展開しているサービスであるFC2動画なんかではエラーが出るようです。少なくともうちの環境では。こういう時には、一時的にFlashblockを切ってあげれば良いのです。大丈夫、ワンクリックでできます。

今挙げたスクリーンショットの、ツールバー右端の方に、Flashのマークにバツのついたボタンが見えますでしょうか?

flashblockのツールバーボタン

これです。これをクリックすると、

flashblockのツールバーボタンをクリックすると一時的に無効になる

このようにボタンの赤いバツが緑のマルへと変化。Flashblockが一時的に無効になります。こうすると、次から読み込むページのFlashが通常どおりになります。

このボタンが見つからない?それはツールバーのカスタマイズで探してください。

キャプチャ画面に表示されている動画は One Day As A Lion で Wild International のPV。レイジ・アゲンスト・ザ・マシーンのボーカルだったザック・デ・ラ・ロチャとマーズヴォルタのドラマーだったジョン・セオドアのユニットです。

テーマ : Firefox
ジャンル : コンピュータ

Firefoxの検索バーを35以前の形に戻す

*この記事はFirefox42以前のものです。38esrをお使いの方は当記事を。43以降の設定方法はこちら。42をまだお使いの方は43に速やかにアップグレードするか、38esrにダウングレードしましょう。

すでにFirefoxは40も出ているのに今更ですが…

Firefox36以降、検索バーのインターフェースが変わりました。何がしたくてこんな仕様にしたのか…文字をハイライトして右クリックから検索、がやりにくくなるじゃないですか…

例えば、外国語で書かれたサイトとかを読んでいたら、知らない単語とか出てきますよね。それを、予めサーチバーに Add to Search Bar アドオンで辞書サイトを入れておけば、その知らない単語をハイライトして右クリックし、プルダウンメニューを選択するだけで辞書を引けるのです。

右クリックからの検索

こんな感じに。ところが、36以降の仕様だと右クリックメニューから飛ばせる検索が、「規定の検索エンジン」に固定されるため、規定の検索エンジンをGoogleに固定してたらGoogle検索にしか飛ばせないのです。旧インターフェースなら、検索バーをクリックしてプルダウンするメニューから検索エンジンを選べば、ハイライト右クリックからの検索もそれに合わせて変更されていたのですが…

右クリックからする検索のエンジンをサーチバーで切り替える

こんな感じ。こっちの方が絶対に使いやすいと思うんで、この旧仕様に戻す方法。

【Firefox】Firefox 36の検索バーを35以前の仕様に戻す - 白々メモ帳

こちらのブログさんによると、about:configで browser.search.showOneOffButtons をfalseに切り替えれば良いとのこと。

やってみたら、そのとおりになりました。

はい、実は前回の記事のスクリーンショットを見てもらえれば、すでに自分はこの設定をしてはいました。記事にするのが遅くなりました…。

テーマ : Firefox
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。