スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo Japan、Googleの検索エンジンを採用というニュース

「総合的に判断して、Googleが利用者に一番良いと結論」ヤフー井上社長 -INTERNET Watch

あれです、日本ヤフーが検索エンジンに米ヤフーのシステムを使っていたところ、それをGoogleに切り替えるという話です。

うーん、Googleの独占を危惧する者としては残念なニュースなんですが…ただその、前にGoogleのCEOシュミット氏の問題発言を聞いてGoogleはevilになってしまったかも知れない ( Don't be evil というのがGoogleの社訓だったはず) と感じた俺は、Googleアカウントを全て閉鎖すると同時に、それまで多用していたGoogle検索の移行先を探していたんです。が、どれもパッとしなかったんですよ…

シュミット氏の問題発言をネット界に報じたアーサ・ドッツラー氏 (Mozillaの開発者の一人らしいが、モジラ財団・モジラ社は収入の多くをGoogleに依存しているとされる中で、この告発は勇気があると思う) は、bingを勧めていましたが。俺が使ったところ、検索結果はことごとく的外れ。日本語で、単語ではなく連語や文章で検索しようとすると、意味のないところで区切られたりして、その結果全く探しているものと関係のないページがリストアップされる始末。たぶんこの辺はベイジアンフィルタなどでも問題になる、分かち書きをしない日本語のコンピュータ上での扱いの難しさなんでしょうが…

では、米ヤフーのシステムを利用していた日本ヤフーの検索はというと、割と優秀でしたが、やや新しい情報の検索結果への反映が遅かったように思います。サイトやブログの最新の更新情報が、なかなか検索でつかめないという印象がありました。

意外に優秀だったのがAsk.com。が、これはニュースや画像、動画に特化した検索がないのが痛いところ。

baidu?GoogleがEvilになってしまったかも知れないと思って回避先を探しているときに、よりevilなものに捕まってしまったらアホですよね。いや、そうである証拠はないんですけれども、言論の自由を堂々と否定している国の情報産業ってねえ…

そういえば、韓国では自国産の検索エンジンが高いシェアを有していると聞いて、日本でもそういうものが無いかと探してみたのですが…正直、Googleの代わりになるものは見つかりませんでした。というかまともに使えるかどうかも正直怪しいものばかりでした、これらと比べればbingをでさえ感動的なまでに優秀なものに見えます。

というわけで、残念ですけれどもさもありなんという話でした。もっと頑張れ他の検索エンジン!ネット検索を一私企業 (それも国外のもの) に握られているって、けっこう差し迫った言論・表現の自由の危機だと思うんですけれど。Googleはその辺についてはいいやつなんですけれど、いつ方針転換するかも分からないし、米国国家だってどこまで信用できる相手か…

スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ関連ニュース
ジャンル : コンピュータ

三島市、OOoを検証というニュース

三島市ら3市がOpenOffice.orgを検証、地方自治情報センターの共同調査で - ニュース:ITpro

この様なニュースがありました。もう今更OOo導入検討のニュースを聞いてもそんなに驚きはしませんが、「財団法人 地方自治情報センターの2010年度共同調査研究として」「調査結果は2011年春に地方自治情報センターの研究開発成果説明会で報告」するんだそうです。これをきっかけにさらに広がってくれたらうれしいところ。

いや、OOo以外にもオフィスソフトはあるわけで、別に俺にはOOoばかりを押す理由も特にはないんですが… MS Office がオフィスソフト業界を独占しているということと、またそれに依存せざるを得なくなっている世の中の状況が少しでも変わったらいいなと。 MS Office がOOoに取って代わられるだけで独占は変わらないだろうという批判もありそうですが、OOoはFLOSSですし、ファイルフォーマットもオープンで他のオフィスソフトと互換性を持つことができるように設計されているものですからねえ。例え独占に至ったとしても MS Office のそれとは違うものになるかと。

テーマ : コンピュータ関連ニュース
ジャンル : コンピュータ

「はじめにお読みください」記事に追記をしました

記事「はじめにお読みください」に一部書き加えをしました。

イタリック体となっているところが書き加えです。

----------

このブログの利用等について

私がここで発表する、私が著作権を持つテキストについてはCreative Commonsライセンスを利用することにしました。詳しい内容については以下をご覧ください。ただし、このようなことを言ってしまった手前、その通りこのライセンスも公開後28年で終了するとし、以降はパブリックドメインとして扱っていただいてかまわないものとします。

Creative Commons License

なお、fc2に権利が帰属する部分についてはfc2の利用規約等に従ってください。

----------

それと、もう一ヶ所、次のとおり書き加えました。

----------

広告について

このブログはFC2の無料サービスを利用していますので、広告が表示されます。場合によっては記事の枠の中にまで広告が表示されますが、全てFC2が出しているもので、著者はこれらの広告に一切関わっておらず、また利益も得ていません。広告リンクをクリックした先であなたが遭遇する一切のことについて、著者は責任を負うことはできません。ご了承願います。

----------

何かあったのかって?んー、ちょっと怪しい匂いを感じる広告が表示されたんでね…とは言ってもそれが詐欺であるという確信もない、しかし追求する気もないんで、とりあえずこの様に書かせていただきました。

海賊党への対案を考えてみた その3

海賊党の政策の対案を考えてみる、三回目です。その一はこちらその二はこちら海賊党の掲げる政策はこちら



3. 特許制度は廃止しない、保護期間を短くする

特許制度というものは、何も発明者の発明独占のためだけの制度ではなかったはずです。世に有用な発明を公開する代償として、一定期間その発明の独占を認める、そのことによって発明の公開を促進するという目的があったはず。

ただ、現行の日本の特許法では、保護期間が20年でしたっけ。いつ定められた規定なんでしょう。エジソンの時代なんかにはそれでも良かったのかもしれませんが、今の時代、二十年前の有用な発明が自由利用できるようになりました、さてその価値はどのくらい残っているものなんでしょうと思ってしまいます。

今日の人類の技術や産業に関する進歩のスピードはすごいものです。例えば、みなさんはこの記事を何らかのコンピュータで見ているんでしょうけれど、20年前のコンピュータがどんなものだったか想像できますか?百メガバイトのハードディスクが大容量とされ、CPUのトランジスタ数は100万個ちょっとでしょ。今はハードディスクは2テラバイト、二万倍ですか、CPUのトランジスタ数はCore i7が最大で11億個あるんですよね。千百倍ですよ。

果たしてこの時代に、20年前の発明にどのくらいの価値があるんでしょう?二十年保護されて、その間に何の価値も無くなってしまっていたとしたら、世に有用な発明の公開という目的も無になってしまいますよね。自動車メーカーのスズキの代表取締役鈴木修氏も、「かつては十年ひと昔といったが、今は一年ひと昔。」と言ったとWikipediaで紹介されています

例えば保護期間五年はどうでしょう?5という数字は海賊党の掲げる著作権保護期間からの思いつきですが…純粋な創作行為に競争というものはありませんが、産業は競争です。今の時代、競業他者に5年遅れたらほとんど致命的ではないでしょうか?そうだとすればその後の無償公開が待っているとしても五年間独占する価値はあるということになりませんか。そして世の中としてみても、少なくとも今の20年よりかはずっと価値のある状態で発明が還元されるのです。どうでしょう?悪くないと思うんですが。



以上、海賊党への対案でした。コメント・トラックバックでの異論反論、間違いの指摘その他お待ちしております。たぶん海賊党としても、無批判な賛同よりも、消費者レベルで議論が巻き起こることを期待していると思うんですよ。だからこそあんな強硬なことを言っている気がするのです。

テーマ : 著作権・特許権
ジャンル : 政治・経済

ダウンロード数*単価=損失?

ダウンロード数*単価=損失という計算はおかしい、と書いたことについて補足します。

俺は、そのダウンロードをしている人間の中に、欲しいとは思っていなかったけれども無料でアップロードされていたからとりあえず入手しただけ、不法アップロードがなかったとしても買わないという連中がかなりいるはずで、その分に関しては不法アップロードがなかったとしても売上にはならないはずで、それを損害に計上するのはおかしい、という意味で書きました。

このことについて、他所様のブログででしたが、万引き犯を例えにあげた反論を見かけました (残念ながらウチに対してされた意見ではありませんでしたが) 。つまり、万引き犯は支払い逃れや転売といった利益を求めてやる人ばかりではなく、スリルを楽しみストレス解消という目的でやっている奴が少なからずいる、と。そいつらは盗むという行為にこそ目的があり、モノには興味がない。それは損害ではないのかと。

お答えしましょう。それでも万引きは損害です。しかし、ダウンロードは損害とは限りません。



どういう目的でやるにせよ、盗まれる物は他人の支配する物であり、盗むためにはその他人の支配を解く必要があります。それがなければ窃盗とは言いません。例えば、同じく他人のものを自分のものにしてしまう行為でも、それが他人から預かったなどでその他人のために自分が支配しているものであれば、それは「横領」といいます。他人を騙してあるいは脅して、ものを自主的に交付させれば「詐欺」「恐喝」になります。落し物のように、他人の支配の既に及んでいないものであれば「占有離脱物横領」といいます。どれも窃盗とは区別されます。

さて、万引きとダウンロードに当てはめてみましょうか。例え本の内容や価値に興味がなくても、一冊本を盗めば本屋の棚から一冊本はなくなります。お菓子を盗めばお店の棚から一袋お菓子は確実になくなっています。他人の支配を解いていますね。

では、ネットに他人の著作物を無許可でアップし、あるいはダウンロードをする行為はどうでしょう?その著作物がネットにアップされたからといって、著作物が著作者の手元から、あるいは本屋から一冊本が消えたりはしません。著作物は有形物ではなく情報であって、いくらでもコピー可能であり、実際これもコピーだからです。ダウンロードしたとしても、サーバーから元のデータが消えるわけではありません。これもコピー。つまり、アップロードもダウンロードも、他人の支配を解いてはいないという点では、全く盗みではないのです。

ですから、万引きは間違いなく直接的な損害が出ているのに、ネットでのやりとりに於いては何の損害もないと考えることも可能なのです。少なくとも直接的な、わかりやすい財産権の侵害はありません。

だからこそ、財産法ではなく著作権法に公衆送信権とか送信可能化権というものが定義されたのではないでしょうか。まあ、公衆送信権や送信可能化権は著作権者が著作物でお金儲けをする権利として当たり前のものであると思いますが、「自分の著作物の恩恵を受けた人全てからお布施を巻き上げる権利」というものはないと俺は思うので、ダウンロードは自由とするべきと私は主張しました。重ねますが、ここでいう自由とは「してよろしい」の自由というよりかは「咎められない」という自由の方です。

テーマ : 著作権・特許権
ジャンル : 政治・経済

海賊党への対案を考えてみた その2

海賊党の政策に対案を出してみるのその二回めです。前回の記事はこちら

今回は、海賊党の主張する著作権は営利目的のものに限って保護されるべきという主張、非営利の著作物のやりとりは一切合法とされるべきという主張について対案を。



2. ダウンロード禁止規定は撤廃すべき。しかし、従来どおり不特定多数に送信する、あるいはできる状態にすることは禁ずるべき

無権限でネット上にアップロードしている奴がいます。彼の行為は前に書いた著作者の「自分の著作物でお金儲けをする権利」を間違いなく侵害しています。が、その無権限でネットにアップロードされたものをダウンロードする行為は、一体著作者の何の権利の侵害なのでしょうか?そりゃあ、褒められた行為ではないですけれども、俺にはそこが分かりません。

対価を支払わずに著作物の恩恵を得たこと?でも、ここまで広く解してしまうと、例えばストリートミュージシャンが音楽を演奏していて、それを聴いていた人から著作権料を請求できる、なんて話になりかねませんよね。それに、中古売買なんかも規制されそうです。むしろそれが業界の声であるのかも知れませんが、では中古売買にも「課税」したとして、新品売買における中間業者の利益はどうするんでしょう。これにも課税しなきゃ不公平ですよね?みなさん、レコード会社から直でレコード買ったことあります?俺はありません。そう、下手すりゃ流通も崩壊します。そうだ、それに図書館という制度もなくなっちゃいますよ。

何が悪いのかはっきりしないことを、何となく雰囲気だけで悪いことにするのは、悪いことです。



また、ダウンロード禁止規定が恐ろしいのは…現行規定では幸いなことにまだなっていませんが…これによって「悪いことである」と既成事実化されて、一歩進んで犯罪となってしまうことです。まあ、たぶん不法ダウンロード禁止に賛同する人は、無許可着うたサイトとか、割れ物サイトとか、Winnyとか、アングラなものを考えているのでしょう。

そればっかりじゃありませんよ。例えば、俺が加藤ローサさんのファンだから、加藤ローサさん出演シーンをキャプチャした映像をついついこのブログに載っけちゃったとしましょうか。もちろん許可なんてとれません、所属事務所の研音さんはその辺厳しいと聞いています。はい、みなさんはもう「容疑者」です。みなさんにその映像が見えるということは、みなさんのパソコンにそのデータがダウンロードされたということです。

もちろん皆さんに犯罪の故意はないでしょうから、罪に問うのは難しいでしょうね。しかし、故意があるかないかなんて結局のところあなた方にお話を聞かなければ分からないことです。聞くためには身柄を拘束する必要もあるでしょう。ダウンロードされたファイルは一時ファイル・キャッシュに留まり、ちゃんとした保存をしなかった場合は何の罪にもならないそうです (これは当たり前だ、でなかったらWebサーバやISPが犯罪行為をしていることになりかねない、インターネットの構造を否定することになる) が、保存をしたか、キャッシュから抜いたりしていないかなんてのはあなたのパソコンを押収して調べなきゃ分からんことです。この国では、逮捕されて捜索されたらその後裁判で無罪判決をもらっても「犯罪者」扱いですからね。容疑者というのはあくまで容疑であり、有罪とはイコールではありません (というか、推定無罪の原則からすれば、「容疑者」と呼ばれている段階ではその人は無罪として扱わなければなりません) が、どうも感覚として犯罪者というイメージがつくものです。俺かて正直そんなもんです。

まあ、俺がこのブログでわざわざそんなことをしなくても、ネットには著作権侵害の疑いのあるモノはゴロゴロしているんですから、そうなると警察が気に入らない人の名誉を傷つけ自由を制限するためにこの捜査権を濫用することもあり得るでしょうな。ちょっと事件は異なりますが、英国のミュージシャンのピート・タウンゼントさんはインターネットでそういうサイトに接続したことで児童ポルノ単純所持の疑いで捜索されました。 The Who のドキュメンタリー映画「アメイジング・ジャーニー」にその時の映像が出ていましたが、パワーマックが何台も押収されトラックに載せられる様子が見られました。当時の日本にもロックファンにはかなり大きなニュースとして報道されました。三ヶ月の捜査の後、法に触れる画像などを一切保存していなかったことが分かって不起訴となったそうですが、少なくともタウンゼント氏の名誉はひどく傷つきました。あくまで噂レベルですが、これには平和運動家でもある氏の面目を潰す目的があったのではないか、などとも言われています。英国は当時イラク戦争に参戦していました。

ですから、ダウンロード禁止規定は絶対に犯罪にしてはいけませんし、そもそも現行規定も何を守っているのか不明確なので不要と思います。



ただ、党首の言うプライバシーに捜査権が大きく踏み込むきっかけを与えてしまうという指摘は俺にも気になるところです。でもどうでしょう?党首が例示するインターネットのビデオチャットは、不特定多数にばらまく行為ではありませんよね。「プライバシー」と言うんですから、不特定多数がその通信を受けられる状況というわけではないはずです。「不特定多数に送信する、あるいはできる状態にすることを禁ずる」とする限りは、「プライバシー」には問題がないはずです。

というわけで、私は「著作物を権利者の許可なく不特定多数に送信するあるいはできる状態にすることは禁ずる、ダウンロードは自由とする」ということを提案します。ここでいう自由は、「してよろしい」の自由というよりかは「咎められない」の自由です。繰り返しますが、あんまり褒められた行為でないのは俺だって分かっています。

続く

テーマ : 著作権・特許権
ジャンル : 政治・経済

海賊党への対案を考えてみた その1

前回の続きです。

インタビューの答えがどうも変だという話でした。まあ、ただ彼らはこれを本気で実現するつもりではなく、注目を受け、人々に議論を起こすためにあえて極端な主張をフッかけている可能性も考えられるので、細かいことにいちいちツッコミを入れても仕方がないのかも知れません。自分はダウンロード違法化反対著作権保護期間延長反対特許制度にやや疑問を持っているネット時代のプライバシーを憂えている、と、ベクトルはあっているのだから、ここは支持と言っておいた方が得策なのかも…ですが、とりあえずは不支持と言っておきます。極端な主張はおもしろいですけれども、ときに暴走しますから。

極端ではない対案を考えてみました。



1. 著作権の保護期間は、死までもしくは発表時から28年

著作権は自然な財産権であると思うので、生きている人間から取り上げるのは正しいとは思えません。その存命中は権利も存続すべきです。が、相続されるのはおかしいので一身専属であるべきです。相続されればされるほど、権利関係が複雑になって利用したい場合に誰に許可を取ったら良いのか分からなくなります。

例えば、イソップ童話を利用したい場合を考えてみましょうか。イソップ童話は、紀元前のギリシャの作家アイソーポスの作とされていますが、その著作権が相続されているとしたら今誰の手元にあるんでしょう?遺産分割は相続人となりうるもの全員でやらなければなりません。この手の権利について遺産分割がなされないときは、全員がその権利を持つことになります。適法に利用しようと思えば、子孫全員にもれなく許可を取らなければなりません。子孫は一体何人いるんでしょう、利用は絶望的になります。代々漏れなくきっちりと著作権を単独相続してきたならば話は別ですが、そんなことを期待できるでしょうか。また、故人のその作品に込めた思いや、その人間性について一切知り得ない世代が、我が物顔で作品を管理するのも変な話です、人のアイデンティティにどのくらいの影響があるのかもよく分からない遺伝子を、薄ーく持っているというだけで。

よって、相続を許すべきではありません。そもそも、ほとんどのまともな近代国家では著作権の相続は認められていないですしね。たぶんここは議論するまでもないところだとは思いますが、一応書きました。

が、団体や法人、無名変名の著作物など、自然死が明確でないもしくはないものも存在します。それらについては明確な期間を区切らなければいつまでも著作権は存続し、権利関係が不明瞭になったり、社会に還元されないことになってしまいます。

そこで、28年という期間を提案します。28という数字は米国の旧著作権法の保護期間からもらっています。旧法下の米国では、方式主義で、発表時から28年、延長措置をとればさらに28年の計56年が保護期間だったそうですが、85%の著作物は延長措置をとられず、28年で失効していたんだとか (著作権延長法がなければ――パブリックドメイン研究センターが文化的損害を嘆く - ITmedia News) 。つまり、それ以上伸ばす価値が85%はないということです。15%については無視する形になりますが、それは社会に還元される価値ということで…

死んだ人間の権利が存続するってのもおかしな話だと思うんですが、今世界的にベルヌ条約によって死後も権利を50年も存続させなければならない決まりになっています。俺にはその必要性がよく分かりません (ロースクールに通う私の友人も、この話題を振ってみたら「権利者のない権利などあってはならない」と言っていました、世界的に条約で決まっていると教えると、「じゃあその条約がおかしい」だそうです) が、どうしても必要だというのなら、死後一律ではなく、死後存続する権利も発表時起算というのはダメなんでしょうか?つまり、例えば五十歳で亡くなった作家が二十歳の時に書いた作品は死と共に権利消滅、四十八歳の時に書いた作品は死後二十六年権利が存続するというのはどうでしょう。

ところで、私は著作権の財産権としての面だけを言っています。著作者の人格権や、遺族の著作者に対する名誉感情の問題はまた別です。これについては、日本の現行著作権法でも著作権の財産権とは違う扱いをしており (六十条、百十六条) 、俺はこれでいいと思っています。

続く

テーマ : 著作権・特許権
ジャンル : 政治・経済

海賊党党首のインタビュー記事を発見

ソフトウェア特許の話やDRM、著作権の切れた著作物配信サイト、前首相のJASRACの会合での発言などを見てきて、俺は著作権制度や特許制度に興味を持つようになりました。

んで、ネットで色々と調べ物をしていると、著作権制度や特許制度の大幅な変革を掲げる政党を発見しました!その名も「海賊党」。穏やかな名前ではないですが、たぶん海の暴力集団の政党というわけではなく、「海賊版」の方の海賊だと思われます。なにしろ、掲げている政策が著作権制度と特許制度だけだそうですから。まあ、政党と名乗りながらどこの議会にも議席を持たず、それどころか活動実態もあるのかどうか怪しい政党は山ほどあるのでしょうが、この政党は欧州議会に議席を持っているそうです。

党のサイトに掲げてある文章はスウェーデン語で、俺はスウェーデン語は読めないのでまいっていましたが、党首にインタビューしたというCNETの記事を見つけました。こちらは日本語です。

「著作権は5年で十分」--欧州議会で議席獲得した海賊党、主張の根拠を語る(前編) - CNET Japan
「特許は要らない」--欧州議会で議席獲得した海賊党、主張の根拠を語る(後編) - CNET Japan

…あー、期待して読んだのですが、ちょっと支持はできないかなー。



俺は著作権保護期間については短縮されるべきだと思っています。70年なんかとんでもねえ、むしろ短くするべきだと。「死んだ後も本を書き続けている人がいるでしょうか?」はその通りだと思います。模倣や翻案は創造の源泉ですが、死後保護期間を長くすればするほど権利関係が複雑になり、利用したくても許可を取るのも困難になり、源泉は枯れてしまいます。とにかくろくにメリットもないのにデメリットだらけです。

が、いくら何でも五年は短過ぎやしませんか。ダ・ヴィンチ・コードを例にあげていますけれども、徐々に徐々に評価が高まっていき、発表からだいぶ経って大ヒットに漕ぎ着ける作品だってあったでしょう。だいたい、生きている人間の権利を何を根拠に取り上げるのでしょうか?まともな国だったら憲法違反では?かつての米国のような、方式主義・登録制で、登録時より何年で失効するとするんだったら、つまり著作権は自然な権利ではないということで違憲ではなくなるでしょうが、すると著作権というものの根本を考え直さなければなりません。それに、現代の著作物とその媒体の多様化を見るに、登録制復活は不可能でしょう。



また、「著作権は普通の市民 (のプライバシー) を脅かしています」の主張も分かるのですが、そこから繋がるお金儲けを目的としない著作物のやりとりは自由 (本文中には「無料」とありますが、多分freeを訳し間違えたのでしょう) とするべき、という主張は行き過ぎだと思います。

著作権は、レコード会社や出版社からロイヤリティをもらうだけの権利なのでしょうか、違うでしょう。そもそも著作者には著作物でお金儲けをする権利があるはずです。許可なく無料でファイルを配っている連中がいて、そのせいで売上が落ちれば、やはりそれは損失でしょう (もちろん、単純にダウンロード数*単価=損失という計算はおかしいと思いますが) 。同じものが違う値段で売られていたら安い方を買うのは市場原理の常です。有体物を安売りすれば旨味が減るのはそれもまた当たり前ですが、知的財産はコピー可能なものなのですから、どんなに安くしたって、無料で配ったって無権限でやっている奴は痛くもかゆくもありません、他方それでおまんまを食っている人は必死です。それを止めるのも著作者の権利であるべきです。



特許はいらないって主張はおもしろそうなんですが、特許制度は単なる技術の私有化ではなく、むしろ広く世に公開することを促進する (一定期間の独占を認めるのは公開の代償) という目的があるはずで、そのことに一切触れていないことが気になりました。…期間を短くするってんだったら賛成できるんですけれども。20年前の有用な発明が特許切れとなる日にも変わらずその価値を保ち続けている、なんてこと今の時代そうそうないでしょうからねえ…。

続く

テーマ : 著作権関連ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。