スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講談社の子会社がHTML5・DRMフリーで漫画や小説を配信している

Internet Watch でこんな記事を見つけました。

新作の小説や漫画をDRMフリーで無料公開、「最前線」プレオープン -INTERNET Watch

>株式会社星海社は15日、新作の小説や漫画などのコンテンツを無料で公開するサイト「最前線」をプレオープンした
>「最前線」では、新作の小説や漫画などをウェブで無料で公開するとともに、公開するコンテンツについてDRM(デジタル著作権管理)を原則として廃止
>サイトはすべてHTML5で構築

だそうですよ!とりあえずアクセス (最前線 - フィクション・コミック・Webエンタテイメント) 。当方の環境はDebian squeeze/sid、ブラウザは Iceweasel (Firefox) 3.6.10 です。

確かに今までならフラッシュを使って作っていたようなサイトが、フラッシュなしで作られているようです。フラッシュやWMPやアクロバットなどをたくさん使ったコンテンツは普通重くなりますが、このサイトはあまり重く感じません。

星海社「最前線」スクリーンショット。漫画を表示したところ

漫画はこのように。

星海社「最前線」スクリーンショット。小説を表示したところ

小説はこのように表示されます (横書きですね) 。もちろんこれはアクロバットリーダーではありませんし、あんなに重くもありません。

驚くべきは、この星海社という会社、講談社の子会社だということ!講談社って言ったら「マガジン」の出版元のあれですよね?漫画業界では大手ですよ。子会社とは言え、大手がこのようなサイトを作ったのは正直驚きです。いい流れではないでしょうか。



うん、いずれにせよ紙媒体は無くなりはしないでしょうし、紙にはDRMはつけられません。今、手持ちの本を裁断してスキャナにかけコンピュータに保存する (もちろん全くの私的利用の範囲内) ことが流行っているみたいですし、デジタル製品だけにDRMをつけても不正コピーの予防に意味があるのか疑問です。

そして、DRMは用法を制限されるわ (引用など、著作権法上認められているものにすら抵抗している場合がある、コピペ禁止など) 、利用環境を制限されるわ (Windows向けDRM付きコンテンツはMacでは再生できないとか) …特に再生の都度認証を受けなければならないとかのものだと、ネットに接続できないとか認証をする元が倒産などでサービスを終了して使えなくなるという危険もあります。悪気のない利用者にもこういう不利益を押し付けることで、これはむしろ不正コピーを助長するんじゃないかとも言われています。

---コピーコントロールCD #日本での導入~現状 - Wikipedia より引用---

上記に挙げた問題点から、CCCDで発売されるタイトルは、CCCD自体への抗議意思もさる事ながら、「一度PC等でリッピングした上で、そのデータをCD-Rに焼いた方が安全」という認識から、レンタルや違法ファイルのダウンロードで済ませれば良いという意見が続出[要出典]し、CCCDを主導したエイベックスは2004年(平成16年)3月の時点でCCCD発売前より売り上げを20%も落としてしまうという皮肉な結果を招いた。

---引用ここまで---

要出典タグが付いており書き換えられる可能性もあるので、保存も兼ねて引用してみました。これはCCCDの話ですが、CCCDはCDプレイヤーの誤動作を利用したコピーガードなので、ドライブに過度の負担をかける可能性があり、しかしウォークマンやiPodなどのデジタルオーディオプレイヤーがある限りリッピングの需要もなくならない (そもそもリッピングは私的利用の範疇であるはず) ので、それだったらドライブを壊す危険を負うよりかは不法にネットにアップされているやつを利用しよう、と考えられちゃいかねない、ってわけですよ。

DRM付きコンテンツは保存には全く適しません。Windows向けDRM付きコンテンツを将来に向け保存し利用するには、将来に渡ってWindowsとそのDRMシステムが存続する必要があります。認証を受ける必要があるものは、その認証システムが将来に渡って存続しなければなりません。そして、本は人の知識を蓄積しそして将来に残すものという側面があるので (世の中としても個人としても) 、絶対に保存の需要はあります。DRM付きコンテンツで、それしか公式には手に入らない、しかしそれがとても有用なもので先々の自分のためにどうしてもそれを保存しておきたいというとき、DRM回避を欲するのは自然なことだと思います。今、電子書籍の標準形式を巡っていろいろなところで火花が散っているようですが、そのことを考えていただきたい。

よって、こういうのはどんどんやってほしいと思います。説教臭い話になってしまいましたが、読んでくれてありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : 著作権関連ニュース
ジャンル : ニュース

swfdecの更新が停止している

かつて俺を悩ませ、そしてうちのブログのアクセス数を大きく伸ばしたswfdecですが、どうやらDebianから削除されている様子。

Debian -- パッケージ検索結果 -- swfdec

この通り、Debianパッケージ検索に引っかかるのはlennyのものばかり。sidも引っかかってはいますが、よく見ると脱落アーキテクチャのもので、正式なsidとしての提供はありません。

Swfdec Wiki - FrontPage

freedesktop.orgのプロジェクトページも更新が一昨年からされていません。

開発が止まっちゃったんでしょうかねえ…。Wikipedia英語版の記事にも、今日現在「Development of Swfdec is almost stopped」とあります。

消費者目線で言わせてもらえば全く使えないものでした、さらに、Debianに標準インストールされる上GNOMEと変な形で依存関係にあったのでうまい具合に消すこともできず、無効にする方法をいろいろと探したものでした…

しかし、あの時使えなかったのはそうだとしても、将来に渡って使えないものであり続けるってことはなかったでしょう。同じアドビ社の製品で広く普及しているものとして (旧アクロバット) リーダーがありますが、Debianに標準インストールされるこれと互換性のあるリーダーEvinceは、大抵のPDF文書を読み込んで問題なく表示することができます。つまり、開発が進めば重くて不安定で脆弱性だらけ、開発者のやる気も感じられないアドビ製Flashプレイヤーのケツをひっぱたくものになり得たわけで…

開発中止となったのならば残念です。日本のswfdec利用率を少し下げたかも知れない身としては、ちょっと心が痛い。まあ、同様のFlash互換プレーヤーFLOSSはGnashもありますので、こちらに開発者資源が集中すると考えればそれもまあ悪いことではないのかな。あるいはHTML5がまとまってくれれば、Flash自体いらなくなるのかも知れません (追記 : FLOSSのFlash互換プレイヤーに、新たにlightsparkというものが加わった様子。Debianでは今日現在experimentalよりダウンロードできます…ただし、やはりうまく動いてはくれません、少なくともうちの環境では) 。



何?Evince使えねえぞって?日本語表示がダメ?ああ、そういう問題もありましたね。 poppler-data を入れましょう。これを入れれば日本語も問題無しに表示できるようになります。

# apt-get install poppler-data

これだけ。特に設定をいじる必要はないようです。これで日本語を含むものでも、ほとんどは読めるようになります。…こういう風にうまくは行かないものなんですかねえ。とりあえずはHTML5の普及に期待したいところです。

テーマ : コンピュータ関連ニュース
ジャンル : コンピュータ

MPEG LA 、ネット上の動画に対するライセンス料の方針を変更

H.264のライセンス料、無料ネット動画は恒久的に不要に - ITmedia エンタープライズ

こういうことだそうです。以前は2015年まで無料という話だったので、反対解釈すれば2016年に混乱が起こることは間違いないわけで、それだったらやはり使わない方が良いんじゃないかと前に書きました。その話が変わった、ということだそうで。

しかし、正直もうGoogleがYoutubeにWebMを全面採用する方針のはずで、それにWebMはロイヤリティフリーなのでもう正直どうでも良い話なのかも知れません。それよりも、個人的にはWebMが MPEG LA の特許を侵害しているのか否かが気になります。正直、FUD合戦なんてやっていないで裁判でも何でもやって早めに法的に白黒付けてほしいと思うのは俺だけでしょうか。

…H.264の特許が切れるのはいつだろう?ネットでの無償利用は2015年まで無料といって、方針転換してその後も無料にすると言うんだから、2015年以降もしばらくは続くってことだよね…。

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

アダルトサイトと小学校の名前

* かなり無理のある話をします。所詮感情的なものですから、適当に流し読みしてくれて構いません。

うちの父は農村の生まれで、まあ今でもそこに住んでいるんですが、生まれた当時は本当に村だったんです、行政区分が。今は「市」ですが、それは父の幼い頃に近隣の町村と合併して今の市となったのであって、当時は行政区分が「村」でした。

そして、それで歴史ある古い地名が、次々と失われていくのを目撃していたんだと。例えば現在の市の中心部には「中央町」なる名前が付いているのですが、父が言うに「そこが昔から街の中心だったかというとそうでもないし、だいたい町村合併をしてできた市なのに一ヶ所だけをさして中心だなどとちゃんちゃらおかしい」だと。小学校の社会科の授業で「市の歴史」を学びましたが、確かに古い地図には違う名前が書いてありました。ちなみにうちの市は空襲にあわなかったので、古い街並みは結構残っている方だと思います。その近辺が全部焼けちゃったので再開発したというものではありません。

歴史ある古い地名がなくなるというのは俺の代でも経験があります。俺は隣町であった○○町の○○高校に通っていたのですが、そこを卒業した直後、○○町は所謂平成の大合併ってやつで近隣の町村とくっついたのです。まあ、仕方のないことといえばことなんですが…

しかしですよ。ある時母校から届いた手紙か何かの住所を見て仰天としたんですよ。まあ、当たり前といえば当たり前なんですが…その○○という言葉が住所から消えていたんです。代わりに平仮名まじりのセンスも歴史もないどうでもいい市の名前に、○○町に属していたときの地区名がついて…分かり辛いな、つまりこういうことです。「○○町××1丁目1番1号」という住所だったのが、「どうでもいい市××1丁目1番1号」になっちゃったんですよ。○○は飛ばされちゃったんです。歴史ある○○の名が住所から消えちゃったんです。明治政府成立直後○○県として存在し、県庁所在地でもあった、平安・鎌倉・戦国そして幕末と幾度も歴史的事象・事件の舞台として歴史書に登場する○○の名が、住所から消えちゃったんです。

まあ、まあ、合併や行政区分の切り替わり、あるいは治世の変化によって地名が失われていくのは今にはじまったことじゃなく、仕方のないことなのかも知れません…でもしかし!しかし、最近の名付け方、あまりにもセンスがないと思いませんか?DQNネームだとかそんなことを言っているわけじゃありません、人間はどうせすぐに入れ替わるものです。でも、地名はその地の歴史として、そして将来に遺るものとして、非常に大事なものだと思うんです。何ですか南セントレアって!まあ俺は南セントレアには何の関係もないんですが、最たる例を出してみました。



でね、何が言いたいかって、きっと彼らは、現在も将来もありえない小学校の名前としてアレを考えたと思うんですよ。で、つつましくこっそりと低空飛行していたら、突然現実の方が急降下して来たんです、きっと。ですから、彼らのことを責めないでやってほしいな、と思ったんです。

…ちょっと無理のある擁護でした。でもさ、小学校の名前だってその地の歴史に関わる大事なものだと思うんですよ。私の高校はこの度の合併において由緒ある地名を遺す数少ないものとなってしまいました…。

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

相互リンク依頼を受け付けることはできません

相互リンク依頼なるメールが来ました。皆さまの手を煩わせるのも悪いので、ちょっとここに書いておきます。

結論 : 相互リンク依頼なるものを受け付けることはできません。

理由の要旨 : リンクとは本来自由にやるべきものであり、自由にリンクをしてもらって構わないし、自分も自由にしている。そこに拘束力のある契約関係を持ち込みたくない。



断りなくリンクを貼る行為を嫌がる向きもあるみたいですが…俺は自分からネットにアップして全世界に公開した情報を、見るな紹介するなと注文をつけるのは無茶だと思います。友人だけに見せたいのならそれなりのやり方がありますし、誰にも見られたくないならそもそもネットにアップするべきではないでしょう。逆に、自分から見られるようにしておいてわざわざ「見てよろしい」「紹介してよろしい」などと偉そうに宣うのも変な話です。 (参考 : リンクフリー - Wikipedia)

というわけで、言うまでもないことだと思って今まで書いていませんでしたが…当然このブログにも自由にリンクをしていただいて構いません。ですから、ご丁寧に長文メールを書くなんてそんな煩わしいことをしなくても結構です。また、私も気になりゃ勝手にリンクします。逆に、ちょっとキツい言い方になってしまいますが、どんな素晴らしいメールを頂いてもこちらが興味を持てないサイトやページにリンクする気はありません。

よって、「相互リンク依頼」というものをわざわざ頂いてもご期待に沿うことはできないと思います。少なくとも互いにリンクをし続けるという拘束力のある契約をうちのブログにおいてすることは絶対にありません、ご了承下さい。例えそのようなご連絡を頂いたサイトに俺がリンクをしたとしても、契約の申し込みを承諾したものではないとします。

もしかしたらうちの右カラムにあるリンク集が気になったのかも知れませんが、これも俺がリンクしたいサイトにリンクしているだけです。「相互リンク」なんかじゃありません。



それより、もしブログをお持ちでしたらトラックバックはいかがでしょうか。それならばこちらからそちらへのリンクは一瞬で作成できます。こちらのトラックバックに対する考え方に従っていただければ大歓迎です。俺の考える所のトラックバックはコミュニケーションなので、うちの読者もアクセスする確率は高くなると思います、単にリンク集に載せるよりかは。

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。