スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo Japan 、アカウントへの不正アクセスに注意喚起

この様なニュースが入って来ました。Yahoo! JAPAN は否定しているものの、現在アカウントのログインパスワードの情報漏洩を疑う向きがあるとのこと。

Yahoo! JAPAN、ユーザーから不審なログイン履歴の報告を受け注意喚起 -INTERNET Watch
ヤフー、Yahoo! JAPAN IDへの不正アクセスを否定 - CNET Japan
ASCII.jp:Yahoo! JAPAN、IDの不正使用に注意喚起
ヤフー、Yahoo! JAPAN IDの漏えい/不正アクセスの事実を否定 | ネット | マイコミジャーナル

Yahooのアナウンスはこちらから受信できます
Yahoo! JAPAN広報からのお知らせ

前に「メールはPOPで使うなら Yahoo Japan がいい」とこのブログで勧め、俺自身もいくつかアカウントを取って愛用している身、これは心配なニュースです。ログイン履歴はhttps://lh.login.yahoo.co.jp/から確認できるそうなので、アカウントを持っている人は確認することをおすすめします。

俺の場合、明らかにおかしなところからログインをされている、ということはありませんでした。アタック自体はありました。俺の行ったことのない国からログインを試みられ、失敗していたようです。ちなみに、他のサイトのサービスとの連携によってそれ経由でログインしていることを不正アクセスと勘違いしているのではと指摘がなされています (俺はその手のサービスは後述するパスワードの使い回しと同じレベルでセキュリティ強度を著しく下げるのではと疑っているので一切利用していません) 。また、このログにはメールのPOP接続の記録はされていないので、そこの不正アクセスは分からないという問題は残ります、ログインに失敗した形跡がないというのはこの辺にヒントがあるかも知れませんね。

Yahoo Japan は日本最大手のポータルサイトであり、メールだけではなくショッピングやオークションなど様々なサービスがある故、そのアカウントはおそらくは悪者にとって利用価値が高いものであると思われます。現にアカウントが乗っ取られたという話は別に「大規模流出」なんて話でなくてもちょくちょく聞くものです。パスワードは数字、大文字小文字、記号を絡めた複雑でなおかつできる限り長い物にしましょう。もちろん辞書に載っている単語などもってのほかです、単語やその組み合わせでアタックするなどクラッキングの初歩の初歩だからです。

そして、意外と多くの人が守っていない大事なことですが、パスワードの使いまわしはやめましょう。例えば、mixiにYahooのメールアドレスで登録している場合で、mixiのログインパスワードにYahooと同じものを設定していた場合、一方から情報流出などがあったら他方のアカウントもアクセスし放題になってしまいます。情報流出事故・事件が起こらなかったとしても、パスワードを同じにすることはつまり、Yahooの中の人はあなたのmixiアカウントにアクセスでき、mixiの中の人はあなたのYahooのアカウントにアクセスできる、そういうことにもなりかねない話です。そんなバカな状況を自ら作り出すなんて、頭の悪い子のすることです。

それともうひとつ。誰が運営しているのかよく分からない無料のプロキシサーバや公衆無線LANスポットの中には、通信を監視して情報を抜く、それを目的に開放しているものがある (ようは罠) から気をつけた方がいい、という話を聞きました。また、ネットカフェのPCにキーロガーを仕込むやつがいるなんて話も聞きます。正直プロキシや無線LANスポットでパスワードの授受に使われるSSL通信の中身を覗くことができるのかという疑問はありますが、ネットカフェのキーロガーは結構簡単に実現可能と思われる手口です。誰かに通信を監視されうるところでは、パスワード入力が必要なサービスを受けることは控えた方がいいでしょう。どうしてもしなければならない場合には、その後なるべく早く安全なところからパスワードを変えることをおすすめします。俺はそうしています。

アカウントに不正アクセスされていたという方、今回は問題なかったけれどもパスワードを使いまわしている方、弱いパスワードを使っている方、流出させうる行為をしてしまった方、直ちにパスワードを変えましょう。本当に情報流出していた場合に備えて、当てはまらない人も一応パスワードを変えておいた方がいいかも知れません。

スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ関連ニュース
ジャンル : コンピュータ

シムシティにおける発電の現実との違い

前に初代シムシティがmicropolisというタイトルでGPL化され、Debianでも遊べるようになったということを紹介しましたが…日本で原発を過大評価して風力や太陽光発電を過小評価する向きがあるのは、シムシティの印象が強いからなんじゃなかろうか、なんて思うわけです。少なくとも僕はそうでした。

その印象は当時としては正しかったのかもしれませんが、現在はそうでもないようです。シムシティmicropolisを紹介してしまった責任をちょっと感じたので、僕自身がネットで見た情報をシムシティと比較しながら紹介したいと思います。



シムシティ2000では風力と太陽光発電が登場しますが、年を経て技術革新によって効率が上がったりコストが下がったりという設定がありません。現在風力発電はコストを下げつづけているそうです。温室効果ガス排出コストを考えれば既に石炭火力発電よりもコストが下がる計算にもなるとか。

シムシティ2000では洋上風力発電ができませんでした。洋上発電をするならば風力は莫大なエネルギー源になります。デンマークやスペインでは既に電力の20%を風力で賄っている上、デンマークに於いては2025年までに50%を風力で賄う計画だそう。さらにあのエネルギー消費大国米国でも2030年までに20%を風力にする計画だそうです。なお、現在絶対量に於ける世界最大の風力発電国はなんと中国だそうです。

風力発電 - Wikipedia

日本では現段階ではあまり積極的に風力発電が導入されてはいません。日本は風車の設置に適さないのでしょうか?すぐに思いつく問題としては台風がありますが、決して適さないというわけでもなさそうです。環境省の最近の試算はこのようになっています。

asahi.com(朝日新聞社):風力発電で原発40基分の発電可能 環境省試算 - 社会 (ウェブ魚拓)

日本は原発で全電力の30%を賄っていて、原発は福島第一も含めて現在54基、つーことはこの試算では日本でもスペイン・デンマーク並の電力源にできるということですね。しかもこれ、震災前の段階に於ける採算性ですから、今後政策が変わったり大量に導入するに当たってコストを下げることができるのならもっと採算性は上がるということでしょう。ただ、この試算の妥当性に関してはちょっと分かりません。お役所の試算が当てにならないのは日本人の常識になっているのが悲しい。ただ、少なくともシムシティに植え付けられた印象が正しくないことは確かであるようです。ちなみに、日本は国土は狭いですが、排他的経済水域は世界第六位の面積を持ちます。メガフロートの技術もあるので、洋上発電の期待度は高いと思うのですが、俺は。



シムシティでは地震が起きても原発は止まりません。送電線が遮断されたり火事になることはありますが、発電を止めることはありません。実際は大きな地震が起きたら炉の稼働自体を止めなければなりません。

ちなみに風力発電は、茨城の洋上の風力発電機は今回の地震を受けつつほぼ無傷で現在も稼働中だそうです。

風力発電フル稼動、被災地支える 三谷商事、地震耐え無傷 社会 福井のニュース :福井新聞 (ウェブ魚拓)



シムシティの原発では放射性廃棄物の問題がまるまる無視されています。現在、日本では高レベル放射性廃棄物の最終処分については何も決まっていません。世界でも最終処分はまだ始まっていないと聞いています。また、廃炉に当たり、長時間強い放射線を浴びつづけて放射性物質と化した炉心や放射性物質が付着するものは、これも放射性廃棄物となります。解体はブルドーザ一台、1ドル、一瞬で済むはずはありません。まだ日本では商用原子炉で本格的な解体が始まった例はありません。

地層処分 - Wikipedia
東海発電所 - Wikipedia

我々が安い安いと聞かされてきた原子力コストというのは一体なんだったんでしょう。最終処分は何も決まっていないわ、廃炉についてもちゃんとしたデータがあるのか疑わしいわ、これでどうやって原子力コストを計算できていたんだろう…あ、これもお役所試算か。



初代シムシティやシムシティ2000では資源枯渇という設定がありません。化石燃料の枯渇は皆さんも知っての通りですが、ウランも枯渇性資源であることはあまり言及されませんね。可採埋蔵量はそんなにアテになる数字でもありませんが、化石燃料に比べて飛び抜けて期待度が高いものではなさそうです。

可採埋蔵量 - Wikipedia

増殖炉によって劣化ウランをプルトニウムに大規模に転換するようになればまた話は変わってきますが、その増殖炉、研究は遅れに遅れています。炉としての一応の稼働実績のある高速増殖炉は、既に先進国の多くは開発を諦めているようですし、日本は「もんじゅ」にて研究中ですが、度重なる事故で動かすことすらろくにできていません。去年の事故で再起不能になったと見る向きもあるそうです。それに、プルトニウムはウランに比べて放射性が強いので、事故に至った場合の危険性がまた変わってきます。実用化へのハードルはかなり高そうです。

高速増殖炉 - Wikipedia
スーパーフェニックス - Wikipedia
もんじゅ #炉内中継装置落下事故 - Wikipedia
プルトニウム - Wikipedia



さて、シムシティでは1900年の段階から建設できる、大気汚染をする、古ーい技術という印象の火力発電ですが、現実は1900年から大きく進歩しています。例えば原発も火発も得られた熱で水蒸気を発生させ、それでタービンを回し発電機を回すことで発電しています。そのため、熱エネルギーをどれだけ電気に変換できるかが大きな問題になってくるのですが、原発の場合これが30%程度とされるところ、火発では蒸気を原発の技術的限界を超えて高温高圧にする技術が確立されていて、現在火発の熱効率は47%程度まで上がっているそうです。

原子力発電#火力発電所との差異 - Wikipedia

更に、天然ガス燃料でガスタービンエンジン (ジェットエンジンのようなもの) を回し、さらにその排熱で蒸気タービンを回して二段階に発電することで、より高い効率を稼ぐコンバインドサイクル発電というものも日本では80年代から実用化されはじめ、現在では川崎火発などに59%もの効率を稼ぐものも導入されています。

TEPCO : 西火力事業所 | 川崎火力発電所 | 発電所だより

更に更に、ジェット燃料には適さないと思われる石炭も、これを水素と一酸化炭素のガスにしてしまうことで、コンバインドサイクル発電の燃料にすることが可能だそうで、これにより石炭火発においても50%前後の熱効率達成が見込まれるとのこと。こちらはまだ日本では商用炉が建設されてはいないものの、いわきの勿来発電所で実証炉が稼働中です (東北地方太平洋沖地震の影響で停止したものの、8月には稼働を再開したとのこと (東日本大震災に関する当社情報|クリーンコールパワー研究所) ) 。

IGCC(石炭ガス化複合発電)とは|IGCCのこれまでの成果|常磐共同火力株式会社
IGCC(石炭ガス化複合発電)の特徴|IGCCのこれまでの成果|常磐共同火力株式会社




最後に…シムシティで原発を建設したら、マメにセーブしてメルトダウンを起こしたら直前のセーブデータをロードしていましたよね…みなまで言うなという声が聞こえてきそうなのでやめておきますが、いずれにせよ、ゲームと現実を混同してはいけないし、世の中は常に動います。20年も前の科学技術を前提に将来の話をしても仕方がありませんね。

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。