スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

totemバックエンドのデフォルトを切り替える

gnomeにおける標準のメディアプレイヤーはtotemですが、これはこれ自体にメディア再生の機能があるわけではなく、バックで別のメディア再生システムが必要で…。

Debianではそれがgstreamerxineかを選べるわけですが、標準はlenny以降gstreamerとなっています。

しかし、このふたつ、どちらも特有のクセがあるわけで…。個人的にはgstreamerのDVD再生時の挙動が気に入りません。また、そもそもDebian-multimediaから配布されているw32codecsやlibdvdcss2にちゃんと対応しているのか、どうもその挙動から非常に怪しいのです。俺が使いこなせていないだけの可能性は大いにありますが。



しかし、先にも述べた通りgstreamerが標準であるため、それぞれのtotemプラグインであるtotem-gstreamertotem-xineパッケージが両方存在する場合、gstreamerが優先されます。

だったらtotem-gstreamerパッケージを削除しておけば良いのだろうという話になりますが、なぜか削除してもaptはtotem-gstreamerパッケージをことあるごとに入れたがるのです。依存関係の上ではtotem-gstreamerかtotem-xineのどちらかが入っていれば良いことになっているのに、なぜかtotemパッケージの更新に引きずられてtotem-gstreamerが厚かましくも割り込んでくるのです。

etchまではこのふたつのパッケージは競合関係にあって、一方が存在すれば他方が入ってくることはなかったのですが。lenny以降、そのようなことはなくなったようで。



標準を切り替える方法はないのかしら…ありました。めも - totemでDVDメニュー

というわけで実践。totem-gstreamerとtotem-xineの両方が存在する環境で次のコマンド。

# update-alternatives --config totem

すると、この様な応答が。

`totem' を提供する 2 個の alternatives があります。

選択肢 alternative
-----------------------------------------------
1 /usr/bin/totem-xine
*+ 2 /usr/bin/totem-gstreamer

デフォルト[*] のままにするには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください:

はい、何も悩むことはございませんね。1を押してEnter。すると。

'totem' を提供するために '/usr/bin/totem-xine' を使います。

この様なメッセージを残してプロンプトが表示される。つまり、設定が終わってプログラムが終了したということだ。さて、確認のためtotem起動。

# exit
$ totem

totem動画プレーヤーが起動する。ヘルプ→情報をクリックすると、

「Totem 動画プレイヤー について」ウィンドウ

とのこと。xineがgstreamerに優先した、感動の瞬間がここに(?)



これでgstreamerに悩まされることはなさそう。アップグレードで強制的に設定を書き換えられたりしない限りは。

関連記事

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。