スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macはウイルスとは無縁?

アップル社が、コメディアンのラーメンズをキャラクターにして、「マックはウイルスとは無縁、セキュリティソフトでガチガチにしなければ怖くて使えないウィンドウズに比べると軽快」なんてCMをやっていましたよね、去年くらいまで。

「無視」から姿勢転換:Appleがウイルス対策ソフトの利用を奨励 - ITmedia News

いつかはそんな日がくることは分かっていましたが、とうとうその日が来たみたいですね。

まあ、この警告はその後撤回されたそうですが、しかしそれでもそれを報じる記事(公開を歓迎したところ……:Apple、ウイルス対策ソフト奨励の告知を削除 - ITmedia News)で

>あらゆる脅威に対して100%無縁なシステムは存在しない
>つまり、ウイルス対策ソフトウェアにより追加的な保護措置が提供されるかもしれない

とアップル社広報がコメントしている以上、もうあのCMフレーズが過去のものとなったことは確かでしょう。



ちなみに、今日のマルウェア(害意のあるソフトウェアの総称、ウイルスはこれに含まれる)はOSの脆弱性よりもアプリケーションソフトのそれを狙うものが多くなっていると聞きます。その中には、OOoやFirefoxといったクロスプラットフォームで普及しているプログラムを狙い、OSやCPUを選ばない攻撃方法を持つものも散見されているとか。OOoだったらマクロ、Firefoxだったらスクリプトとかアドオンを悪用すればいいわけですよ。

何が言いたいか、もうお気づきでしょう。UNIXも無縁ではないという話ですよ。

マックもUNIXですが、そこはまあ置いておいて。恐ろしいのは、非商用個人デスクトップ用に使うのにちょうどいいセキュリティソフトが存在しないことよね…。マックを除くUNIX用ウィルス対策ソフトというのは大抵業務用サーバ用で、ライセンスは個人には手が出ないほどに高い。



うーん、GNU/Linuxパソコンで今できること。

・rootは必要最小限に
・必要のないサービスを起動しておかない
・パッケージは常に最新版に(メンテナンスなされていないプログラムを使わない)
・信頼できないプログラムを実行しない
ClamAVでウイルス対策を

こんなもんか?五つ目はどこまでやってくれるかわからない、というのもAV-Test.orgなどでの評価が残念なことになっているから。オープンなプロジェクトなのにある程度の評価をもらえているという事実はすごいとは思うけれども、K7 Computingに負けているというのはセキュリティソフトとしては正直致命的な気がする。

K7 Computingというのはインドのコンピュータセキュリティ関連製品会社で、そのアンチウイルスと言ったら日本ではソースネクスト社から「ウイルスセキュリティ」として販売されているあれですよ。…営業妨害とか言われかねないので詳しくは言いませんが、ある意味で俺がコンピュータセキュリティに関心を持つきっかけを作ってくれました。まあ、2004年の話ですので、今はもっとよいものになっていると考えたいですが。

さて、どうしたものか…。

しかし、上の四つでかなりセキュリティは保てそうな気もするな。特に三番目とか。例えば、Winnyで個人情報が流出したとかいう話が今でも時々ニュースになりますが、あれは放置された脆弱性が問題なんだそうで。作者はセキュリティホールを塞ぐことは可能だが、Winny開発について刑事裁判中なのでそれをして良いのか分からない状態、なんていう話らしいです(「Winnyから情報漏えいを防ぐのは技術的に容易」--開発者の金子勇氏:ニュース - CNET Japan")。



以上、あまり中身のない、しかもニュースとしてもちょっと古い話でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。