スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスターブートレコードの破壊に備える

保留にしたサウンドおよびグラフィック関連の話ですけど、KNOPPIXの構造上、新しいソフトのインストール等は一切効かないわけで…内蔵ドライバが対応してくれない限りはどうすることもできないわけで…。早くも問題発生。

これはもう、ハードディスクにインストールできるLinuxにしか解決できない問題です。

ということで、さっさとDebian GNU/Linuxをインストールすることに。KNOPPIXもインストールしようと思えばできるのですが、そうやって使う人が少数派だからなんかあったときに助けてもらえる可能性が極めて低いので、素直に普通にインストールするOSを選んだ方が得策だと思ったから。



しかし、XPがある限りはwindows環境を全く放棄するつもりはないので、デュアルブートにするつもりなんだが。

本屋でいろいろと立ち読みしたところ、デュアルブート環境には注意が必要とあった。

まずひとつ、ハードディスクのひとつの領域にふたつの起動可能なOSは共存できないということ。
ハードディスクがひとつしかない場合はOSごとに区切ってやる必要がある。複数のハードディスクを持っていてそれぞれ別のOSの専用に使えるのならばその方がトラブルになりにくいとのこと。今回、俺はハードディスクがふたつ持っていたので(マスターとスレーブ、スレーブの方をDebian専用にする)ここはそんなに考えなくてもよい。

そしてふたつ、OSを起動させるための情報(ブートローダ)はハードディスクのマスターブートレコードというところに記録されているが、当然起動可能なOSを追加するわけだからマスターブートレコードに変更を加える(実際には上書きする)ことになる。例えばインストールに失敗するなどで、マスターブートレコードの情報が破壊された場合windowsすら立ち上がらなくなるわけである。また、windowsはデフォルトでデュアルブート環境を意識して作られていないため、windowsを再インストールなどした場合マスターブートレコードが上書きされて他のOSが立ち上がらなくなる。もうひとつ、デュアルブート環境にある他のOSを完全に削除する場合、ブートローダまで消去されてwindowsも立ち上がらなくなるとのこと。

迷惑な話だ。

しかし迷惑でも仕方がない、今回の変更前(windowsだけを立ち上げるためのブートローダ)と変更後(デュアルブートできるブートローダ)両方のマスターブートレコード情報をバックアップする必要があると。

じゃあ変更前のバックアップをば…調べてみるとバックアップはできないらしい、WindowsXPの場合はインストールディスクを挿入したまま起動して、当然セットアップメニューが立ち上がるわけだが、その中から「回復コンソール」なるメニューを選ぶことで修復可能らしい。

しかし、ここで大問題が。

回復コンソールが使えるのはマイクロソフトから販売されているパッケージ版のみで、OEM版(メーカー製パソコンについているリカバリディスクなども含め)にはそもそも付属しないらしい…。


ふざけんなマイクロソフト!!


かわりに、マイクロソフトはフロッピーディスク用の起動ディスクイメージを配布していて、これをフロッピーディスクに書き込んで、これを挿入したまま再起動すれば回復コンソールが立ち上がってくれるらしいのだが…うちのパソコン、フロッピーディスクドライブが付いていないんだよね。うちのパソコンに限らず、Apple社がiMacを発売した以降、フロッピードライブがついていないパソコンは珍しくなくなった。一体どうしたらいいの?

検索しまくっていたら1CDブート回復コンソール作製法という素晴らしいページと出会った。なんでも、フロッピーディスクイメージをCDイメージに構築し直して、CDから回復コンソールを起動できるようにしてしまおうというもの。

かなり長くなるので説明は省かせてもらうが、この通りに作ったディスクイメージをCD-Rに焼いて挿入したまま再起動したところセットアップメニューが立ち上がった。画面で指定された通りにRキーを押してみると回復コンソールのメニューに入ってくれた。マスターブートレコードの復元はやってみなかったが、多分これで大丈夫だ。

一応これで変更前のマスターブートレコードのバックアップに替えることにする。

変更後のマスターブートレコードは…Debianをインストールし終わった後に考えよう。

長くなったので、今回はこの辺で。


追記

変更後のマスターブートレコードのバックアップについてはこちらへ
マスターブートレコードの破壊に備えるその2

関連記事

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。