スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日付と時刻の調整

何が正しいのか、よう分かりませんが。一応メモ的に。

最近は時計を、クオーツや振り子ではなく、ネットワークや電波を通じてより正確な時計と同期することで調整するものが一般的になってきました。これを使えば定期的に時報なんかを聞きながら手で調整する手間がかからないという話ですな。

で、パソコンはネットワークとつながっている機器の代表であるわけで。GNU/Linuxにもネットワークと時刻を同期する機能があるはず。

調べたらこれはNetwork Time Protocol略してNTPというんだそう。Debianにもntpとかntpdateとかいう名前のパッケージが存在し、このふたつのパッケージをインストールすると、gnomeの「時刻と日付の調整」メニューに「インターネット上のサーバと同期させる」設定が現れ、これを選択することで自動で時刻調整ができるようになります。



俺もそれでいいと思って、ずっとそれでやってきました。

しかし、そもそもntpというパッケージはNTPサーバを立ち上げる場合に使うべきものだそうですね。例えば社内ネットワークなんかを構築した場合に、全てのコンピュータをいちいち外部のNTPサーバと同期させるのは無駄な通信となるわけで。それよりも一台NTPサーバを用意して、外部と同期するのはそいつだけにして、社内ネットワークの他のコンピュータはその内部NTPサーバと同期するようにすれば、これに関するトラフィックを数十分の一、場合によっては数百分の一に抑えられるわけですよ。

…つまり、うちのパソコンの中には余計なサーバプログラムが走っている?

ローカルエリアネットワークを形成しているわけでもない俺にNTPサーバを建てる理由はない。あるべきはNTPクライアント。それに、「余計なサービスは起動しない」がセキュリティの基本ならば、俺はそれに逆行していることになる。

# apt-get remove ntp

とりあえず、怖くなった俺はntpパッケージを削除する。



じゃあ、そもそもntpdateって何よ?NTPサーバからのシステム時刻設定用クライアント、という説明はついているけれどさ。

ググって使い方を調べると、

# ntpdate NTPサーバ名

この様にコンソールに打ち込むことで、指定したサーバに時間を合わせてくれるとのこと。

ではNTPサーバはどこを使ったら良いのか。昔、まだWindowsにネットワーク時刻調整の機能がついていなかったころ、たしかこの手のアプリケーションをベクターで見つけてきて使っていたなあ。アレの接続先は九州の大学だった気がする…

ITmediaニュース:福岡大のNTPサーバがアクセス集中で悲鳴

えーと、すみませんでした。

インターネットサービスプロバイダごとに、契約者向けにNTPサーバが用意されている例が多いんだそうで、出来ればそれを使うのが良いんだとか(NTP/プロバイダ・機関別 - wiki@nothing)。俺の使っているプロバイダauoneではそれがなさそうなので、日本標準時プロジェクト 公開NTPを使ってみる。なんでも、日本標準時に直結、誰でも使ってよいとか。NTTの時報サービスや電波時計の電波のような感覚だろうか?

# ntpdate ntp.nict.jp

すると、時刻調整をしましたよー的なメッセージが返ってくる。



とりあえずサーバとの時刻の同期はできた。しかし、これでは手動調整とほとんど変わらない。これを自動的に、スケジューリングでやるようにしたいわけです。

この前必要のないデーモンを停止することを勉強したときに、スケジューリングはcronという機能で行うということを覚えたので、これとこれとを結びつけられないかと。

長くなったので、続く

関連記事

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。