スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windowsに新たな敵が出現か

Appleはパソコン販売業者であって、Mac OS Xが如何にOSとして優れていようとAppleは自社製のハードウェアを売るためにこれを作っているに過ぎず、よってMac OS XはWindowsを殺すものではない。

LinuxはWindowsを殺すかもしれないと考えたこともありました。しかし、Linuxはカーネルの名前であってOSではない、そしてカーネルにLinuxを使ったOSは乱立している。これはLinuxにある自由とそれぞれの需要があるから当然なんだけれど、その分誰かが音頭をとって標準化というのは難しい。またこの自由が今までの商業スタイルとはちょっと相性が悪いため、商業的に振興するのも困難でしょう。

Ubuntuはその辺を何とかしようとしているのかも知れませんが、望みは薄いでしょうな。UbuntuだってLinux、それ以上でも以下でもありません。そして、ちょっとでもGNU/Linuxから外れてしまえば、例えそれが良いことであったとしても開発者もユーザーも一斉に離れてしまうのではないでしょうか。人間は土から離れては生きられない(「天空の城ラピュタ」の名台詞)なら、GNU/Linuxはコミュニティから離れては生きていけません。

よって、GNU/Linux(全体をひとつのOSと見て)がFirefoxと同じように20%前後まで普及率を伸ばすことはあり得るでしょうが、Windowsを置き換えるには至らないでしょう。きっと共存していくんだと思います。

と思っていた。



思っていた。

『Android』OS搭載ネットブック(動画)(WIRED VISION):ニュース

これは…なんでも、Googleによる高性能携帯電話端末向けプラットフォームのAndroidをパソコンで動かしているんだそうだ…。

WindowsはVistaで市場を読み誤ったため、ライトユーザーを中心にXPの需要は今でも高い(参考:Windows XPはセールストークになっている(笑):今どきのメッセージ論 - CNET Japan)。しかし、それはXPが「いいもの」であるからではなく、多少遅いマシンでも設計が古いため問題なく動くからであって、設計が古い故の問題点も多いはず。ネットブック市場でXPが今でも売られているわけですが、XPは別にネットブックに最適化されたOSではない、この日経BPの記事でも指摘されています。

で、ここへ来てAndroidをパソコンで動かしているんですよ。この記事についている動画では、webブラウジングやHD動画の再生をしているのも確認できます。

Androidだって別にパソコンに最適化されたOSじゃなかろうって、甘い。Androidはオープンプラットフォームなんですよ。Wikipediaによると、ApacheライセンスVer.2.0のもと公開されるんだそうです。ってことは、メーカー単位でパソコンに最適化することも可能でしょう、すぐにでも。たぶん、これはそういうものなのだと思われます。

で、それがウケれば開発の大元にその方針が取り込まれることってのもあり得るでしょう。そして、バックにはGoogle。同社製ブラウザの世界シェアがたったの一日で1%にまで達したと言われる通り、影響力は絶大です。

これはもしかするとWindowsを殺すものであるかもしれない、と思ったのです。Googleという企業に思うところは色々あるのですが、なかなかどうしてこれはおもしろそうではありませんか。



ところで、WindowsクローンのReactOSはどうなったかというと…ロードマップはズレましたが、ベータ版のリリースを今年の十二月に予定しているんだそうです(Roadmap - ReactOS)。ベータ版は実用的なリリースになるとトップページに解説されており、修正前のロードマップでは0.6.0以降は機能の追加はなくバグフィックスに留まるのみとあったので、こちらも結構注目ですな。

関連記事

テーマ : OS
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです

こんにちは、性懲りもなくまたお邪魔します。

何かと目につくAndoroid,はっきりいって今まで「何を皆でそんなに騒いているんだろう?」とピンとこなかったのですが、今回の記事のおかげで空気らしきものを握めました。

またぞろ、コンピュータ関連で大きな動きが生じそうで大変楽しみになってきました。

でも、こちらの文中でもちらりと触れているように、Googoleさんのここ最近の動きを見ているかぎりでは心配な面があります。

個人的な感想にすぎませんが、世間一般でいわれているところの「理系オタク」といった人達の良い面、悪い面をもろに出してしまっている気がします。

「とにかくやってしまえ!!」といった元気さは貴重なものだと思いますが、同時に実行に移す前に良く考え、必要な場合は話しあうといった態度を身につけてほしいです。

良くも悪くも影響力は絶大になってしまっているので、いつまでも学生のようなノリではなく、企業として成熟した大人のふるまいをしてくれるように願います。

Re:お久しぶりです

mizukitiさん、どうも。いつもコメントありがとうございます。

>何かと目につくAndoroid,はっきりいって今まで「何を皆でそんなに騒いているんだろう?」とピンとこなかったのですが、今回の記事のおかげで空気らしきものを握めました

全く同じです。ホント、何騒いでんだろって感じでしたよね。所詮携帯電話だし、この手の試みは別にこれが初めてではないわけだし。


>ここ最近の動きを見ているかぎりでは心配な面があります

んー、多分googleに多くを期待する方が間違っているんだろうな、と最近思うようになりましたw

あそことの付き合いは考えています。検索エンジンは使いやすいので使いますが、その時はアカウントにログインしないとか。検索履歴が残りますからね。

複数アカウントを作ってそれぞれ用途を限定するとか。

ヒマができたらメールの内容を暗号化することを勉強したいなとも思っています。
プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。