スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

totem-xineが死んだ

GNOME 2.28 リリース・ノート 5.9. Totem

なんてことだ…totemからxineが外されちゃうなんて…

gstreamerよりもxineの方がCPUへの負荷が(少なくともウチの環境では)少なかった。それに、商用DVDビデオを再生するときにxineの方が都合が良かった。メニュー等の動作の再現性が高かったから。掟破りかも知れないけれど、Debian Multimediaのw32codecsやMPlayerのサイトのBinary Codec Packagesとも相性が良かったので再生できないと頭を悩ませることもなかった。

しかし、xineのフロントエンドになるxine-uiとかgxineなどが正直まだバグだらけのように見えるので、totemは必須だった。それに、totemはいいメディアプレーヤーだ。シンプルでわかりやすく、WMPの様にバージョンアップの度に重くなっていったりもしない。

そのtotemからさよならされた。lennyからsidに戻して、借りてきたDVDを再生しようとして、何かおかしいと気づき、バックでgstreamerが動いているのを確認、update-alternativesからもtotemがなくなっていることを確認。sidに上げられたパッケージに不具合があってイカレているだけだろうとも思った、特にgnomeの2.28は最近上げられたばかりなので。しかし、totem-xineやtotem-gstreamerパッケージがtransitional packageとして中身がなくなっていることから、これは人為的だと気づく。リリースノートにもでかでかと載ってやがる。

あー、これは結構ショックである。sidux開発者やヒューレット・パッカード、Sunの「gnomeは不安定」という主張はこういうことだったか…別に頻繁に落ちるとかアプリケーションの挙動がおかしいとかではなく、あれですね、頻繁に仕様が変更されるってことですね。これもまた一つの不安定。



さて、どうすべきか。

1. gnomeプロジェクトにxineサポートをするよう嘆願する
一人でやっても無視されるだけだろう。

2. 今までのソースコードを読んで新バージョン向けのtotem-xineを作ってしまう
これができたらスキルアップですな。しかしそんな時間はない。

3. gxineに慣れる
現実的な選択肢。lennyのgxineは起動すらしなかったが、sidの方はとりあえずは動く。挙動にクセがあるけれども、慣れれば何とかなるか?DVDメニューを呼び出すコマンドがないのは痛い。

4. 旧版を使い続ける
etchのサポート期限が来年二月まで、lennyのサポート期限はまだまだあります。それで旧版を使い続ける。実現が簡単であるという意味では現実的ですが…戦略としての一時撤退ならば良いでしょうが、これは先がないから撤退するだけ。Linuxを使うことを否定するようなもんだ。この選択肢は取りたくない。

5. いっそのことgnomeとさよならする
話が飛躍しているようですが、しかし。一部にgnomeの頻繁な仕様変更を嫌う向きがあるというのは本当らしい話なんですよ。例えば、
Common Desktop Environment - Wikipediaヒューレット・パッカードやSunについての記述
sidux Manuals - Welcome-Quick-startページの後半、「他のウィンドウマネージャ」の項目
とか。そういえば、半年前のアップグレードでもepiphany-webkitがなくなって困りましたっけ。半年後のアップグレードでは、もっと悩まされる事態が発生するかも知れません。
siduxマニュアルで勧められているKDE、そのKDE付属のメディアプレーヤーKaffeineはバックにxineを使っていたので、俺の現在の需要にあっています。

あ。そっか、Kaffeineだけを入れれば良いのか…。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。