スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優先度を下げたサウンドデバイスをskype専用に

以前、複数のサウンドカードがある場合のそれぞれの優先度の変更という記事を書きましたが…

ここでネタにしたAudiotrakのProdigy HD2というサウンドカード、Linuxでも音が出てはくれるんですけれど。どういうわけか、alsamixerによる音量調節ができないんですよ。スピーカーの音量調節はアンプでできるし、大抵のメディアプレイヤーソフトウェアは音量調節の機能がついているので特に問題ではなかったんですが。

…マイク入力の音量調節ができないというのはskypeなんかを使う上で致命的だよなー。私も年頃の男。長電話をする時はするわけで。自分や相手の電話代が気になるのでさすがにskypeを使いたい。

オンボードのサウンドデバイスはalsamixerで音量調節ができることは確認していたんですが。しかし、音楽好きでオーディオマニアの気もあるこの俺、さすがにオンボードのサウンドデバイスで音楽を聴きたいとは思わない。マウスやキーボードやCPUの使用率にあわせて楽しげなリズムでノイズが再生されるのはもう嫌。というわけで、skypeは正直諦めかけていたんですけれど…



往生際の悪い俺は、未練がましくskypeのクライアントソフトの設定をイジイジイジイジしていたんです。あ、ダウンロードは Skype for Linuxのダウンロード からできますよ。.debのパッケージもあるのでDebianやUbuntuでは、デスクトップにダウンロードしたら

# dpkg -i /home/ユーザー名/Desktop/skype-hogehoge_i386.deb

でインストールできます。

で、イジイジしてたんです。イジイジ…

SkypeのLinux版は使用するサウンドカードを選べる

なんかある!どうやら、SkypeのLinux版はサウンドデバイスが複数ある場合に使うものを選べるみたいだ。ということは、優先度を下げたオンボードのデバイスを、優先度を下げたままskype専用に使うことができるってことか?

こうなったら試すしかない。ヘッドセットを買ってきて、BIOSで無効にしていたオンボードのサウンドデバイスを再び有効にしたら、Linuxを立ち上げ。起動したらあの時の様に設定を確認したり音を出したりして、/etc/modprobe.d/sound.conf で設定したサウンドカードが最優先になっていることをチェック。そして、先ほど有効にした設定では二番目に優先することになっているオンボードのものにヘッドホンをつないでみる。ノイズ以外音は出ていない。ここまで順調。

以前優先度を下げたサウンドカードを選択してみた

プルダウンメニューを開いて、オンボードデバイスを選択する。適用をクリックして設定を保存し、オンボードの入出力端子にヘッドセットをつないで、Skype Test Call に電話。マイクチェック、ハッハ!などとレイジ・アゲンスト・ザ・マシーンのマネなんかもやってみる。音量もalsamixerで調整。優先度を下げたサウンドデバイスを使うので、F6キーを押して切り替えてやる必要があります。



…こういうことで、オンボードのサウンドカードをskype専用にしてうちでもskypeをはじめることができました。こうすると、メディアプレイヤーアプリケーションなんかで音楽をかけながらskypeができるといううれしい副次効果もあります。最優先のサウンドデバイスの方に音楽が行ってくれるので、ヘッドセットをつないでもこっちには音楽が載らず、相手の声を邪魔しません。また、普通ヘッドホンを挿すとスピーカー出力がオフになったりしますが、これはサウンドデバイスが別なので影響がありません。

というわけで以上、複数のサウンドデバイスを持っているLinuxユーザーの方はお試しあれ。

…考えてみたら、USB接続のヘッドセットなんかもあるわけだから、今回発見したこの機能は当たり前といえば当たり前か…

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。