スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナップスター国内サービス終了のニュース

ナップスター、定額制楽曲配信など国内全サービス終了へ -INTERNET Watch

俺はここ数年Debianをメインの環境にしているのでナップスターを使ってはいなかったのですが、音楽大好きなので定額ネット配信サービスに憧れてはいました。サービス終了は残念です。

しかし、一つ嬉しいことが確認できた気もします。引用しますが、

--引用ここから--

発表によれば、ナップスタージャパンへのライセンスを供与する米Napsterが欧米での音楽市場に向け、著作権保護技術を利用しない(DRMフリー)方式への対応を進めているという

--引用ここまで--

この通り、少なくとも米国ではDRMフリーは大きな流れになっているのでは。 amazon.com もiTunes Store も米国ではDRMフリーのサービスを行っていますし。

さあ、どうする日本のネット配信業界?もちろん、米国に合わせることが必ずしも正義とは限らないですよ。でも、DRMもきっと正義ではないよ。ごくごく一部の企業の製品の寡占独占を助長するだけ。で、そのごくごく一部の企業ってのは米国の企業であるって点も重要ですよ。

また、最近では携帯用CD・MDプレイヤーはほぼなくなり、パソコンと連動させるものが主流になりました。しかし、これらの市場においても、DRM非対応で問題のない国の製品に、DRM対応を求められる日本の製品は開発費がかさむ分値段的にかなわないなんて話にもなりますでしょうな。これによってガラパゴス化が進んで国外マーケットを完全に失ってしまう、なんてことにもつながるかもしれません。

ところで、こんなニュースも発見。

5月4日は「反DRMの日」――ストールマン氏らが提唱 - SourceForge.JP Magazine

何もできませんが、とりあえず俺は心の中でストールマン氏の「反DRMの日」活動を支援したいと思います。

追記
今回話題にしているナップスターってのはファイル共有ソフトのアレではなくて、それが終了した後に同社がはじめた合法的な音楽配信サービスのことです。あくまで合法なやつの方です。日本ではタワーレコードが出資していたはず。

関連記事

テーマ : 著作権関連ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。