スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウザの機会均等のために提案

Microsoft、欧州IEユーザー向け「Webブラウザ選択画面」提供開始へ - ITmedia エンタープライズ

IEはmarketshare.hitslink.comの発表によると、2010年2月において六割強という支配的なまでのシェアを有しています。が、その巨大なシェアは「Windowsに付属している」ということに支えられているのは一つの事実でしょう。中には他にブラウザの選択肢があるということすら知らない人もいます。

これは他にもブラウザの存在する市場において、正当な競争をするための足並みが揃っているとは言い難いわけで。何度も各国の独占禁止法の適用の話になったりならなかったりしてきたわけですが…このことについて欧州委員会とマイクロソフトは、WindowsにWebブラウザ選択画面を表示させることでとりあえずの決着をつけたそうです。



ただ、この「Webブラウザ選択画面表示案」には下の記事の通り、小規模なブラウザに不利であると批判がなされています。

「Microsoftのブラウザ選択画面は不公平」 小規模ベンダーが異議申し立て - ITmedia エンタープライズ

俺も、これは妥当な決着点ではないと思います。

もちろん、全てのブラウザに公平に、というのはとても無理です。世の中に存在するありとあらゆるブラウザを表示するなんて不可能ですし、記事にある欧州委員会の「選択画面に表示されるブラウザが多過ぎると、ユーザーが混乱する恐れがある。その結果、選択を行わずに選択画面そのものを閉じてしまう可能性が高くなる」との説明ももっともだと思います。

しかし、そもそものこの話の目的は何なんでしょう?俺は、各ブラウザの正当な市場競争の為の機会の均等と捉えたのですが。では、この「Webブラウザ選択画面表示案」の効果はこの目的にあっているでしょうか?

最初に挙げた記事にはブラウザ選択画面のスクリーンショットが掲載されていますが、それを見たところでは、IE、Chrome、Safari、Firefox、Operaがドーンと大きく掲載されていますね。「小規模ベンダーが異議申し立て」記事によると弱小ベンダーの製品はスクロールしないと見えないようになっているそうです。

俺にはこれの効果は、強豪五者間だけの機会均等と、同五者による寡占であるように思えます。目的効果が合っているとは思えません。正当な市場競争を目的にしながら行き着く先が寡占、果たして正しいんでしょうか?とにかく独占状態を何とかするためには仕方のないこと、と割り切れる話なんでしょうか?

というわけで、俺にはこれがいいものであるとは思えません。そして、より公平にしようとすればするほど読んでもらえなくなり、その辺をはしょれば結果本来の目的である公平性の確保が怪しくなってしまうという二律背反になっているなら、改善する余地もないでしょう。正直やめてしまった方がいいと思います。



そこで俺から提案ですが、IEは、OSに付属するものは IE Essential とか、 IE Express とか、 IE Starter Edition とか、まあ名前は何でもよろしいんですけれども、機能を必要最小限に制限したすんごいシンプルなブラウザにしてしまうのはいかがでしょう?例えるならDilloのような。

IEの開発を縮小せよというわけではありません、フル機能のIEはあっていいんです。ただし、それはマイクロソフトのサイトに置いておくのです。で、機能に物足りないと感じる人はマイクロソフトのサイトからダウンロードするなり別のブラウザを使うなりするようになれば、所謂「見えざる手」による機会均等と独占の排除の両方が達成できるのでは。

これでOS付属のIEがものすごく軽快なブラウザにでもなってくれたら、ギークはむしろIEを使うなんていう逆転現象が起こるかもしれませんな。どうでしょう?マイクロソフトさん、欧州委員会さん?まあ、本来だったらマイクロソフトに抱き合わせをやめさせるのが根本的な解決なんでしょうが、そうなったら多くのユーザーは混乱するだろう (多くの人はFirefoxをIEでダウンロードしたはず) し、マイクロソフトにそれに従う気があるならとっくの昔に解決しているだろうし

> /dev/null


追記

「見えざる手」という表現を使いましたけれども、私は市場原理を盲信するものではありません。ただ今回の問題において、選択肢を平等に全て提示することに無理があるから、そこは市場に任せる以外に方法がないんじゃないかと書いただけです。で、そこまで導く方法としてIEの機能制限版を提案したわけです。あくまでこの問題については、という話。

まあ、別に苦情や意見が来たわけではないんですけれど。一緒にされたり、何かに間違ったかたちで引用されたら嫌だな、とね。経済に関してはズブの素人です。

関連記事

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。