スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WebページをPDFで保存する

みなさん、エイプリルフールは楽しく過ごせましたでしょうか?

さて、こんな記事を発見。日付はエイプリルフールになっていますが、出典は去年の日経パソコンだそうなので、嘘記事ではないと思います。

(1)いちいち印刷しない!いいことだらけのWebページ保存法:PDFでWebスクラップ

あー、これは俺も気になっていました。そうそう、webページで、これはぜひ保存しておきたいと思う情報に出会うことはよくあります。まず考えられるのはお気に入りですが、これではWeb上から消えたときに回収不可能になります。

では、HTML全文保存をしようかって、htmlと画像やその他のデータが分けて保存されるため、可搬性に欠けます。リネームも面倒。またCSS関連が保存されないのか、思いっきりレイアウトが崩れることもあります。

テキストだけ保存するという選択肢もありますね。それで事足りることもありますが、画像が重要な要素になっているサイトも少なくないので、やはり不足です。

IEにある.mhtが便利であると昔は思っていたのですが、これはIE以外のブラウザでは基本的には開くことも保存することもできません。よって、1ファイルに収まることは評価できても可搬性が高いとは言えません。

じゃあ、仕方あるめえ、印刷する?この2TBのハードディスクとペーパーレスの時代に…だいたい、Webページなんて容量はたかが知れているわけで。普通は今日のハードディスクを圧迫はしませんよ。うちのハードディスクを圧迫している最大の要因はエ…ゲフンゲフン、他方、印刷したwebページを部屋に貯めていくと、確実にスペースを圧迫しだすでしょう。

と思っているなら、.pdfで保存しちゃえばいいじゃないという話でした。なるほど、こりゃ福音ですよ。.pdfだったら画像も文も1ファイルに収まりますし、誰でも再生できます、よってどこへでも持っていけます。大学ではレポートやら印刷物の原稿やらを.pdfで提出して文句を言われたことはありませんでした。これだけ普及しているのだからいきなり規格ごとなくなることもないでしょう。



でも、この日経BPの記事の先は主にWindowsでpdfに保存するための云々になっていて、我々Linuxユーザーには関係のないことです。そして、Firefoxの「名前をつけてページを保存」メニューからは.pdf出力の機能はありません。

が、ひとつ思ったんですが、pdf出力の機能を持たないアプリケーションでも、印刷機能から.pdfに「印刷する」というかたちで出力することはできたはず。というわけで、印刷メニューを開いてみると…

Iceweasel/Debianの印刷ウィンドウ、「ファイルに出力」という項目が見える

あった!「ファイルに出力する」。これをクリックして出力の形式にPDFを選び、ファイル名や保存先、ページを指定し「印刷」。ここではデスクトップを保存先に指定したので見てみると…

デスクトップにPDFファイルが保存されていました。はい、というわけでDebianを普通にインストールした環境では、webページをpdfに出力することが普通にできそうです。多分そうだと思います。これに関する特別なアプリケーションを入れた覚えはないのでね。たぶんですが、GhostScript関連のパッケージが入っていればいけるかと。

ただ、この方法だとリンクは生かせないようですが…

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。