スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OOoを利用する自治体が更に増えるかも

山形県が県庁での導入に向けOpenOffice.orgの評価を開始 - ニュース:ITpro

山形県庁、OpenOffice.orgの評価を開始 - ITmedia エンタープライズ

少しずつですが、普及をはじめているみたいですね、地方自治体を中心に。会津若松市がよく話題になりますが、Wikipediaによると他にも結構あるみたいです。そういえば夕張市の選管が去年の衆議院議員選挙で余計に必要になるパソコンを全て中古で、OOo/Ubuntuで揃えたなんて話もありました。

もちろん、いくらソフト本体が無料だからって、トータルコストが下がるとは限らないという批判は分かりますよ。職員に使用方法を覚えさせるのも大変でしょう。MSワード形式の書類をどうするのかという問題もあります。今までの書類や、企業や市民との書類のやりとりをどうするのかって話ですよ。トラブルがあったときに誰が面倒を見てくれるのかって話にもなります。

しかし、そういうのは普及が進めば少しずつマシになっていく話です。そして、公的な機関が一私企業の製品に依存せざるを得ないって、やっぱりどこかおかしいですよ。よって、俺はOOo導入を支持します。



ちなみにひとつ付け足しておきますが、OOoだけが目的ならばWindowsなんかいりませんぜ。夕張市のようにUbuntuで充分ですよ。一台につきProfessionalパッケージ版だったら三万円、DSPでも一万五千円節約できます。…プリンタやスキャナーが心配?そうでしたね。周辺機器が対応しているかはちゃんと確認しないとね。そこに関しては無責任なことは言えません。が、一台Linux機導入してチェックするのに、そんなにコストはかかりませんよ。Linuxもぜひ評価してやってください。

追記
MS Officeの新版が発表されましたが、値段が大幅に下がったそうですね。これもうれしいことです。これに対抗できるオフィススイートがしばらくなかったわけですから、その間価格競争の起きようがなかったのです。それが変わったんですよ。というか今までがどう考えても高すぎたよな…。

関連記事

テーマ : コンピュータ関連ニュース
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。