スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flash Cookie の管理

前回ちらっと触りましたが…Cookieをプライバシーの問題から気にしている人も多いと思います。Cookieとは私も実は完全に理解しているわけではないのですが、wikipediaの解説によると、webサーバー側からクライアントを識別し、クライアントのために最適なwebページを提供できるようにする仕組みのようです。例えば、会員制のサイトでログイン状態を保持し続けるとか、ショッピングサイトのカートとかを表示させるためによく使われている…はずです。

が、クライアントの同一性を確認するためのものである以上、できれば必要のないCookieは喰らわされたくないもの。よって、Cookieの設定をいじっている人は少なくないと思います。ブラウザのCookieマネージャから一部のサイトのものを拒否したり、時々綺麗に削除してみたり、あるいはFirefoxや5.0以上のChrome/Chromiumでブラウザを終了すると同時に全てのCookieを捨てる設定にしてみたり。

が、実はこれだけでは片手落ちだそうで。というのも、FlashPlayerにも独立したCookieが存在し、これはブラウザのCookieマネージャからは管理できないんだとか。

ユーザーが制御できない「秘密cookie」、半数強のサイトが利用 - ITmedia News

そう言えば、ポータルサイトのトップに表示される天気予報の地域を変更してもCookieを捨ててしまえばリセットされてしまうのに、Youtubeなんかの音量はCookieを捨てても初期状態には戻りませんね。最後に使った時の音量が保存されています。そう、やっぱりあるんですよ、削除できないFlashのCookie。



…どうしよう?

Adobe - Flash Player : Settings Manager - Website Storage Settings panel

このページから削除できます。Chromium5.0の設定メニューには上のページにリンクが貼ってあるので、使っている方は気づかれたと思いますけれど。他のブラウザを使っている人はブックマークしておくことをおすすめします。

なお、FirefoxにはBetterPrivacyなるアドオンがあって、これを入れて設定メニューの Delete Flash cookies on Firefox exit を選択しておけば、Firefox終了の都度 Flash Cookie を削除してくれるそうです。とりあえず、 ~/.macromedia/Flash_Player/#SharedObjects/ ディレクトリがFirefoxを終了すると消えるようになります。youtubeの音量も初期状態 (最大) に戻ります。

ただ、BetterPrivacyの説明に --- IMPORTANT --- なる注意書きがあるのでそれは気にした方が良いかも知れませんね。簡単に訳しますと…もしLSO (flash Cookieの正式名称らしい) を削除する設定にすると、Cookieが保持している情報、例えばゲームの設定やログインデータが失われます。必要なCookieを削除から除外したことを確認してください…とのこと。一応気をつけてください。

関連記事

テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。