スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo Japan、Googleの検索エンジンを採用というニュース

「総合的に判断して、Googleが利用者に一番良いと結論」ヤフー井上社長 -INTERNET Watch

あれです、日本ヤフーが検索エンジンに米ヤフーのシステムを使っていたところ、それをGoogleに切り替えるという話です。

うーん、Googleの独占を危惧する者としては残念なニュースなんですが…ただその、前にGoogleのCEOシュミット氏の問題発言を聞いてGoogleはevilになってしまったかも知れない ( Don't be evil というのがGoogleの社訓だったはず) と感じた俺は、Googleアカウントを全て閉鎖すると同時に、それまで多用していたGoogle検索の移行先を探していたんです。が、どれもパッとしなかったんですよ…

シュミット氏の問題発言をネット界に報じたアーサ・ドッツラー氏 (Mozillaの開発者の一人らしいが、モジラ財団・モジラ社は収入の多くをGoogleに依存しているとされる中で、この告発は勇気があると思う) は、bingを勧めていましたが。俺が使ったところ、検索結果はことごとく的外れ。日本語で、単語ではなく連語や文章で検索しようとすると、意味のないところで区切られたりして、その結果全く探しているものと関係のないページがリストアップされる始末。たぶんこの辺はベイジアンフィルタなどでも問題になる、分かち書きをしない日本語のコンピュータ上での扱いの難しさなんでしょうが…

では、米ヤフーのシステムを利用していた日本ヤフーの検索はというと、割と優秀でしたが、やや新しい情報の検索結果への反映が遅かったように思います。サイトやブログの最新の更新情報が、なかなか検索でつかめないという印象がありました。

意外に優秀だったのがAsk.com。が、これはニュースや画像、動画に特化した検索がないのが痛いところ。

baidu?GoogleがEvilになってしまったかも知れないと思って回避先を探しているときに、よりevilなものに捕まってしまったらアホですよね。いや、そうである証拠はないんですけれども、言論の自由を堂々と否定している国の情報産業ってねえ…

そういえば、韓国では自国産の検索エンジンが高いシェアを有していると聞いて、日本でもそういうものが無いかと探してみたのですが…正直、Googleの代わりになるものは見つかりませんでした。というかまともに使えるかどうかも正直怪しいものばかりでした、これらと比べればbingをでさえ感動的なまでに優秀なものに見えます。

というわけで、残念ですけれどもさもありなんという話でした。もっと頑張れ他の検索エンジン!ネット検索を一私企業 (それも国外のもの) に握られているって、けっこう差し迫った言論・表現の自由の危機だと思うんですけれど。Googleはその辺についてはいいやつなんですけれど、いつ方針転換するかも分からないし、米国国家だってどこまで信用できる相手か…

関連記事

テーマ : コンピュータ関連ニュース
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。