スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

swfdecの更新が停止している

かつて俺を悩ませ、そしてうちのブログのアクセス数を大きく伸ばしたswfdecですが、どうやらDebianから削除されている様子。

Debian -- パッケージ検索結果 -- swfdec

この通り、Debianパッケージ検索に引っかかるのはlennyのものばかり。sidも引っかかってはいますが、よく見ると脱落アーキテクチャのもので、正式なsidとしての提供はありません。

Swfdec Wiki - FrontPage

freedesktop.orgのプロジェクトページも更新が一昨年からされていません。

開発が止まっちゃったんでしょうかねえ…。Wikipedia英語版の記事にも、今日現在「Development of Swfdec is almost stopped」とあります。

消費者目線で言わせてもらえば全く使えないものでした、さらに、Debianに標準インストールされる上GNOMEと変な形で依存関係にあったのでうまい具合に消すこともできず、無効にする方法をいろいろと探したものでした…

しかし、あの時使えなかったのはそうだとしても、将来に渡って使えないものであり続けるってことはなかったでしょう。同じアドビ社の製品で広く普及しているものとして (旧アクロバット) リーダーがありますが、Debianに標準インストールされるこれと互換性のあるリーダーEvinceは、大抵のPDF文書を読み込んで問題なく表示することができます。つまり、開発が進めば重くて不安定で脆弱性だらけ、開発者のやる気も感じられないアドビ製Flashプレイヤーのケツをひっぱたくものになり得たわけで…

開発中止となったのならば残念です。日本のswfdec利用率を少し下げたかも知れない身としては、ちょっと心が痛い。まあ、同様のFlash互換プレーヤーFLOSSはGnashもありますので、こちらに開発者資源が集中すると考えればそれもまあ悪いことではないのかな。あるいはHTML5がまとまってくれれば、Flash自体いらなくなるのかも知れません (追記 : FLOSSのFlash互換プレイヤーに、新たにlightsparkというものが加わった様子。Debianでは今日現在experimentalよりダウンロードできます…ただし、やはりうまく動いてはくれません、少なくともうちの環境では) 。



何?Evince使えねえぞって?日本語表示がダメ?ああ、そういう問題もありましたね。 poppler-data を入れましょう。これを入れれば日本語も問題無しに表示できるようになります。

# apt-get install poppler-data

これだけ。特に設定をいじる必要はないようです。これで日本語を含むものでも、ほとんどは読めるようになります。…こういう風にうまくは行かないものなんですかねえ。とりあえずはHTML5の普及に期待したいところです。

関連記事

テーマ : コンピュータ関連ニュース
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。