スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著作権切れのクラシックを配信しているサイト

パブリックドメインとなったクラシック音楽の、パブリックドメインとなった演奏が聴けるサイトがありました。

http://public-domain-archive.com/リンク切れ
メインページ - クラシック音楽mp3無料ダウンロード 著作権切れの歴史的音源

うーん、クラシックというと、お堅いイメージがあります…が。クラシックはいろいろなところで演奏され、利用されていますから、全然その作曲者やタイトルについて知らなくても聞いたことのある曲は結構ありますよね。そういうのを探しているだけでも楽しいです。それに、何世代もの時を越えて残っている作品ですから、やっぱり聴いていていい曲だなと素直に思える曲が多いのです。そりゃそうだ、いいものしか残りませんものね。難しいこと考えずに、純粋にいい音楽を楽しむ、ってのも一つの楽しみ方ではないでしょうか。

ちなみにこちらのサイト、作曲者別のインデックスの他に、「はじめてのクラシック」としてダウンロード回数の多い順に曲を表示するページもあるので、あまり詳しくなければまずそこを覗いてみるってのもいいと思います。

…でもクラシック音楽にmp3ってのはどうなんでしょう…ブラインドテストで聞き分けたわけではないですが、しかしそれでもどうもmp3は音質が他の圧縮方式に比べてザラつく気がするんだよなあ、ある程度ビットレートを上げても。圧縮効率はだいぶ下がりますが、クラシックなんだしできれば可逆圧縮にしてもらいたかったところ。FLACはフィラデルフィア管弦楽団でも音源オンライン販売用に採用されている、なんて話がWikipediaに書いてありましたよ。音質に関してはパブリックドメインという性質上どうしても50年以上昔のものになるわけで、マスターの音質が良いとは限らないってこともあるでしょうが…

それに、アーカイブつまり文書保存館を名乗るならば保存形式もできる限り制約のないものの方がふさわしいでしょう、特許とか、ロイヤリティとかの制約が。やはり、mp3は適切なのかちょっと疑問です。FLACだったらその点も問題はより少ないんじゃないでしょうか。


関連記事

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。

Debian や FLOSS なんてものに興味を持つ者どうしとして、興味を持つ対象が自然と似かよった方向になるのでしょうか。自分もこのサイトは以前に他サイト経由で存在を知り、それからよく利用させていただいております。他の似たようなものとしては「青空文庫」や「プロジェクト杉田玄白」、「Project Gutenberg」なんかがありますよね。同じクラシック音楽という範囲で考えるならば、個人のプロジェクトとして「クラシック名曲サウンドライブラリー」なんていうもありますし。

>…でもクラシック音楽にmp3ってのはどうなんでしょう…
確かに圧縮形式と、それと多分原盤に古いものを使用している事が原因なのでしょうが、市販で流通しているそれと比較すると大分と劣るなぁ、というのが聴いてみて出てくる素直な感想だと思います。自分としては全然OKな範囲ですが嫌がる人はイヤでしょうね。

>それに、アーカイブつまり文書保存館を名乗るならば保存形式もできる限り制約の…

ざっと調べた程度の知識でコメントするのも恐縮ですが、何やら複雑そうな問題を孕でいるみたいですね。自分としても贅沢な事をいうなら Vorbis や FLAC などの形式のものを同時に用意していただけるなら言うこと無しなのですが。でも、提供する側の手間暇などリソースやmp3と其の他の一般に普及している度合なんかを考えると仕方がないんじゃあないかな、とも思います。

しかし、こういったデータを一箇所に集めて利用しやすいように整理するということはそれだけで価値があることだと思いますし、何より文章での紹介や批評を幾つ読むよりも、絵画や楽曲、劇などといったものは実際に自分の目や耳で体験してその上で何を感じたかといった事がなにより重要だと思います。調べ物をしている最中とかに、ネットに継がっている環境ならお手軽に試聴してみるなんて、それこそ一昔まえには考えられなかった事ですし。

それに(以上に述べたような問題があっても、また古くて音質もそれなりのものであったとしても)、こうやって一流の演奏者のパフォーマンスをみんなで手軽に共有できるということは、やっぱり素敵なことだと思いますよ。

Re:

おひさしぶりです!またコメントしていただいて、感激です。

>興味を持つ対象が自然と似かよった方向に
そうですね、俺もDebianに手を出す前はあまりこちらの世界にも興味がなかったかな、とも思います。あれ、でも青空文庫くらいは見ていたかな?しかし、

>ネットに継がっている環境ならお手軽に試聴してみるなんて、それこそ一昔まえには考えられなかった事です
>一流の演奏者のパフォーマンスをみんなで手軽に共有できるということは、やっぱり素敵なことだと思いますよ

これは本当にその通りだと思います。文句ばっかり言ってないで、まずはこの恩恵にあやかれることを素直に喜ぶべきですよね。ほんと、後になって読み返してみると、よくもまあ専ら消費者の立場と聞きかじりの知識でここまでフカすよなあと、なんだか恥ずかしくなりました。

No title

↓に移転したようですね。

クラシック音楽mp3無料ダウンロード 著作権切れ、パブリックドメインの歴史的音源
http://classicalmusicmp3freedownload.com/ja/

Re: No title

そう、このサイト閉鎖していましたね。
教えていただいてありがとうございます、本文編集します。
プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。