スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都の健全育成条例問題まとめサイト等と俺の考え

自分で勉強してみようかなーとも思いましたが、既にまとめられているサイトがありました。リンクします。

「有害」コミック問題を考える会 2010
第156号議案「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」の条文の検討: 弁護士山口貴士大いに語る
3分でわかる、都条例の改正案(漫画規制)の3月→11月の比較資料
同性愛も過去の名作も規制対象 東京都健全育成条例改正案に見る脅威と「軽視」(PJオピニオン) - livedoor ニュース
不安を抑えて都条例の現状とこれからを考えてみました
東京都青少年健全育成条例改正問題(非実在青少年問題)のまとめサイト
サブカル自由主義 陳情前整理手続をしてみよう(東京都青少年健全育成条例)

また、反対声明を出している団体もあります。

社団法人自由人権協会
日本ペンクラブ
「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の一部改正案に対する会長声明  | 東京弁護士会の意見 | お知らせ | 東京弁護士会(法律相談・弁護士相談等)

元衆議院議員の保坂展人さんもブログに書かれています。

ふたたび東京都青少年健全育成条例改正案を考える - 保坂展人のどこどこ日記

そうだ、原典を挙げないとね。

東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案について



私の意見は…

表現を規制することで本当に青少年の健全育成につながるのかというそもそもの疑問もありますが、前の案にしろ改正案にしろずいぶんと不明確な言葉が並ぶなあ、という印象です。これには賛成できませんな。

自由の規制はできる限り明確・具体的であるべきだ、と思います。この国は民主主義の国で、俺はそれが未来永劫続いてほしいと思っていますが、民主主義は各人の自由の元に成り立っています。自由権を誰かに奪われた人々の民主国家、それは民主国家ではありません。国号に民主主義と入れているだけ。他方、無秩序状態では共同体の維持ができないので何らかの規制とそれを破ったものに対する制裁があるわけですが、民主主義的な手続きによらない誰かの意思によって勝手にそれが増やされたり変えられてしまうようでは困るのです。人が後出し的な規制で拘束されたり、それを恐れて萎縮したりと、民主主義の土台が崩されかねません。明確性のない制限もそれを招きます。人間社会というものは歴史的にこういうことがまかり通っていて、それを止めるために議会があり、法があると俺は認識しているのですが。

難しい話はここでおしまい。一般人的な視点で言わせてもらえれば、「太陽の季節」を書き、守秘義務のある公務員からの情報流出を「結構」と言ってのける人の「健全」が何なのか、是非知りたい。前回の案では「太陽の季節」が規制されるぞと物笑いの種にされたところを、今回こそこそと小説を除外してくる所なぞ、そのやり口はもちろん、一括りに漫画やアニメ・写真と小説との貴賎をつけることも不健全に思えるのだが、そこはどうか。

誤解を避けるために一応言っておきますが、尖閣事件そのものや映像を公開することの是非について言っているわけじゃありませんよ。守秘義務のある公務員による流出としか考えられない中、その事態について自分も一公務員でありかつその管理職・代表者の身で「結構」と言うところはどうなのか、ということです。

関連記事

テーマ : 青少年健全育成条例改正案
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。