スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firefoxを重くするアドオンのリスト

米モジラ、Firefoxの「起動を遅くするアドオン」を公表:ニュース

見出しだけ見たらエイプリルフールかと思いましたよ。もしくはFirefox4の高速性を実感してもらうために3.6や他のブラウザのレベルに合わせてもっさりさせてみる、みたいな話かと思いました。

全く違いましたね。前にも何度か書いていますが、Firefox、まあChromeもそうなんですけれど、機能をアドオンに分離したブラウザは、必要のない機能に惑わされなくて済むし、開発が第三者になるため非常に色々な機能を提供するアドオンが生まれるので、便利になりカスタマイズも楽しくなる、半面、アドオンが原因で不具合が起きることが考えられます。

んで、そのうち、Firefoxの危険なアドオンについては Add-ons Blocklist というものがあって、これに該当するものはインストールできなかったり無効化させられ (Skype toolbar が最近問題になりました) 、またaddons.mozilla.orgから配布されるものについてはマルウェアのチェックをしているということでしたが。今回、そういった危険なものではなく、むしろ人気のアドオンで、Firefoxの動作を重くするものをリストアップして公表した、とのことです。

ちなみに、記事にはなぜかそのリストへのリンクがないようなので、画像に表示されているキーワードを頼りにググって、リストを見つけました。

Slow Performing Add-ons :: Add-ons for Firefox

Firefoxが最近重くて気になっているという方、参考にどうぞ。

# お前は何でそんなにFirefoxの肩を持つのか、などと言われたことがあります。肩を持っているつもりはありません。ただ、IEは色々と問題があるし、Windowsを使わなくなっちゃった以上もう使えないし。Chromeは確かに速いですが…何か違うんだよねえ。もちろんGoogle依存への抵抗もあるんだろうけれど、そうでなくても使い勝手が悪い気がする。特に検索関連。サーチバーとロケーションバーは分かれている方が使いやすいと思います。URLに飛ぶのではなく、ググりたいこともあるわけですし。また、ページ上の文字列をハイライトして右クリックで検索する機能、今やどのブラウザにもついた便利な機能ですが、サーチバーのないChromeはその都度使いたい検索エンジンを選べませんね。それと、この機能が選択した文字列がURLであったときに効かないのも使い辛い。ネットでChromeを「かゆいところに手が届かない」と表現されているのを見たことがありますが、俺もその通りだと思いました。

# かといってGNOME標準ブラウザのEpiphanyはどうもバグが多く感じるし、OperaもLinux版はどうも…すると、Firefoxが一番マシなんだよねえ。Firefoxを推奨するサイトも多いですし。ただ、うちの環境だとFirefox4.0もまだ安定はしているという印象はありません、出たばかりだから仕方がありませんが。Debianで3.6系の配布がなくなっちゃったから使っているだけで、正直まだ3.6を使っていたいという気分でもあります。

関連記事

テーマ : コンピュータ関連ニュース
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。