スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短縮URLはひかえめに

かつて短縮URLというサービスが流行ったことがありました。例えばこのURL。

http://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http://www.tokyo-skytree.jp/about/images/img_role_01.jpg&imgrefurl=http://www.tokyo-skytree.jp/about/role.html&usg=__3hcUlACXowTYhjZ9Qv7sPxqQ7tM=&h=630&w=310&sz=75&hl=ja&start=0&zoom=1&tbnid=PhMINvRSxCgHXM:&tbnh=155&tbnw=67&ei=sGL_TYLjLY3evQPgzoGWAw&prev=/search%3Fq%3D%25E6%259D%25B1%25E4%25BA%25AC%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%26um%3D1%26hl%3Dja%26safe%3Doff%26sa%3DN%26biw%3D1024%26bih%3D621%26tbm%3Disch&um=1&itbs=1&iact=hc&vpx=130&vpy=41&dur=461&hovh=155&hovw=67&tx=61&ty=157&page=1&ndsp=16&ved=1t:429,r:0,s:0&biw=1024&bih=621

べらぼうに長いですね。しかしこれをbit.lyというサービスを介すると、

http://bit.ly/mCwsU2

と、恐ろしく縮めてくれるわけです。631文字がたったの20文字に。

しかしこのサービス、セキュリティ上の問題がありました。上のURLだったならGoogleのイメージ検索の何かであるということは飛ぶ前から分かります。またtokyo-skytree.jpというところから、東京スカイツリーのサイト内の何かの画像と思われ、エログロ画像が目に飛び込んでくる危険は少ないと考えられるわけです。しかし、下のURLは何だか分かりませんね。もしかしたらグロ画像が目に飛び込んでくるかも分かりませんし、ウイルスかも知れません。いわゆるフィッシング詐欺に使うにも都合の良いものです。

というわけで悪用例が後を断たず、一時流行はしたものの急速にしぼんでいきました。

しかし、最近またこれを目にする機会が多くなりつつあります。これはおそらくtwitterの影響でしょう。twitterでは投稿に厳しい字数制限があるので、URLを投稿するにはこの手のサービスが不可欠になってくるのでしょう。

それは仕方がないとして、問題はtwitter以外のところでも平然と使う奴が出てきているということ。

止めましょう。すーぐに止めましょう。

ブログやメールや掲示板mixiその他とにかくtwitter以外の長いURLを書き込むことに制約の特にないところで、短縮URLを使わなければならない理由などありません。twitterは仕方がないとして、twitter外に持ち出さないでください。お願いします。

短縮URLを見たら、PCならば直接アクセスは避け、KnowURLで伸長してみるか、aguse Gatewaygred等にぶち込んでみることをおすすめします。

さもないといつかこんな目に会いますよ

関連記事

テーマ : Webサービス
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。