スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firefoxから Google Chrome へ移行するに於いて欲しいアドオン、特に検索の拡張

前回の更新を見て「あれ?」と思われた方もいるかも知れません。いや、いないか、自意識過剰。しかし一応説明しておきますと、Ubuntuに変えました。あとブラウザをChromium (Google Chrome のベースであるFLOSSのブラウザ、見た目や使用感はほとんど同じ) にしています。 (追記: Ubuntuを導入したということは前に書いてましたね、はずかし…)

両親がノートパソコンを買いたいというので、俺が以前彼らのために組んだミニタワーPCを譲り受けたんです。ところがこのPC、なぜかFirefox6.0と相性が悪く、Firefox6.0を起動していると頻繁にフリーズします。正直ハードウェア (特にメモリ) の問題の匂いがプンプンするのですが、Firefox6.0を使っているとフリーズの頻度が極端に上がるというのはうちのマシンに於いては事実なのです (5.x以前はそんなことはありませんでした) 。メモリはいずれ交換するつもりですがとりあえずそれまでは、としぶしぶChromiumに移ったわけです。



しかし、Google Chrome 及びChromiumには気に入らない点があります、それはGoogle製品であること…ではなく、ネット検索に関するインターフェースです。まずは検索バー (サーチバー) がないこと。いや、ないわけではないのですが、ブラウザのURLバー (ロケーションバー) に統合されていて、使い勝手がかなり異なります。また、テキストをハイライトして右クリックで検索するときの挙動もむかつきます。「既定の検索エンジン」に指定したものしか使えない上、URLをググることができません。検索エンジンを切り替えたい場合はわざわざ設定メニューを開く必要があり、またURL (例えばwww.hogehogepiyopiyo.jp) をハイライトしたなら「www.hogehogepiyopiyo.jpに移動」というものに変わっていて、安全性に疑問のあるURLをググったり aguse Gateway のようなサービスに飛ばしてやることができないのです。

これを解消するものはないか、スタッフ一所懸命探しました。見つかりましたよ。
# 暴力団と付き合いがあったってのはまずいことだろうけれど、それよりも表社会では解決できないトラブルに一般人が巻き込まれ得るということこそ何とかすべきだと思うのは俺だけでしょうか。

Universal Search & IE8 Accelerators - Chrome ウェブストア

これです。これをインストールするとツールバー右手に虫眼鏡を模したと思われるアイコンが付き、そこをクリックするとFirefoxで使っていたような検索窓がポップアップします。またハイライト→右クリックからの検索は、右クリックプルダウンメニュー内に「Universal Search」というものがあり、そこから検索に使いたいサーチエンジンをあらかじめ登録しておいた中から選ぶことができるようになります。これはChromeがハイライトの内容をURLと認識している場合でも有効で、URLもググれます。これがなければ俺はChromeを使いません。

(追記: このアドオンでは検索キーワードの文字エンコードが選べないので、文字化けしてまともに検索できないサイトが一部存在します。そのようなサイトを使いたい場合には マルチ検索 が適しています。使い勝手もほとんど変わりません。)

その他、Firefoxで使っていたのでChromeにもどうしても欲しいアドオン

RSS Icon → RSS Subscription Extension(by Google)

NoScriptNotScripts

Adblock PlusAdBlock

Make LinkCreate Link

Speed DialSpeed Dial
(Firefoxでスピードダイアルを使っていなかった人も、Chromeでは欲しくなると思うよ、うん。)

マウスジェスチャはFirefoxではFireGesturesを愛用していましたが、Chromeには個人的にちょうどいいものがありません (右クリックジェスチャができなかったり、できても先の Universal Search と相性が悪かったり) 。「使わないことに慣れる」という選択をすることにしました。

ユーザーエージェント偽装は… User-Agent Switcher for Chrome は、うちの環境ではなぜか動いてくれません。同じような悩みを抱えていらっしゃる方は、 Google ChromeでUser-Agent(ユーザーエージェント)を偽装(変更) - MiuxMiu で紹介されているように、端末から

$ chromium-browser --user-agent="使いたいユーザーエージェント名"

と打ち込んで起動するしかなさそうです。頻繁に使うのならばメニューやランチャに登録しておきましょう。なお、これはChromiumが既に起動していると働きません、一旦Chromiumを終了させてからやる必要があります。タブごとに切り替えるということもできないので、使い勝手はFirefoxの User Agent Switcher には劣ります。

関連記事

テーマ : ウェブブラウザ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。