スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Debian sid にgnome-shellが入る、カスタマイズが…

Ubuntuに変えたと書きましたが、Debianに戻しました。前にこのブログで書いた頻繁に落ちるという問題も、Debianに戻してみたところピタリとなくなり、ちょっとびっくりしています。nattyにはその他にもチラチラと気になる点があって、なんでしょう、Ubuntuをディスるつもりは全くないのですが、まあきっとマシンとの相性が悪かったのでしょう。

さて今日 Debian sid をアップグレードしたところ、とうとうあのGNOME3の目玉、gnome-shellが入ってきました。で、いつものようにGDMを再起動したところ、起動に失敗したとのメッセージ。うん、そんな気がしていました。たぶん今まで入れていたcompizか何かがぶつかっている気がします。勘ですが、これを何がぶつかっているのかをいちいち調べるよりもDebianごとインストールしなおしてしまった方が時間がかからないと俺は踏みました。こういうときのために/homeをシステムと別パーティションにしていたのです。

んで再インストール。compiz等を入れず、ただただgnome-desktop-environmentだけを入れてみたところ…

gnome-shell上でgimpを開いたところ。フォントが異常にでかいことがお分かりいただけるだろうか Windows95からの伝統、スタートメニューを廃したgnome-shell

この様な感じに。使い勝手は伝統のWindows95ライクであったGNOME2とだいぶ違っています。なんかいかにもスマートフォン的な感じで…いやでも待てよ、はじめて触ったPC98はWindows上でこんなシェル (98ランチとかいう名前) が動いていたような…パソコンとなると身構えてしまうような人にとってはこういう方が使いやすいのかもしれません。

ただ、とりあえず字がでかすぎる。スマートフォンの小さい画面では画面に対する文字の大きさの比率が大きくなりますが、これはデスクトップパソコンです。もともとディスプレイが大きいので、小さめのフォントでも充分大きく表示されるのです。

しかし、どうやって設定をしたらいいのか…右上に表示されるユーザー名を右クリックして現れるシステム設定には該当しそうなものがなさそうで、しかもいろいろなところをクリックしてみるとgnome-shellはGNOME2と比べて設定の自由度が全体的に低いことが明らかです。もしかして設定できないんじゃないか…恐る恐るググってみると…

Linux Daily Topics:2011年4月5日 Fedora 15のGNOME 3は慣れるまでに時間がかかるかも─Fedoraアンバサダー|gihyo.jp … 技術評論社

gnome-tweak-tool (GnomeTweakTool - GNOME Live!) だそうです。どうやらインストールはされていなかったようなので、gnome端末を起動してaptでインストー…ル…あれ?キー入力がおかしいぞ?反応が妙に鈍い。あ、そうだ、gnome端末が3に移行してからibusをインストールしている環境下ではキー入力がおかしくなる問題があったんです。ibus-gtk3パッケージを入れると治るので、Ctrl+Alt+F1でtty1コンソールに移動して

# apt-get install ibus-gtk3

まとめてgnome-tweak-toolをインストールしてもよかったんですが、まあgnome端末での入力が問題なくなるのを確認するのも兼ねて、これをインストールし終わったら一旦gnome-shellをログアウトして再ログイン、gnome端末を起動。ああ、そうだ、gnome-shell上でのアプリケーションの呼び出し方を書いていませんでしたね。アクティビティをクリックするかマウスカーソルを左上の頂点に持っていくことで起動中のウィンドウ一覧とアプリケーションランチャが現れます。

# apt-get install gnome-tweak-tool
# exit
$ gnome-tweak-tool

上のlive.gnome.orgのページにあるようなウィンドウが開き、こちらのFontsでシステムのフォントやその大きさを調整できました。

#うーん、慣れれば何とかなるのかな…Windows95からパソコンに触りはじめた世代としては、ちょっとこれといいUnityといい報じられるWindows8の姿といい、戸惑いを感じざるを得ません。これは俺の頭が柔軟性を失いはじめているせいでもあるのでしょうが。しかし、このgnome3の柔軟性のなさもちょっと問題ですよ、カスタマイズできるところが2に比べて限られています。

「GNOME Shell」対「Ubuntu Unity」:勝つのはどちらか - ZDNet Japan

追記
Linuxカーネルの開発者であるリーヌス・トーバルズ氏はGNOME2のフォークを提案しているそうです。

Linus Torvalds氏がGNOME 3を酷評、Xfceへ切り替えたことを明らかに - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載

Xfceを使おうとはさすがに思いませんが、もしGNOME2がフォークされるのなら、俺もそれを使いたいです。別にユーザーインターフェースにグラボのリソースを使わせるのはcompizでできたことだし、GNOME3が2に比べて前進したと思われる点はありませんね。とりあえずはGNOME3.2に期待したいところです。

書き忘れていましたが、GNOME3で一番最初に気になるのが最小化・最大化ボタンの削除でしょう。最大化はタイトルバーのダブルクリックで代用できます。最小化は、俺は上のgnome-tweak-toolでタイトルバー中クリックに割り当てました。Windowsで言うところのタスクバーが無いので最小化したウィンドウをどうして呼び出したら良いのか一瞬不安になりますが、アクティビティをクリックして出るウィンドウ一覧の中には入っているので、それをクリックして呼び出すことができます。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。