スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

au「迷惑メールおまかせ規制」でメール本文を読まれる?

*この記事は私が前に別のブログに書いていたものを一部書き直ししつつこちらに移したものです。

さて、実験です。まずは実験にあたり、迷惑メールフィルターの設定を確認。

一括指定受信: デフォルト
迷惑メールおまかせ規制: 規制する (レポート通知ON)
なりすまし規制: (高) 設定
指定受信リスト設定(なりすまし・転送メール許可): 設定しない
指定受信リスト: 設定しない
指定拒否リスト: 設定しない
HTMLメール規制: 規制しない
URLリンク規制: 規制しない
拒否通知メール返信設定: 返信しない

つまり、なりすまし規制とおまかせ規制だけを設定した状態です。なりすまし規制はおまかせ規制との併用が推奨されていて、つまりたぶん携帯電話のドメインを詐称したメールも対象外にしてしまうということだと思われますから、Fromのなりすましも審査する (高) に設定しています。

で、まずは普段使っているYahooのアドレスから何気ないメールを自分の携帯電話に送信。

届いた。ま、これは当たり前。では、前にもらった迷惑メールの中から一通チョイス。タイトルと本文をコピペし、先ほどのYahooアカウントから送信。

お、遮断された!でも、何が原因で遮断されたのでしょう。少なくとも送信経路から、ということではなくなりました。もしかしたらこの怪しげなURLがいけないのかも知れません。攻撃サイトとしてシマンテックがマークしているURLだったのかも。では、攻撃サイトとしてマークされていないだろうURLに置き換えてみましょうか。先ほどのメールのURL部分を、全てhttp://www.yahoo.co.jpに置換し、再度送信。

やはり届きません。じゃあ何がいけないのでしょう?URLそれ自体がいけないのでしょうか。先ほどの迷惑メールの文面からURLを全て削り、もう一度送信。

これも届きません。では何がいけないのでしょう?本文を読んでいないなら、他に考えられるのはタイトル?タイトルをそのまま、本文は先ほど通ったメールと同じものにして送信。

届く。…つまり、本文を読んでいるということなのでしょう。



どうなんでしょう、これ。前回も書きましたが、例えばNTTドコモは「ドコモとして、iモード/spモードセンターでメールの内容を事前に判別することができれば、お客様への迷惑メール送信を防ぐことができますが、電気通信事業者は法律により「通信の秘密」を守る義務があるため、メールの内容を確認することはできません。」としています。迷惑メールに困っているものとしては複雑ですが、これはこれで良心的な態度とも言えるでしょう。

このようなフィルタが絶対にいけないと言いたいわけではありません。通信の秘密、というか個人のプライバシーは最終的には当人の判断することです。当人がプライバシーを一部失ってもスパムメールはない方が良いと考えたのなら、それは尊重されるべきですし、その場合はこのフィルタを設定するのはアリだと思います。

問題は、何が行われているのかはっきりと言わないKDDIの態度です。このフィルタがどういうものなのか、説明するべきではないでしょうか。

関連記事

テーマ : 迷惑メール対策
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。