スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

au迷惑メールおまかせ規制、個人的まとめ (更新)

携帯電話からのメールは対象外。なりすまし規制との併用が推奨されているので携帯電話ドメインになりすましたメールも対象外と思われる。

・何をもって迷惑メールと判断しているかauから詳しい説明がないが、メール本文を読んで判断していると思われる

・レポート通知をONに設定しておくと、前日ブロックしたメールについてのレポートを朝九時過ぎに一通送ってくる (OFFにすることもできる) 。メールにはブロックされたメールの受信日時、Fromに記されていたアドレス (必ずしも送信元とは限らない) 、件名がまとめられている。たまにレポートがない日があるが、規制が0通だったというレポートも来たことがないので、0通だった日はレポートをよこさない、ということだろうか。

・遮断されたメールが多かった日はレポートメールのサイズもその分大きくなるので、端末によっては受信しきれないことも。そのような場合でもヘッダを読む要領で続きを読むことができる

auはおまかせ規制の迷惑メール検知率を99%以上としているそうだが、検知できずに届く迷惑メールは、私の端末の場合数パーセント程度存在する。auのサポートに問い合わせたところ、そのようなメールは迷惑メール専用窓口で情報提供を受け付けているとのこと。

・既述のとおり迷惑メール送信者と目をつけられているはずもないメールアドレスから発したメールをおまかせ規制に引っ掛ける実験は成功した、つまり迷惑メールでないものを迷惑メールと誤認識しブロックしてしまう可能性もあると思われる。遮断されてしまったメールを復活させる方法は見当たらない (たぶん今までのフィルタと同様、ない) 。アドレス指定の受信リストの設定がある場合それは迷惑メールおまかせ規制に優先するので、レポートを毎日チェックして、必要なメールがあったならば送信者のアドレスを受信リストに登録の上、送信者に再送をお願いするしかないだろう。本文を読まれるというプライバシー的な問題から見ても、必要なメールを送ってくると分かっているアドレスについてはあらかじめ指定受信リストに登録しておいた方がいい。

・指定受信リストによる受信許可がおまかせ規制に優先する以上、その設定の仕方が悪いことで遮断できないでいる迷惑メールはこのフィルタによっても遮断できない。

・指定拒否リストもおまかせ規制に優先する、つまり拒否リストに当てはまるメールはおまかせ規制にかかる前に排除されるので、おまかせ規制のレポートメールのサイズが大きくなりすぎて困っている場合、おまかせ規制によって遮断されているメールのアドレスをあえて拒否リストに登録することでレポートメールのサイズを小さくできるかも知れない。

関連記事

テーマ : 迷惑メール対策
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。