スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahooメールで内容を解析して広告表示に使うようになるそうな

昨日おすすめのメールサービスについてお話したばかりですが…こんなニュースが。

「Yahoo!メール」で本文内容にマッチした広告表示--9月19日に開始 - CNET Japan
メールタイトルや本文内容に関連性の高い広告の表示を開始する。メール内容を解析することで、たとえばユーザーが国内旅行に関する内容が含まれるメールを閲覧している場合、国内旅行に関する広告が表示される可能性が高くなるという。 (上リンク先のページより引用)

関連性の高い広告の表示を開始する。メール内容を解析することで

関連性の高い広告の表示…メール内容を解析する

メール内容を解析

だそうです。「解析結果が第三者に提供されることはない」そうですが、しかしメールの内容を解析して広告表示に関連させると。詳しくはプライバシーポリシーを読めと。読んでみると…

・POPでメールを受信する場合にはやらない
・メールアドレス、メールの送受信ログは解析しない
・あらかじめ登録してある辞書と本文の文字を照らし合わせて判別し、グループ分けしておいた広告が表示される
・判別した単語を保持しない。どのグループの広告を掲載したかという結果についてはより適合した広告掲載をしていくためのアルゴリズムの調整を行っていくための基礎データとして利用するため短期間保存

だそうです。四つ目が気になりますね。純粋に「アルゴリズムの調整を行っていくため」に使うのならまあいいとして、そこに「より適合した広告掲載をしていくための」が掛かってくるとちょっと嫌かも、ですね…。このユーザーはこういうことに興味があるというのがデータとして蓄積していたら。短期間というのがどのくらいなのかも分からないし。

まあ、yahooメールは専らPOPで使う俺としては気にしなくて良いのかも知れませんが。あと、このページから拒否できるそう。この辺は良心的と見るべきか?具体的にどういうものなのかというのを説明してくれているのもまあ良心的と見るべきですかね。

関連記事

テーマ : メール
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。