スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AmazonのMP3ダウンロードを試す

AmazonがMP3ダウンロードという、DRMなしの音楽配信をしているという話を前にしましたが、これを使ってみようかと思います。基本的には音楽はCDで買う人なのですが、あまり日本では著名ではないらしくCDがお店にないことも多いあるバンドの、日本では発売されていないミニアルバムがMP3で販売されているのを見つけたので。

ところで、この記事を書き上げてから気づいたのですが、非常に宣伝臭の強いものになっています。ので最初にお断りしておきますが、俺はこの記事をアップすることを誰からも依頼されていません。DRMフリーなコンテンツ配信を応援したいという意味では宣伝ではありますが、この記事によって俺は金銭やその他直接的な利益は得ていません。アフィリエイトもやってません。

バンド名は Rival Sons。カリフォルニアのバンドだそうです。

俺がこれを知ったのは2011年のサマーソニックでした。レッドホットチリペッパーズが目当てでしたが、それは大トリですから日中はふらふらといろいろなステージを回ります。とはいっても日中は失礼ですがあまりいいのがなく、切り替え中のステージで休憩しようかと足を踏み入れたところ、何と次のバンドのために用意しているアンプが「ORANGE」のもの。あえてこのアンプを選ぶクレイジーっぷり (いい意味) に俺の胸は高鳴りました。で、舞台は暗転し、始まった曲が…もう期待以上に、笑ってしまうくらいにツェッペリン (ちょっとディープパープルの匂いも) 。ボーカルの歌い方はジャニス・ジョプリンを意識している感じ。

いや、これが70年代のバンドだったら、本当にただのパクリです。しかし、メンバーはどう見ても20代か、行っても30代前半の容姿。当時を知らない人です。こんな現代に、80年代以後を完全に否認するようなバンドが生まれて、ちゃんとやっていけるなんて、いやあ、音楽もまだ捨てたもんじゃない、と思ったのです。知ったような口を聞いている俺も20代です、当時を全く知りません、精子ですらなかった時代です、ごめんなさい。ちなみに「ORANGE」のアンプは予想どおり途中トラブってました。


まあちょっと聞いてみてくださいよ。こんな曲が現代につくられているのです。笑えてくると同時に、ワクワクしませんか?珍しい趣味かな…あ、ちなみにこのYoutube動画のアカウントは彼らのオフィシャルサイトにも貼られているものなので著作権侵害はないかと思います。

んで。彼らのアルバムがAmazon.co.jpのMP3ダウンロードで入手可能です。このうちフルアルバムの Head Down と Pressure and Time はCDで買えるのですが、ミニアルバム Rival Sons は日本盤は今のところ見当たりません、ので今日、このダウンロード販売で入手しようかと思います。彼らに出会った日、家に帰ってYoutubeで彼らの曲を探しまくりました (当時は著作権侵害コピーのダウンロードは犯罪ではなかった) が、このアルバムは Pressure and Time よりも70年代オマージュが感じられるものです。露骨なまでに。

アルバム「Rival Sons」商品ページのスクリーンショット
さて、「1-ClickでMP3アルバムを購入」をクリック。環境はIceweasel (Firefox) 17.0.2esr、Debian wheezy/sidです。

amazonのサインイン画面
サインインを求められるので自分のアカウントにサインイン。アカウントを持っていなかったらアカウントをつくっておいてください。

購入意思の最終確認画面
商品を確認。確認して「確定」をクリック。俺は事前にコンビニでプリペイドカードを買ってアカウントに登録したのでそこから自動でお金が引かれますが、支払い方法は皆さんのお好きな方法でやってください。

購入完了とCloud_Playerに保存されたとの表示
購入完了の確認画面が。

さて、ここからです。前、DRMフリーMP3ダウンロードが始まったばかりのころ一回利用したのですが、その時の操作方法を忘れてしまいました…あの時は何かのファイルが自動的に落ちてきて、これをダブルクリックしたらメディアプレーヤーのBansheeが立ち上がって、ほぼ自動で楽曲がダウンロードされた、ような、記憶があるのですが、何しろほとんど自動で行われたので何がどうしてそうなったのかよく覚えていません。でも何か、その時とは様子が違うことは感じます。自動的に何かが落ちてくる雰囲気はないし、代わりに見覚えのない「Amazon Cloud Player」なるものが案内されています。Cloud…クラウド…オレ、コノコトバ、キライ…

なんだかさ…猫も杓子もクラウドクラウド、クラウドと言っておけば「ナウ」なんでしょ?あ、「ナウ」じゃなくて「なう」か。まあもう一時期の熱狂は落ち着いたと思うけれど、でも今でもクラウド万能論は時々聞かれます。おかしいよね、雲の向こうには何があって、誰がいて、何されているのか全く分からないのに。

閑話休題。今回は自分のデータを人に預けるわけではないので問題はないかと思いますが、でもクラウドで「どこからでもアクセスできる」というのをウリにしてローカルへの保存を阻害されたらせっかくのDRMフリーもあまり意味がありません。それに全ての電子機器がインターネットに接続できるわけじゃないし、インターネット接続ができたところでモバイル端末はあまりヘビーに通信をすると通信制限にぶち当たったりもします。ローカルに保存することを第一目標に、ケアレスプレ…じゃなかったクラウドプレイヤーは後回し。というわけで、まずは「音楽を今すぐダウンロード」をクリック。

Linuxは Amazon MP3 ダウンローダーに対応していない、との表示
…がっ…!ダメっ…!Linuxは…!サポート対象外…!ただ、光明も見えました。クラウドプレーヤーからダウンロードもできる、と書いてあります。そいつぁいいや。というわけでクラウドプレーヤーにアクセス。「こんにちは○○さんアカウントサービス」をポイントしてポップアップするメニューに「Cloud Playerにアクセス」というのがあるのでそこをクリック。

Amazon Cloud Player のスクリーンショット
すると、ブラウザ画面上にこのとおり、メディアプレーヤーのようなものが表示されました (ちなみに、「Amazon Cloud Player」導入以前に買っていたMP3の曲も、これに入っていました、ちょっとだけクラウドを見直しかけ、いや、これはAmazonのアカウントサービスであってクラウドがどうのこうのという問題じゃない、と自分を説得) 。で、ここのチェックボックスをオンにして、ダウンロードボタンをクリックしたら、いいのかな?

ダウンロードは一曲ずつやってくれ、とのダイアログ
「Linuxの場合、~一度に1曲ずつダウンロードすることができます」だそうな。まとめてはダウンロードできないみたいなので (面倒だと感じる以上にLinux環境をちゃんと考えてくれていることに感動) 、一曲を除いてチェックを外しダウンロードボタンを再クリック。

「端末の認証」を求められた
端末の認証って…何、それ…ログインはしているんですけど。アカウントと違って、今接続している機械を認識・識別したいのでしょうけれど、そんなことできるの?DebianはWindowsと違ってシリアルナンバーが振られているわけじゃないし。とりあえずよく分からないけれど「端末を認証」ボタンをクリック。すると、MP3ファイルがダウンロードされました。

でもこの端末の認証というものが気になります。説明によると、認証した機械には直接ダウンロード保存できる、一度に認証できる機械は10まで、それを超えて別の機械を認証したい場合は既にした認証を解除して30日待つか、一括解除をする (30日待つ必要がなくなるが一年に一回しかできない) か、だそう。

まあ、いいでしょう、今はダウンロードできているのだから。と思って続きの曲をダウンロードしていた、ところ。

また認証を求めるダイアログが。ブラウザを一旦閉じて再度開いてログインし、ダウンロードを再開しようとしたタイミングで表示されました。これは、たぶんCookieですね…。うちのFirefoxは閉じるときにCookieを削除する設定にしているのでその可能性が高いかと思われます。Cookieの保存期間を「サイトが指定した期限まで」に切り替えてみると、何度か再起動したりサインアウトサインインを繰り返したりしても再認証を求められることはなくなりました。このタイミングでもう一度Cookieを削除してみたらまたしても再認証を求められたので、たぶん間違いないかと思います。意外に浅いな…。

とにかく、このサービスを頻繁に利用する方は、AmazonのCookieを削除しない設定にしておいた方がよさそうです。Cookieの保存に何らかの制限をかけている場合は、「www.amazon.co.jp」を例外として保存を許可しておけば、多分大丈夫でしょう。効果は保証しかねますが。

なお、落ちてきたのは何の変哲もないMP3ファイルです。可変ビットレート (最高256kbpsだそう) です。もちろんDRMはついておらず、再生機器が制限を受けることも、再生にいちいちお伺いをたてることもありません。



まとめ
・Linuxには「Amazon MP3ダウンローダー」がインストールできない。メディアプレーヤーBansheeが対応していた気がするのだが、定かではない
・「Amazon Cloud Player」から一曲ずつダウンロードすることは、Linuxでもできるようだ
・ダウンロードする端末の認証を求められるが、その認証はCookieで行われているようだ。認証件数には限りがあるので、このサービスを利用するならAmazonのCookieは捨てないようにすべし
・70年代ロックというのは一つの頂点だったと思う

関連記事

テーマ : Webサービス
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。