スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

apt-pinningが面倒だからコマンドで済ます

ibusの1.5がsidにアップされましたが、これがうちの環境ではうまく動いてくれません。ibusをtesting (wheezy) のバージョンにロールバックしたいところですが、apt-pinningにダラダラと書くのは面倒です。というわけで、ロールバックからパッケージのホールド (アップグレードの停止) まで、極力コマンドで済ませます。

# vi /etc/apt/sources.list
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ wheezy main non-free contrib
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ wheezy main non-free contrib

このように書き足します。うちの場合は既に書いておいて#を使ってコメントアウトしているので、#を外すだけ。ここはコマンドでやると逆に面倒なのでviでやります。それで、

# apt-get update ; apt-get install ibus/testing

こうすると、ibusとpython-ibusパッケージのwheezy版が強制的にインストールされる (うちの環境ではこの二つをダウングレードすれば元通り動きます) ので、

# echo ibus hold | dpkg --set-selections

ibusのアップグレードを停止します。終わったら、

# vi /etc/apt/sources.list
#deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ wheezy main non-free contrib
#deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ wheezy main non-free contrib

このように、wheezyのパッケージのための行を#でコメントアウトします。

後はお気に入りのフィードリーダーに Debian developer's news for ibus を登録でもして、問題を解決した新しいパッケージが上がるのを待ちます。問題を解決したパッケージが上がったら、このバグレポートにも報告が入るでしょう。そうなったら、

# echo ibus install | dpkg --set-selections

とでもして、ホールドを解除した上でアップグレードを。

追記
ibusとpython-ibusさえダウングレードすればうちの環境では動く、と書きましたが、その理由は分かりません。ibus1.5関連のパッケージは極力捨てるかダウングレードして、1.4のものにしておく方が健康だとは思います。ibus-gtkとibus-gtk3パッケージはダウングレードとホールド、libibus-1.0-5は削除、が正解だとは思います。

更に追記
1.5系が一旦キャンセルされたのか1.4.2-1が入りましたが、これはうちの環境では問題なく動いてくれています。全く動かないということはなくなりましたが、どうも不安定なのでuimに切り替えました。uimはうちの環境ではAnthyと相性が悪いみたいですが、mozcとならば普通に動くように感じます。

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。