スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NSAは暗号を解読している?/仕方のないことでは済まされない

朝日新聞デジタル:ネット暗号化、解読進む 米NSAなど 英米紙が報道 - 国際 (ウェブ魚拓) (FreezePage)
ネット暗号:米英が解読…10年に実用化、個人情報を入手- 毎日jp(毎日新聞) (ウェブ魚拓) (FreezePage)
米英の情報機関 ネット暗号解読か NHKニュース (ウェブ魚拓) (FreezePage)

気になるのは、朝日の記事にある「暗号化には元々、米国の団体などが作った世界的な基準があるが、NSAは設計段階から関わり、侵入しやすいよう「弱い部分」を仕込んでいたという。 」という部分。これって多分、一般的に広く使われている暗号技術、このブログでも紹介したものも含まれると思うんですが…何がどれだけ危険なのか、具体的に明らかにして欲しい…

このニュースについて、テロ対策のためだったら仕方がないなんて考えている人が結構多いみたいですが…それを米国はテロ対策のみに使い、経済戦争においては使わないとどうして言えましょう。そういう言質を取ったとして、それをどうやって保証してもらえましょう。

例えば、エシュロンと呼ばれる、米国自身は認めていないものの欧州議会は存在すると考えている大規模通信傍受システムの話がありますが。かつて80年代、日米の経済摩擦がピークに達していた時代に、このシステムを使って日本の企業活動・訴訟の動きを傍受し、経済的に日本に大きな損害を与えたなどという噂があります。当時の携帯電話はアナログなのでちょっとした通信機があればすぐに盗聴できたという話は、当時を知る無線マニアからその人の体験談として聞いたことがあります。全く眉唾ではございますまい。

言うまでもないことでしょうが、通信の秘密が守られないというのは、技術開発や、訴訟や、経済活動全般に大きな影響を与えることになります。その情報を暴くことができる人に大きな優位を与えます。もう一度書きますが、どうして、テロ対策のためだけに使うと言えましょう。経済的に優位に立つために使わないと言えましょう。言ってもらったところで、それをどうやって保証してもらえましょう。

とにかく今、NSAが解読している暗号方式を、直ちに明らかにしてほしいものです。

関連記事

テーマ : セキュリティ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

暗号通信(多重暗号化)

NSAが解読している暗号方式を、直ちに明らかにしてほしいものです

なんて言ってないで、新しい方式で勝手に暗号化をしてしまいましょう。
そして、多重暗号化による通信を確立すればよいと思います。

Re: 暗号通信(多重暗号化)

暗号太郎さん、コメントありがとうございます。

>新しい方式で勝手に暗号化をしてしまいましょう
俺がRSA暗号やAES暗号を良いと思ったのは、広く使われていることが破られにくいことの証明だと思ったからです。
新しい方式を自分でつくったところで、自分の予期しないところで簡単に破られてしまう可能性が否定できません。
(だからこそ、RSA暗号やAES暗号に、開発に関わったとされる米政府機関が、あえて脆弱性を持たせるような馬鹿な真似などしているはずがないと思ったんだけれど)

破られた暗号で多重に暗号化しても意味はありません。
まあ、ただコンピューターで自動的にインデックス化されるのは、シーザー暗号でも使っておけば防げるかも知れませんね。
しかし、この情報が欲しいと目をつけられていたなら、そんなものは簡単に破られるでしょう。

NSAと言えば…

SELinuxも気になってしまいます。まあオープンソースではありますが。
プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。