スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者にとっては良いことだと思う、MSの対Googleネガティブキャンペーン

マイクロソフトのアンチGmailキャンペーン「Scroogled」の行き着く先とは? - GIGAZINE

GIGAZINEはこの記事をマイクロソフトに対して批判的に報じていますが…つまり、マイクロソフトも人のことを言えた身じゃなかろうと。

しかし、別にGoogleの従業員でも株主でも、あるいはマイクロソフトのそれでもないなら、別にいいんじゃないですか?たぶん、このネガティブキャンペーンはマイクロソフトにとってもマイナスになるでしょう。ネガティブキャンペーンは仕掛けた側のイメージが悪くなるのはよくあることです。しかし、消費者の意識が高まれば、批判されているGoogleはもちろん、マイクロソフトも襟を正さざるを得なくなります。それは全く、消費者にとっては良いことです。ネットスラングでは嘲笑的に「ブーメラン」などと申しますが、第三者はそれでいいのです。

たまにGoogle好きが高じてかGoogle信者みたいな人がいますけれど、Googleに、あるいはマイクロソフトに対してもそうですけれど、プライバシーも人格も何もかも捧げる必要なんて無いと思いますよ。そして、Googleがよそから批判を受けることがあっても、Googleを擁護して批判者を罵る必要などないのです。大好きなGoogleが更に良くなるキッカケになればと素直に思えばいいのです、あなたが専ら消費者なら。どちらかの側に立つ必要などないのです。

関連記事

テーマ : ネットプライバシー
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。