スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷泉彰彦氏の秘密保護法案への指摘、そう言えばTPPのリークがあったね…

特定秘密保護法案、絶叫ではなく議論が必要なら、その中身は? | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトより引用---

もう一つは、反対に「政府が情報を隠す」ことが、経済合理性や人命保護という観点から「マイナス」である場合です。例えば経済的に過大な譲歩をする約束を他国と交わしているとか、大変に危険な場所に自衛隊を派遣しているにも関わらず危険性を示す情報を隠しているというような場合もあるでしょうし、更に自衛隊の装備に関する入札に不正があったが防衛機密の名の下に不正行為を隠蔽しているというような場合も想定できます。

---引用ここまで---

そう、もちろん、連中の態度や原理原則論が不安なのもありますが、ここも気になります。特にこの前ウィキリークスでTPPの草案がリークされたことがありましたが、こういうのも国内でやったら違反になるのでしょうか。これこそジャーナリズムとして正しい態度だと思うのですが、締結したい政府にとっては邪魔なものでしかないでしょう。これをどう線引きするのでしょう。

スパイ防止が云々とか言っている人がいますけれど、そういう人は初期自民党とCIAの関係を知らないのでしょうか?総理の祖父、岸信介第56・57代総理大臣とCIAの関係を知らないのでしょうか。政権中枢が外国の諜報・工作勢力に密かに通じていた例ですよ。スパイって、本当はこういうものじゃないですかね?007みたいなのを想像するかも知れませんが、あれは諜報というよりかは所謂非合法工作員、アクションサービスってやつですよね、通常の刑法で処理する問題です。他にも、中川一郎衆議院議員が米国からペルソナ・ノン・グラータ指定されたのはソ連スパイだったからという噂もありますね。そうだ、岸氏は統一教会との関係も有名でした。一時期、統一教会から自民党に議員秘書という形で信者が多数送り込まれたという話もあります。本当に怖いスパイってのは、権力に食い込むんですよ。

もちろんかつて共産主義者が共産主義の理想を唱えながら、事実上ソ連に支配されていたという時代もありました。彼らはそこかしこに潜む名も無きスパイ集団みたいな感じになっていたのかも知れません。しかしソ連はなくなりました、共産主義者がそこかしこにいるということさえなくなりました。だいたい本当に問題だったのは、ソ連に忠誠を誓いながらそれを隠し、社会の上層部に浸透していく連中だったのです、高学歴のものが多かったわけですから。リヒャルト・ゾルゲもその例でしょう。

ちなみに中川氏も岸氏もだいぶ昔の政治家ですが、これは米国の機密解除による情報公開によって明らかになっている分であって、明らかになっていないものは今でもあるでしょう。鳩山邦夫衆議院議員はかつてペンタゴンに飼い慣らされそうになったらしく、そのことを本人が国会でゲロってます。

さあ、今TPPだとか色々やってますけれど、この手のスパイは、秘密保全法によってむしろ活動しやすくなっちゃいませんか?こういうスパイを防ぐためにも知る権利は激しく重要です。

関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。