スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著作権保護期間延長に反対します

私は前から、著作権は一身専属権なのだから著作権は著作者の死と共に消滅するべきだ、一定の保護期間が必要なら発表時起算で28年とするべきだと訴えてきました。

MSフリーで行こう 著作権の死後保護期間を延長する必要ってあるの?
MSフリーで行こう 孤児作品というキーワード
MSフリーで行こう 海賊党への対案を考えてみた その1
MSフリーで行こう 俺が著作権の諸問題に興味を持つようになったキッカケ

著作権保護期間が著作者死後70年まで延長することが考えられているようですが、私は反対します。

すでに今だって長過ぎるんです。死後50年も経済的価値を持つ著作物などごくごく一部です。大作家の作品でさえ平然と絶版になりますし、米国では旧著作権法下、発表後28年、更新手続で更に28年の保護が得られるとされていた時代、その更新手続が取られたのはわずか15%だったそうです。そもそもどのような理屈で死後も人の経済的権利が存続できるのかもよく分かりません、人の権利は出生にはじまり死亡で終わるはずです。

それに、長くなればどこに権利が存在するのかわからなくなってしまうこともあります。テレビ番組探偵ナイトスクープで「シェラ・デ・コブレの幽霊」という映画が扱われたのを知っていますか?怖すぎてお蔵入りになったという伝説のある、その後ソフト化もされていない1960年代の幻の映画ですが。見たいという視聴者の依頼を受けて番組が調査し、フィルムは見つけることができたものの、権利の所在が不明で結局テレビ電波に載っけることはできなかったそうです。

こういう作品のことを「孤児作品」と呼ぶらしいのですが、それを増やすつもりですか?これは文化を守るのではなく、文化を破壊しています。

ところでプロフィール画像をつけました。これは1930年代の米国のアニメーション作品 Van Beuren's Tom and Jerry のエピソード Piano Tooners のスクリーンショットです。パブリックドメインです。なんですか? 何か問題でも?米国のテレビ番組「怪しい伝説」でもこのワンシーンが使われていた記憶があります。

ヴァン・ビューレンのトムとジェリー - Wikipedia
ですから、パブリックドメインですってば。

Tom and Jerry - Piano Tooners
ここからbittorrentでダウンロードできますが、今だったらYoutubeあたりに上がっているでしょうね。そちらで見てもらったほうが早いでしょう。

関連記事

テーマ : 著作権・特許権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。