スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥棒に入ったら被害者が泥棒である証拠を掴んだような話

Gmailで児童ポルノを送信したと判断してGoogleが当局に通報、送信者逮捕 - GIGAZINE

この見出しでみなさんはどう思われるでしょう。児童ポルノを取引している現場を押さえられた、よかったよかった、でしょうか?まあ、そういう思いが俺にもないわけではありません。俺もポルノグラフィ好きな健全な男子ではありますが、経済的に自立できない年齢の青少年に対する搾取ないし虐待行為を憎む気持ちはあります。しかし、しかしですよ。

Googleはどうやってこの送信者に目をつけたのでしょうか?

それはGoogleが、送受信されるメールを逐一監視しているからではないでしょうか。監視していたら、たまたまヤバイ写真をやりとしている奴が目についたんで、通報した…ということではないのでしょうか?それ以外に考えられますか?

例えば日ヤフーでは、メール中に使われる言葉の傾向を読んで表示される広告を選ぶプログラムを用いているとされています。Googleもかつての利用規約にメールの内容を広告表示に利用しているという記述があったはずですが、そういうのを人ではなくプログラム的に自動でやられる分には神経質になる必要はないかと思います。しかし、ある画像が児童ポルノかどうかを判定するプログラムなんてないでしょう…そこは人の目に頼らざるをえないでしょう。幾万幾億のユーザーの中から彼をあぶり出すのにプログラムは使うんでしょうけれど、そのプロセスに人が関わるならそれは人が監視してるってことですよ。

(追記: うまく表現できませんでしたが、とにかく日ヤフーのようにプライバシーを侵害しない形で広告表示をすることは可能かも知れません、しかし「犯罪的な内容がないか監視する」というのはどのような形であれプライバシーの侵害なしにはありえないことです。これもうまく表現できている気がしませんが…)

なんか、泥棒に入ってみたらその家主が大泥棒である証拠を見つけてしまって、それでもって通報した、そんなような話に思えます。この小泥棒が法的にどういう扱いを受けるべきなのかはともかく、彼の行為は推奨はされないことは明らかです。彼が大泥棒を暴いたのは偶然であり、本来彼のやろうとしていたことは犯罪なのですから。これからも隠れた犯罪を暴くために泥棒を続けてくれなんて言えませんよね、ほとんどの被害者は罪のない善良な市民でしょうから。

メールを覗き見ることは、おそらく規約上許されることになっているのでしょう。しかし、我々にはプライバシーってものもあります。何度も言っていますが、プライバシーというのは犯罪者が取り締まりを逃れるための方便ではありません、善良な人々の一般的な権利です。よくこう言う奴がいます「やましいことがなければ見せられるだろう」と、Googleの元CEOシュミット氏も言っていましたねそんなこと。考えが浅いですよ。あなたは奥さんとのセックスを世に公開するのですか?それとも公開したくないからやらないのですか?どちらもおかしいですよ。我々には人に見せたくないものを見せない自由があります。

憲法でも通信の秘匿の自由というものは重く見られています。憲法は市民が国家権力を縛る法であり、単純に民対民に適用はできないものですが、おそらくどこの自由主義国家でも憲法で通信の秘匿の自由が定められた当時、通信は大抵国の管理下にあったはずです。日本では郵便は郵政庁、電信電話は電電公社でした。これを破るものは国以外考えられなかったのです。通信手段が多様化し、その事業も民営化が進む今、通信の秘匿の自由を単に「憲法は民対民に適用できない」と切り捨てていいのでしょうか。

関連記事

テーマ : ネットプライバシー
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めてコメントさせて頂きます。
正義や善意、倫理観の前提が非常に恣意的であるという自覚が無いのがGoogleの気持ち悪いところですよね。
カルト化しています。
「やましいことがなければ見せられるだろう」というのは便利な言葉で、人によってやましさを何とするかが違うのを最初から考慮せず、難癖を付けるタネを引き合いに出させようというのが見え見えの言葉ですしね。
結果オーライだから良いじゃないかとか言い出しそうです。

Re: No title

コメントありがとうございます。
戴いたコメント、全面的に同意です。
今までは彼らのネット時代の新たな価値観の提案といった要素が見えたので
「どうなの?」と思いつつも興味深く考えさせられる感はあったのですが、
それがいよいよ本格的に暴走を始めている気がします。
まあ、今までだってものごとを一面からしか捉えず独善的なものだったので
何も変わっていないっちゃ変わっていないんですが。
プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。