スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firefoxの検索バーを35以前の形に戻す

*この記事はFirefox42以前のものです。38esrをお使いの方は当記事を。43以降の設定方法はこちら。42をまだお使いの方は43に速やかにアップグレードするか、38esrにダウングレードしましょう。

すでにFirefoxは40も出ているのに今更ですが…

Firefox36以降、検索バーのインターフェースが変わりました。何がしたくてこんな仕様にしたのか…文字をハイライトして右クリックから検索、がやりにくくなるじゃないですか…

例えば、外国語で書かれたサイトとかを読んでいたら、知らない単語とか出てきますよね。それを、予めサーチバーに Add to Search Bar アドオンで辞書サイトを入れておけば、その知らない単語をハイライトして右クリックし、プルダウンメニューを選択するだけで辞書を引けるのです。

右クリックからの検索

こんな感じに。ところが、36以降の仕様だと右クリックメニューから飛ばせる検索が、「規定の検索エンジン」に固定されるため、規定の検索エンジンをGoogleに固定してたらGoogle検索にしか飛ばせないのです。旧インターフェースなら、検索バーをクリックしてプルダウンするメニューから検索エンジンを選べば、ハイライト右クリックからの検索もそれに合わせて変更されていたのですが…

右クリックからする検索のエンジンをサーチバーで切り替える

こんな感じ。こっちの方が絶対に使いやすいと思うんで、この旧仕様に戻す方法。

【Firefox】Firefox 36の検索バーを35以前の仕様に戻す - 白々メモ帳

こちらのブログさんによると、about:configで browser.search.showOneOffButtons をfalseに切り替えれば良いとのこと。

やってみたら、そのとおりになりました。

はい、実は前回の記事のスクリーンショットを見てもらえれば、すでに自分はこの設定をしてはいました。記事にするのが遅くなりました…。

関連記事

テーマ : Firefox
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。