スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firefoxに入れておきたいアドオンと設定ver43

Firefoxのプロファイルをリセットした時に、アドオンを何を入れていたか忘れてしまいがちなのでここにまとめておきます。設定方法も書いていますが、これはあくまで自分の好みなのでそこは各自お好みでやってみてください。これをそのままやってそれぞれの好みと違うことになっても責任は負えません。

なお、通常の初回設定は前に書いたものと変える必要がないと思ったので省略


Adobe Flash Player

Debianでは公式のcontribからダウンロード・インストールツールが配布されているのでそれでインストールできる。

# apt-get install flashplugin-nonfree

あと、アップデートは自動で入らないようなので、アップデートがあったら (ここで確認できる)

# update-flashplugin-nonfree --install

このコマンドを実行。


Adblock Plus :: Add-ons for Firefox

広告カットアドオン。これはDebianではデフォルトインストール状態で既にインストールされている。なかったらここでダウンロード。購読するフィルタでEasyListというのを入れておけば、特に設定もせずにほとんどの広告はカットできる。なお、初回設定を逃した場合は chrome://adblockplus/content/ui/firstRun.html このURLから初回設定が可能。

このアドオンを使いニコニコ動画の時報・ニュース欄をカットする方法。「自作フィルタ」に

http://res.nimg.jp/swf/player/marqueeplayer.swf?*

これをコピペ。


Add to Search Bar :: Add-ons for Firefox

検索バーに任意の検索エンジンを追加できるアドオン。これを入れて、追加したい検索エンジンのテキスト欄を「サーチバーに追加」で、好きな検索エンジンを追加できる。これは36以降の仕様のサーチバーでも有効。


BetterPrivacy-signed :: Add-ons for Firefox

通常、ブラウザからはコントロールできないと言われるFlash内のCookieを、ブラウザを閉じる度に削除してくれるアドオン。毎度毎度消すかどうか聞かれるのは邪魔くさいので、設定のOptions&Helpタブから always ask のチェックを外す。


Classic Theme Restorer :: Add-ons for Firefox

Firefoxのインターフェースはバージョンごとに変化しているが、昔のインターフェースを復活させるアドオン。35以前のサーチバーも復活させることができる。個人的には昔のブックマークボタンとフィードアイコンが好きだったので、設定の Location bar (1) から Star-button と RSS feed-icon をチェック。あと、その間に仕切りが表示されるのが邪魔くさいので Hide 'reroad,〜 をチェック。それと、ツールバーのカスタマイズの自由度が上がるのでそこも好き。


Context Search X :: Add-ons for Firefox

文字をハイライトして右クリックからする検索を拡張するアドオン。規定に設定した検索エンジンとは違うものが呼び出せる。


Downloads Window :: Add-ons for Firefox

Firefox初期のダウンロード別ウインドウが復活できるアドオン。設定で「ダウンロード完了時に閉じる」をチェック。


Flash and Video Download :: Add-ons for Firefox

Youtubeなど、動画サイトの動画をダウンロードできるアドオン。もちろん著作権侵害には注意。設定は特にいじってなかったと思う。


Flashblock :: Add-ons for Firefox

Flashの読み込みを一時的にブロックしてくれるアドオン。詳細は過去記事

なお、設定で Block HTML5 video as well はチェックを外す (こうしないとYoutubeがエラーになる) 。次の「Silverlightもブロックする」はチェック。もう殆ど使ってるサイトないからいらないかも知れないけれど。

あとそうだ、ver1.5.19はツールバーアイコンが動かないという問題があるのでこのバグが取り除かれるまではバージョン履歴のページから1.5.18を入れるといいと思う。1.5.20ではこのバグが取り除かれたと思われるのでdelタグを打ったが、このようにバージョンアップで問題が起きた場合同じ方法で旧バージョンを入れることができる (もちろん自己責任) 。ただし、Video DownloadHelper のように大幅に使い勝手が変わってしまい、それが作者の意図で改善は望めないと思われるときは、そういう手は使わず、別のアドオンを探そう。良いのがなかったら諦めよう、あるいは自分でつくってみるか…。


Google アナリティクス オプトアウト アドオン

Googleアクセス解析の拒否。詳細はこの記事を参照


Make Link :: Add-ons for Firefox

まさにこの記事のようなものを書くときに便利なアドオン。詳細はこの記事を参照。設定で、フォーマット欄に %url% とだけ書いた項目を追加しておくと、URLをコピーする際に便利。


NoScript Security Suite :: Add-ons for Firefox

スクリプトの実行を基本抑制して、サイトごとに許可することのできるアドオン。デフォルトではツールバーにあるアイコンをマウスでポイントするだけで設定メニューが開くようになっているが、これはちょっと邪魔なので、「NoScriptアイコンの上にマウスを移動した時に〜」のチェックを外す。するとその真下の「NoScriptツールバーボタンの左クリックで〜」が有効になるが、これもいらないと思うので外す。ページの再読み込みはありがたいが、全てのタブが同時に再読込されるのはブラウザが重くなるので「Reload the current tab only」をチェック。

通知は、アイコンがツールバーに出ていれば充分なので「通知タブ」から「スクリプトをブロックしたときに情報を表示する」のチェックは外す。あと、クロスサイトスクリプティングについては正当なページがブロックされてしまうことが多いと感じるので「詳細設定」タブから「XSS」のサブタブに入り、二つのチェックを外すあるが、それでエラーが出たらエラーコンソールを見て、例外規定を編集。


RefreshBlocker :: Add-ons for Firefox

自動でページが再読込したり、別のページに飛ぶのを停止するアドオン。それが効果的に使われているページも多いのでその事自体は悪いと思わないが、Ninja tools とかいうページに飛ばされて閲覧ができなくなるページがあり、これがあると非常にストレスなので。

設定に http://bar1.shinobi.jp/ と入れ、現れるチェックボックスもチェック、The list as a: を「Blacklist」に。Test against: は「Target URL」に。これでNinja tools によるリダイレクトを停止できる。


Restart :: Add-ons for Firefox

Firefoxはアドオン導入時などに再起動を要求されることがある。そうやって再起動する場合、開いていたページ・タブ等は保存され、終了前の状態で再起動するが、それと同じようなことが特に理由がなくてもいつでも任意に可能になるアドオン。


Save Image in Folder :: Add-ons for Firefox

「名前をつけて画像を保存」ダイアログウインドウを経ずに画像を保存できるアドオン。設定メニューの「メイン」タブから自分の使いたいダウンロードフォルダ (俺の場合はデスクトップ) を設定し、「同一ファイル名がある場合の動作」では「名前をつけて保存ダイアログを表示」を選択。そして「その他」タブから「画像をダブルクリックすると問い合わせずに前回保存したフォルダに保存する」をチェック。あとはFirefoxを再起動して一回画像を右クリックのこのアドオンメニューからダウンロードすれば、あとは次から画像はダブルクリックで保存されるようになる。


Search by Image for Google :: Add-ons for Firefox

Googleには画像をキーワードで検索する他、画像から、同じ、もしくは似通った画像を含むページを検索する機能がある。これは画像を右クリックしてGoogleの「画像から」検索に飛ばすアドオン。この機能をもたらすアドオンは他にもいくつかあるが、複数タブを開いている場合に、現在のタブのすぐ隣に検索タブを開いてくれるのでこれを選んだ。ほかのものだと、一番右側に新たなタブを開く場合が多いので。


Speed Dial :: Add-ons for Firefox

Firefoxでは、ある頃から新しいタブやウインドウに Google Chrome よろしくよくアクセスするサイトを表示するようになった。これは事故につながりかねないと思う。ので、このアドオンを入れる。設定から「空白の新しいウインドウに読み込む」「空白の新しいタブに読み込む」をチェック。あとは自由に。


User Agent Switcher :: Add-ons for Firefox

ユーザーエージェントを偽装し、切り替えるアドオン。これでサイトのスマホ用デザインを呼び出したり、ユーザーエージェントによってアクセス規制しているサイトにアクセスできる。なお、使えるユーザーエージェントはデフォルトで入っているものの他に、手書きで設定できる他、設定ファイルをインポートすることで増やすこともできる。設定ファイルは User Agent Switcher Help このサイトに用意されている。Will you add a new user agent to the defaults? の段落にある an extensive list of user agents のリンクから、飛んだ先の「Download via Save As File Dialogue」をクリックし、落ちてきたxmlファイルを設定からインポート。

以上、かな。では皆さん良いお年を。

関連記事

テーマ : Firefox
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。