スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大麻は解禁される傾向にある、でもそれは覚せい剤とは関係ない

キヨが逮捕されましたね…

僕はほとんどスポーツは見ないのですが、小さい頃から応援していたほとんど唯一の野球選手だったのですごく残念です…

ただ、これに絡んで、一部、もっと残念なものを見つけました。それは、大麻と覚せい剤をごっちゃにしている奴が一部にいること。これは、おそらく日本の麻薬教育の問題点だと思います。日本では子供の頃から麻薬防止教育を受けさせられますが、その時このように教えられるのです「どんな違法薬物も同程度に危険」と。少なくとも自分の時はそうでした。

すると、近年海外でよく話題になる「大麻」の合法化問題に絡んで、覚せい剤も同じように危険度が低いと勘違いする奴が出て来かねないと思います。大麻の害が実は低いと聞くと、「どんな違法薬物も同程度に危険」と聞かされて来た人は勘違いもするでしょう。で、実際に勘違いしている奴を見たのです、それも複数。

以前、日本で上映・ソフト化されていない映画がYoutubeで有料配信されていたのでそれを見るという話をここに書きましたが、それの内容が大麻問題についてのドキュメンタリーだったので、僕の記事を見てそういう勘違いに走った人間ももしかしたらいるかも知れません。というわけで、一応知ったかぶりではありますが、注意喚起の記事を書かせてもらいます。



確かに、大麻は世界的に合法化について議論されているものです。しかし、それといわゆる麻薬覚せい剤は全く異なるものです。例え大麻の害が低いと言ったって、麻薬や覚せい剤の害が低いということにはなりません。日本の麻薬教育は全てを教えていません。全て同程度に危険だと教えるのは、それで恐怖を煽るためだと思われます。実際はそれぞれ全く異なります。

順を追って説明しましょうか。いわゆる狭義の麻薬というものから。狭義の麻薬とは、ケシ科ケシ属ケシから取れる薬品のことを指します。これの原始的な形がアヘンで、モルヒネはその薬効成分であって、これを抽出・精製したものです。モルヒネはがん患者や戦場で重傷を追った兵士の鎮痛剤などに使われることもあります。ヘロインはそれを化学変化させ、更に効果を強めたものです。これは当初医療用モルヒネの改良として開発されたようですが、害も強くなっていたようで現在は医療用としては使われていません。

次にコカイン。南米に自生するコカノキ科コカ属コカノキに含まれる薬物で、これを抽出・精製したものです。南米では伝統的にコカ茶が飲まれることがあります、これはコカイン濃度は低く問題は少ないと言われていますが、精製したコカインは国際条約で広義の麻薬扱いです。またコカ茶の伝統のない地域ではコカ茶も麻薬原料扱いです。日本もそうです。

キヨがやったとされる覚せい剤。これは化学合成された薬です。薬品としてはアンフェタミンとかメタンフェタミンと言います。精神を高揚させ、疲労を感じさせなくすると言われ、戦時中世界的に生産・使用されましたが、戦後はこれも害が大きいということで世界的に禁止されました。特に日本では戦時中に大量生産され、戦後しばらくの間も一般に流通していて (ヒロポンの名で有名) 大勢の中毒者を出したためか、伝統的に人気の違法薬物です。

そして大麻です。大麻はアサ科アサ属アサの葉や花穂を乾燥させ、あるいはそこから加工したものです。薬効成分はTHCと呼ばれています。

このように、それぞれ全く原料も違えばものも違います。脳への作用箇所も異なり、効果も異なります。そして体への害も異なります。特に大麻と麻薬は同じ「麻」の字を使うのでごっちゃにしがちですが、大麻の麻はアサの意で、麻薬の麻は麻酔の麻です。現在は一緒の字ですが旧字体は違ったようです。

そして、大麻だけ、これだけが、違法薬物と世界的にされているものの中で世界的に合法化の動きのあるものです。これだけです。これ以外のものは、合法化について議論にはなっていません。ここは勘違いしないでください。もう一度言いますが、合法化の動きが世界的に進んでいるのは大麻だけです。その他の麻薬等は合法化されるような話はありません。



では、大麻は無害なのか。それもおそらく違います。実際に合法になった例はほぼありません。多くの解禁されたと言われる地域は、個人使用目的の単純所持について事実上取り締まりをしていないだけというのが本当のようです。また、近年米国の一部の州で解禁されたという話がありましたが、あれも州政府がそうしたというだけであって、連邦法上は相変わらず違法です。その州内でも、州政府から認可を受けない売買は禁止されているようです。あの有名なオランダも実は似たような状況で、地方政府・自治体の認可のあるコーヒーショップでの売買は事実上認められているものの、国法上は実は違法で、コーヒーショップ外での売買は摘発対象のようです。

では、なぜ事実上解禁のようなことが起きているのか。どうやらこういうことのようです。

・既に使用者が多い
・大麻使用者が裏社会と接触することを防ぐ。裏社会と習慣的に接触すれば犯罪傾向が強まり、あるいはより強い違法薬物に流れてしまう可能性がある
・同様に、犯罪組織の資金源を断つ。米国では、禁酒法で酒の密造業者が大儲けしマフィアが急成長したという苦い歴史がある
・違法薬物の中では比較的害が少ないと考えられている
・比較的個人にも栽培が容易で、自生していることも珍しくないため、個人使用まで取り締まるのは現実的じゃない (日本でも実は麻薬覚せい剤と違って「使用」には罰則規定がない、単純所持が違法なので事実上一緒だが)

要は社会政策上の考え方です。肉を切らせて骨を断つ的な話です。つまり大麻を合法化しようとしている国々でも、大麻が社会的にそれなりに危険なものだという認識は変わってはいませんし、それより強い違法薬物、いわゆるハードドラッグを強く危険視しているのは変わりません。



まあ、とにかくそういうことです。大麻も必ずしも安全とは考えられていない上、大麻以外の違法薬物が解禁されているなんてことはもっとありません。そこは勘違いしないでください。

私も前に大麻の合法化にやや同調するような言い方をかつてはしましたが、それは新たな医療薬になりうるかも知れない (一部現行の薬が効きにくい病に大麻が優れた効き目を見せると言われるものがあり、イスラエルなどでは盛んに研究されている) のに、研究もできないというのは変だと思うだけであって、嗜好品用途や事実上のそれで解禁されるべきだとは思っていません。祖母ががんで死ぬ直前モルヒネを投与されていましてね…モルヒネより害のない鎮痛剤があれば、なんて思ったのです。

関連記事

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。