スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷惑メールでググるのも危険かも

迷惑メール・スパムメールの文面でググると、同じ迷惑メールを受け取っている人が他にも確認できるので安心できますよーなんて前に書きました、が。

そうやってググる人をカモろうとしている (と思われる) ものもあります。注意してください。

どういうことか。迷惑メールの全文をコピーして掲載しているサイトがあります。それ自体はいいのですが…本当は良くないんだけれど…注意しなければならないのは、それら (特に架空請求もの) をダシにして

「無料相談承ります」

とか書いているところです。具体的にどことは申せませんが結構ありますね。こういうところに相談するのは基本的には避けた方がいいと俺は思います。

なぜか。非弁行為の疑いがあるからです。

業として法律に関する相談を受けたり、手続を代理して行うためには、弁護士の資格が必要になります。一部例外はありますが、いずれにしても弁護士かそれに類する公的な資格・認可が必要です (探偵は違う) 。では、このような迷惑メールの文面と「無料相談」を掲げるサイト、ググるといくつかありますが、それらの運営元を確認してみてください。それらは弁護士や弁護士法人になっているでしょうか?

一部存在はするかも知れませんが、俺が知る限りほとんどはそうではありません。株式会社・有限会社と書いてあったり (弁護士業の法人組織は会社ではなく「弁護士法人」) 、中には運営者の情報を一切表示していないものもあります。彼らに相談して一体何を解決してくれるというのでしょう。弁護士でなければ、迷惑メール業者との間に立って、あなたのトラブルを解決する権限はないはずです。せいぜいできることと言ったら、迷惑メールフィルタの設定方法について教えてくれる程度でしょう。でも、そんなことはマニュアル・ガイドの類を見れば自分でなんとかできることです。わからなければ携帯電話会社など、メールサービス提供者のカスタマーサポートにでも聞けば教えてくれるはずです。

これは怪しむべきです。もしかしたら迷惑メールに不安になっているあなたを更にカモにしようと目論む、迷惑メール業者と同じ穴の狢かも知れません。もしそうなら下手に相談なんかしたら二次被害にあうことになります。全てがそうだとは言えませんが、そういうことを考える奴がいてもおかしくはありません。

ちなみに、弁護士を騙る例もあるようです。弁護士の名前と所属地方弁護士会、事務所と連絡先は日弁連の弁護士情報・法人情報検索で確認できます。日弁連と各地方の弁護士会は弁護士の強制加入団体ですから、ここの情報にない場合・食い違う場合は偽物です。

というわけで注意しましょうという話でした。本来は迷惑メールは開くべきですらありませんが…ウイルスを仕込まれていたり、あるいはHTMLメールを利用することでメールを開くことを監視できる場合がありますから…もし開いてしまって不安になってしまったら、ググッて同じメールを受け取った人が他にいることを確認する程度でやめておきましょう。それだけで安心できるでしょ。あとは迷惑メールフィルタの設定を見直し、gmailやoutlook.comメール、Yahooメール等だったらそのメールを迷惑メールフォルダに移し、あるいは削除して忘れましょう。

#ちなみに、俺が見つけた某サイトでは、テレビで紹介されましたとテレビのスクリーンキャプチャが貼られていたのですが、よく見るとそのスクリーンキャプチャ内に「架空請求解決します詐欺に注意!」とテロップが出ていました…。それっておたくのサイトが詐欺だってテレビで紹介されたってことじゃないよね?



もしどうしても不安なら本物の弁護士に相談しましょう。もちろん相手の用意した人ではなく、どこの馬の骨ともわからないものでもなく、あなたが信頼できる、あなた側の代理人になってくれる人です。迷惑メールごときで相談することはないと思いますが、架空請求とかだったら。そりゃ有料ですが (一回の相談につき数千円程度はかかる) 、万一法的手続が必要な場合は (例えば支払督促や少額訴訟が起こされていたら無視していたら負ける。ただし本当に起こされていたら「特別送達」という特別な郵便が来る。メールでされることはない) その必要な手続に移ってもらえますし、安心度は高いと思います。

関連記事

テーマ : 迷惑メール
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。