スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんなコンピュータ環境でも読める書類を作る

この手のブログをやっていると、知り合いからはパソコンに詳しい奴だと思われるのか、パソコンに関する相談を受けることが多くなりました。

期待してもらえるのはうれしいことですが、それに的確に応えられないのが悲しいところ。このブログを読んでくれている方はお気づきかと思いますが実は詳しいというわけではないし、それにMacやVistaに関して相談されても持っていないものについてはどうしようもないわけで…。好きなバンドについてなら一晩中語ることもできるんですが。

しかし、頼りにしてもらったんだからぜひともその期待に応えたい。というわけで(正直新しいネタができたと思ったわけだけど)ちょっと書きますか。



Windows Vista上で書いた書類がXPで開けないと言う質問。

おそらくMS Office2007とOffice2003もしくはXPのことだと思いますが、確かにOfficeは異なるバージョン間でファイルのやりとりがし辛いという問題があります。

今MS Officeが手元にないので昔使ったときのうろ覚えですが、ファイルの保存先を選ぶウィンドウの下に保存形式を選ぶ所があり、古いバージョンのOfficeの保存形式を選んでおけば少なくともそのバージョンのOfficeで開くことができるはずです。

つまり、その文書を作った人に、お使いのバージョンのMS Office形式に保存し直してもらうようお願いすることで解決できます。



解決とは言いましたが、これは対症療法です。問題はMS Office自体にあるのはもうお分かりでしょう。

そんなバージョン・環境ごとにいちいち読める読めない問題が出てくるものを仕事に使えますか?できる限り様々な環境で読める文書にするのが作成者の勤めだと思うし、だいたい、昔作った書類を今のソフトで開けなかったらどうします?そう、今作っている書類が将来のバージョンアップによって開けなくなる可能性だってあるんです。それのさじ加減はマイクロソフトに委ねられていますから。

今日まで書類といえば紙に印刷するのが普通だったのは、(字さえ読めれば)誰でも・(水の中とか闇の中とか極端な環境でなければ)どこでも・(適切に保存しておけば)いつでも読めるからです。また、最近電子的に配布される書類は.pdfの形式が多くなっていますが、これは大抵の環境で.pdfのファイルを読むことができるからということが理由の一つにあげられると思います。

しかし、.pdfは紙媒体の代わりにはなってもMS Office形式の文書の代替とはなり得ません。というのも、pdfで保存された書類は基本的に編集を前提としていないという問題があります。全くできないということはないでしょうけど、これを編集加工できるアプリケーションはほとんどないので、完成した書類を配布する以外の目的で使うことは難しいのが現実。これが電子書類の配布形式として使われるもう一つの大きな理由なんでしょうけど。




じゃあ、ここでその問題を解決に導いてくれるかもしれないものをご紹介。

OpenDocument

なんだよ、またOpenOffice.orgかよ、と思うなかれ。確かにこの形式が普及したらOOoユーザーとしてはうれしい限りだけど、このOpenDocument形式、OASIS・ISO・IECに認定を受けた国際標準規格(今後JIS規格としても認定される予定みたいですよ)で、あらゆるオフィススイートで使えることを目標に策定され、公開されています。

もちろん、そのあらゆるオフィススイートで使えるという目標の中にはMS Officeや、日本でかつてワープロソフトのデファクトスタンダードであった一太郎も含まれています。そのために規格が公開されているのです。

とはいっても、商用ソフトを作り売る側としてはあんまりこの形式は面白くない、マイクロソフトの様に市場独占に成功してしまった企業は尚更。なので、そのままでは対応はしてくれていないようです。



一太郎では、追加モジュール「OpenDocument対応モジュール」によって対応するそう (追記: 2007年バージョンからはフルサポートになっていたとのこと、追加モジュールが必要なのはそれ以前のバージョンの話でした) 。

MS Office 2000/XP/2003/2007では、Sunが配布するSun ODF Plugin for Microsoft Officeなるものをインストールするか、OpenXML/ODF Translator Add-in for Office(こちらはコミュニティでの開発、マイクロソフトからの支援がある)をインストールすることで可能となるとか。

ただし、俺は実際に試したことはない、というかMS Officeが手元にないので、これの導入の手順や挙動についてレビューすることができません。実際のところ、どうなんでしょ?



ちなみに、OOoは2.0以降OpenDocument形式に標準対応しています。ついでに言うと、.pdf出力も備えているのでどこへ出してもまず問題のない書類が作れます。さらに、WindowsでもLinux/Solaris/FreeBSDといったメジャーなUnixライクOSでも使えます。

MacOSXでは、OOoから派生してMac向けに特化されたNeoOfficeなるソフトがあり、これが使い勝手が良いみたいです。

どんな環境でも使える書類を作りたかったら、こういうソフトの導入を考えてみてはいかがでしょうという提案でした。タダだし。



それと、マイクロソフトも負けじと対抗規格Microsoft Office Open XMLなるものを出してきているようです。

しかし、この規格を標準採用しているのがMS Office2007だけ(旧バージョンのOfficeでもプラグイン追加で読めるようにはなるとwikipediaにはありますが)だし、標準規格としての認定もOpenDocumentに遅れをとっているので、マイクロソフト側が手を引いたとしたらそれこそもうそれでお終いでしょうね、HD DVDの様に。

関連記事

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。