スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux上でインスタントメッセンジャーを

あんまりにもこのカテゴリの記事が少ないから、もしかしたらLinux上でまともに使えるアプリケーションなんてないんじゃない?と思われるかもしれないので、ちゃんとしなきゃ。

ええと、WindowsXPをお使いの場合、Windows Messengerというインスタントメッセンジャーソフトが入っていると思いますが(もしくはその後継であるMSN MessengerかWindows Live Messenger、以下この三つを合わせてMSNメッセンジャーと呼ぶ)、使ってますか?

なかなか面白いソフトですよね。自分がHotmailにアカウントを持っているなら、友人のHotmailアドレスを放り込んでおくだけで、お互いがオンラインした時に簡単にチャットが出来、ファイルの交換なんかも出来てしまうという。そういったコミュニケーションツールとして以外にも、Hotmailの新着メール通知を簡単に受けることもできます。それも、タダで。

Hotmailは世界最大のwebメールサービスだと言われますが、このソフトを使いたいがためにHotmailにアカウントを作った人はかなり多いと思います。



しかし、このインスタントメッセージのサービス、MSN以外にもいくつかあるのですが、困ったことにwebブラウジングやEメールと違ってこれが標準という形式が定まっていないため、それぞれの相互利用が全く利かないという問題があります。例えば、はじめてこの手のサービスが世に認知されたのはおそらく十年くらい前のICQだと思いますが、このアカウントを持っていてもMSNメッセンジャーと連絡とれませんし、yahooはyahooで独自のサービスを持っています。

だから、yahooやgoogleやMSNやICQなど、いろいろなところに友達のいる人はその分だけメッセンジャーソフトを立ち上げなくてはなりませんでした。

そこまでのヘビーユーザーでなくてMSNメッセンジャーだけ使いたいという人でも、かなり最近までFirefoxですら拒否していたマイクロソフトのインターネットコンテンツサービスであるMSN、Linux向けのメッセンジャーを作ってくれることなどとてもとても考えられませんな…。



と思うでしょ?

以上二つの問題を同時に解決してくれるものがあります。pidginというソフト。古いリリースではgaimというパッケージ名になっていると思いますが。

特徴として、LinuxとWindowsで動くこと。

そして、様々なインスタントメッセージのサービスに対応していること。MSNをはじめ、AIM/ICQ、googleトーク、yahoo、MySpaceなど、十六種類ものサービスに使えます(当然、それぞれにアカウントを持っていればの話ですけど)。

pidgin動作画面のスクリーンショット

これが動作中のスクリーンショットですけど。一番手前に出てきているウィンドウが新着メール通知、右側のウィンドウが会話ウィンドウ(今のところ何も会話していませんけども)、左側の修正だらけのやつが仲間リストです。



一つ心配な点は、日本語にうまく対応してくれていないという報告がネット上にちらほら見られることです。メニューは日本語化されているし、今のところ俺自身は(MSNしか使っていないが)会話が文字化けするという事態には出会っていませんけれども。俺はDebian sidのパッケージ(今日現在2.3.1)を使わせてもらっているので改善済みなのかも…。

問題が出たらLinux版はHoneyplanet Developmentさんでパッチが、Windows版は電脳のツボ -別館-さんで日本語向けにビルドしたものが配布されていますので、使ってみてはいかがでしょう。

また、blog in a fogさんの記事によると、フルパスに日本語を含むフォルダにインストールすると不具合が出やすいとのことです。また、プラグインには日本語に対応していないものがあるみたいなので注意とか。



ま、とりあえず、Linuxでもメッセンジャーソフトは使えるんですよ、ということが言いたかったのです。

関連記事

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。