スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RadeonX1250/AMD690GのLinux用ドライバ

実家で両親のために組んだパソコンは、AMD AthlonX2にAMD690Gだったという話は以前しましたが、それにこっそりとパーティションを切ってsiduxを入れてあります。これにAMDから配布されるドライバを入れてみました。



まず、AMDのサイトへ。ATIドライバのページにジャンプ。

>Please select your operating system, product family and the product and then select GO.

とあるので、Linux x86→integrated/motherboard→Radeon Xpress 1250を選択し、Goをクリック。

ダウンロードページに移動するので、ダウンロード。とりあえず、ここではデスクトップに落としておく。



では、インストールしましょか。

# cd Desktop
# sh ati-driver-installer-8-02-x86.x86_64.run

新しいウィンドウが現れてインストーラが起動する。

まず、何がしたいか聞いてくる。ので、Install Driver~を選択してContinue。

次にライセンスについて同意するか否か聞いてくる。全て英語なので面倒くさい。I agreeをクリックして同意。

インストールの方法について尋ねてくるので、Automaticを選択しContinueするとインストールが始まる。完了のメッセージが出たらExitをクリックして終了する。



インストールが終わったら/etc/X11/xorg.confを編集すればいいのだろうが、手作業で編集する必要はないみたい。

# aticonfig --initial

これでおしまい。あとはCtrl+Alt+BackSpaceでも押して、Xの再起動。



明らかに画像表示は滑らかになった。これはいいかも。


追記

しかし、Compiz fusionがまだ動いてくれないようだ…。それだけでなくグラフィックに負荷をかけると完璧に動いてくれているわけではないことが分かってくる。

関連記事

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。