スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしかしたら法に触れるかもしれない物とか

おひさしぶりです、このところプライベートが忙しかったのと、ちょっとしたネタ切れもありまして全然更新出来ませんでした。


はい、今日はカテゴリのアプリケーションソフトに分類する記事ですが…。レビューは軽くにしておきます。何てったって法に触れるかも知れないものですから。



商用DVDビデオソフトを買うと、裏に複製不能と書いてあったりします。要はコピーガードですね。これを解除してハードディスクに複製する情報がインターネット上には沢山ありますが。

とりあえずDebian-multimediaにはdvdripなるソフトウェアがあります。

ただし、著作権法では私的複製は認められてはいるのですが…何らかのコピーガードがかけられている情報を、それを意図的に解除することで複製するのは私的複製の範囲外になってしまう話だった気がするので、やはり良いことではないのでしょう。



あるコンピュータで、他の種類のコンピュータの動作を再現するソフトウェアをエミュレータなどと呼びます。

別にこれ自体は何も法的に問題のあることではないのですが、例えば動作の再現度を上げるために再現するコンピュータのハードから不正に吸い出されたコードが含まれていたりすると問題ですし、これ自体に問題がなくともソフトウェアの利用権限を有している必要があります。

インターネット上で古いゲームのromイメージファイルが沢山やりとりされていますが、これは著作権を侵害しているものが多く、ゲーム機のエミュレータがその行為を助長しているのは疑いのないことです。そんなことを言い出したらWindowsがありとあらゆる権利侵害の助長になってしまうわけですけど…。

まあ、どうでもいいね。自分に権利のあるソフトウェアを使う分には何の問題もないわけですから。

実は、Deibanの公式リポジトリにはファミコンのエミュレータとしてFCE Ultra(パッケージ名はfceu)、スーファミのエミュとしてsnes9xzsnes、アーケードゲームのエミュxmameなど、さまざまなエミュレータがあります。

xmameというのは有名なエミュmameのX Window System版ということでxmameなんでしょうが…。ぜひとも巷で話題のスト2'海賊版通称「レインボー」を動かしてみたかったのですが、よく分かりませんでした。

(追記: 正直な話、著作権を侵害している事は明らかとはいえ、既に販売終了となりとっくに入手困難になっていて、ついでにハードの修理受付も終了している、ようは正当に遊ぶことのできなくなっちゃっているゲームがネット上に転がっていることの何が悪いんだと思っていたこともありました。ありましたが、今日ではWiiのバーチャルコンソールというサービスを通じて正当に遊ぶことができるものもあります。昔のゲームがやりたかったらこちらを利用するべきでしょう。)



そういえばwinnyはLinuxには存在しません。bittorrentというP2P技術を用いたファイル共有ソフトはありますが、暗号化やファイル検索機能はついていませんから、あまり違法なファイル共有には向かないようで。逆にそういった機能がついていないからこそ正当なファイル共有に向いていると言える面もあるわけで、サーバが貧弱な場合のソフト配布に使われている例も多いです。

あ、でもLimewireはあるか。使ったことないので全く分かりませんが。



じゃあ、次はbittorrentクライアントソフトでもレビューしてみようか。



追記

DVDのCSSはあくまで視聴制限であってコピープロテクトに当たるものではないので、これの解除は著作権法が禁止するコピーガードの回避に当たらないという説が存在するようです。これは法律や行政の問題になってしまいますが、ちょっと勉強してみようかと思います。

さらには、アメリカ著作権法にはフェアユースという規定があって正当な理由での私的複製は例外なく認められるそうですね。まあ、当たり前ですよね、私的複製をしたって著作権者には害はあるはずないんですから…。

関連記事

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。