スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BitTorrentクライアントソフト

しばらく前に予告してそのままだったBitTorrentクライアントソフトの紹介です。

BitTorrentの技術は公開されているのか、様々なクライアントソフトが開発され、様々な環境で動くようになっています。もちろん、Windows用、Linux用、Mac用のクライアントソフトも存在します。



BitTorrent

オリジナルBitTorrentらしいけど、使っている人を見たことがない(それは俺の周りでというだけでなく、接続相手としても見当たらない)。Debianのパッケージリポジトリにもこのパッケージらしいものがあるにはあるが、使い方が全くわからない、ので名前の紹介だけ。



BitComet

日本語Windows環境で使うならばまずはこれ、といったソフトだそうです。俺は使ったことはありませんが、確かにこの手のソフトでは珍しく公式サイトが日本語対応しているし、ネットで検索しても日本語での情報が多く手に入ります。接続相手を見ているとこれを使っている人は結構多そうです。

しかし、WikipediaのBitTorrentの記事によると、「動作ないし開発思想が利己的であると非難されることがあり、一部のクライアントはBitCometとの接続を禁止している」だそうですが…



Azureus

Javaで書かれているため動作が重いですが、移植が簡単らしくWindowsとLinux・MacOSXで動作するみたいです。

しかも多機能。設定によってはトラッカー(今現在そのファイルを共有するために接続しているピアのIPアドレスを管理し通知するサーバー)として動作させることもできるため、詰まりはファイルの一次配布者になることもできるみたいです。多機能だと設定が難しそうですが、決してそんなことはなく、「初心者モード」「中級者モード」「上級者モード」と動作設定が分かれており、初心者モードならば先に書いたような高度なことはできませんが設定は楽です。

ただし、3.0にバージョンアップしてから余計な機能がついて更に重くなっています。ストレスなく使うためには最新のパソコンが必要でしょう。実際、3.0にアップグレードされてからトンと見なくなったように思います。



Transmission

azureus3.0がうちのパソコンには重すぎるため、軽いソフトを探していたら出会ったのがこれ。簡単に特徴を上げるならば、シンプルで軽快で使い勝手がいいです。インターフェースはGTK+(Mac用はCocoa)を使っているため、GNOMEを使っているならばおすすめ。

Windowsには移植されていないみたいです。

ただし、トラッカーとして動作させるための設定はちょっと分かりません。.torrentファイルの作成機能はついているため多分できるだろうとは思うのですが…。



KTorrent

GTK+の製品を紹介するならばQtのものも紹介しないとね。ということでKDE用のBitTorrentクライアントソフト。使ったことはないので分かりませんがWikipediaの解説によると多機能みたいですね。まあ、KDEを使っている人で、興味があったら。



その他、色々あるみたいです。違うクライアントソフトやプラットホーム上でも、問題なく接続してファイル交換をすることができますので、基本的に何を使ってもらっても構いません。お好きなものを。

くれぐれも注意ですが、違法・不法な使い方はしないように!まあ、BitTorrentはP2Pファイル共有の中では比較的まともに使われている方ですが…

関連記事

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。