スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でっかいことを言ってはみたけれど

先日、マイクロソフトへの依存を脱すると書いちゃったけど、具体的にWindowsVistaを買わされないためには「Windowsをあきらめる」必要があるんだよね。WindowsXPの販売終了は半年延期されたらしいけど、いずれ手に入らなくなるという事態は変わらないわけで。

オフィススイートはOpenOffice.orgがあるし、ブラウザはFirefoxOperaがあるからその辺は依存を脱してはいるんだけどさ。

というわけで、OSをどうにかしなきゃならんわね。



まあ、Windows以外の代表的なOSといったらMacでしょう。

長所としては、Windows以外のOSとしては最も利用者が多い(と思われる)から、行き詰まったときに助けてもらえる可能性が高い、アプリケーションソフトも豊富、といった所ですな。

しかし、アップル社製の専用パソコンにしかインストールできないので、本体ごと新しくする必要がある。導入は金銭的な面以外では楽なんだろうが、それではブログを立ち上げた意味がないなー。却下。



じゃあどうするの。Linuxしかない♪(サッポロビール風に)

…なんという出来レース、自分でもびっくりするぐらいの文才のなさ。

それ以外にもOSは実はいくらでもあるんでしょうが、利用者の数とアプリケーションソフトの数はwin・macを除いてはLinuxを超えるものはないでしょうな。FreeBSDNetBSDOpenBSDなんかはネット上で名前を聞くことはよくありますけど、Linuxに比べたらそれでも圧倒的に少ないし、個人でデスクトップ用に使っているという人の話は聞いたことがないのでいざというときに助けてもらえる可能性が少ないかと。フリーウェアでWindows互換のOSをつくるというプロジェクトReactOSなんてのもありますけど、これはまだ

>未だalpha段階にあります。ですから、機能は完全ではなく、日常の使用にはお勧めできません。

とのことですからね(上記ReactOSのホームページより引用)。



じゃあ、そのLinuxとやらをダウンロードしてインストールして使ってやろうじゃないの。Linuxをキーワードにググって一番先頭にヒットした日本のLinux情報のサイトへ。

…ん?ダウンロードリンクはどこだ?

Linux一般に関する情報というリンクがあったので、何か光明があるかと思い、クリック。

Linuxとはというリンクがあらわれる。初歩の初歩、こういう情報も知っておく必要があるだろう、クリック。

…よくわからない…

専門用語の羅列だ。初めてパソコンに触った十歳のころ、入門書の入門書が欲しいとわめく大人達はおおげさだと思っていた自分、初めてあのころの頭は柔軟だったと気づいた。

しかし、こんなことを年のせいにしていちゃ余計に老け込むだけだ、分からないことは覚えればいい、それに今はwikipediaというものまである。

ええと、LinuxはOSではなくカーネルであること、カーネルはOSの中核をなす部分であること、Linuxをカーネルに使ったOSが一般的に(そして俺自身の認識としても)「Linux」と呼ばれていること、そしてそのLinuxOSを専門家ではなくとも導入したり利用できる形にまとめ上げたものを「Linuxディストリビューション」と呼ぶこと、これだけのことを理解するのに二・三日かかりました。

そして知ると同時に認めなくてはならなかったこと…

そのLinuxディストリビューションの数はwikipediaの同記事に書いてあるだけでざっと50はあるということ…。どうやって選べというんだ。

続く

関連記事

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。