スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Debian Installer lenny beta2を試す

回線の切り替えによって、ホームゲートウェイという名のルーターが付いたので、今までPPPoE接続をしていたところをDHCP接続に切り替えなくてはならなくなりました。ルーター自身はPPPoE接続でインターネットに繋いでいるのでしょうが、ルーター・パソコン間のローカルネットワークはDHCP接続になりますからね。

Windowsの方は再起動しただけで自動的に認識してくれたのですが、Debianはそうしてくれませんでした。

そういえば、DHCP接続かPPPoE接続かはDebianインストールで最初に躓いたところでした。インストーラはDHCPネットワークを必死になって探していて、無くて、PPPoE接続を認識させるにはインストールコマンドで先に指定しておかなくてはならなかった…。なんてことを思い出し。



どうやって再設定していいのか分からなかったので、いっそのことクリーンインストールしてしまおうと思い、Debian Installer lenny beta 2をダウンロード、CDに焼いて起動。

なんと、最初のインストールコマンドの入力欄がなくなり、代わりにエキスパートモードやレスキューモード、インストーラのインターフェース(GUI or CUI)の選択、PPPoE関連の読み込みがメニューとして表れるようになっていました。

これでもまだ初心者にわかりやすいとは言えないですが。俺なんかは最初のメニューではGUIかCUIか選択するくらいにしておいて、後はインストーラ内で読み込むか読み込まないかを適宜訊いていけばいいじゃんと思ってしまうんだが、それにしてもsargeから比べればずいぶん進歩したなあ、おじさんうれしい。



で、後で細かい設定をいじるよりもインストールの最中にできることはさっさとやってしまいたいと思ったんで、エキスパートモードを選択。

インストーラの様子はほとんどetchと変わっていませんでしたが、etchのインストーラは当時の俺でも普通に触れるほどやさしいものだったので、まあいいでしょう。問題のDHCPネットワークも数秒で認識してくれました。

ところが、インストールするカーネルの選択のところで。

2.6-486
2.6-686
2.6.24-1-486
2.6.24-1-686

選択肢がこうなっている。上の二つのどちらかを選べば2.6系の最新のカーネルが常に入るようになるのだが、このディスクの中に納められている最新のカーネルは2.6.24ということか?これ、lennyでは二ヶ月か三ヶ月前にアップグレードされて消えた二代も前のバージョンなんだが、依存関係が壊れたりしないんだろうか?それともネットワークミラーからのインストールだから、現行の2.6.26-1カーネルが自動的に入るんだろうか?

恐ろしくなったが、取りあえず上から二番目、2.6-686を選択。俺の使っているCPUはAMDのK7なので、486が妥当なのだろうと思っていたが、etchまで存在したk7カーネルはlennyでは686カーネルに吸収されてしまったので、これで続行する。



ベースシステムをインストールしています…の表示。今現在インストール作業中のパッケージも表示されるが、やっぱり2.6.24-1-686カーネルが入る。

そしてネットワークミラーに接続してその他のパッケージをもらってこようとインストーラが動きはじめたとき…。

エラーの表示。

再試行してみる。

エラー。

再試行。

以下、何度やっても同じ。画面表示を見ていると、接続には成功している模様だが、一切ダウンロードが出来ていないのだ。

それでもサーバの問題かもしれないので、ミラーサーバを変えてやってみる。

エラー。

やはり、サーバではなくてこちら側の問題である臭がプンプンする。

CDの焼き損じかもしれないと思い、インストーラのメニューからCDの完全性チェックをやってみる。

「問題はありませんでした」の返答。

GUIエキスパートモード特有のバグかもしれないので、再起動してGUI通常モード、CUI通常モード、CUIエキスパートモード全て試してみる。

どれも失敗する。



とりあえず最初の不安、つまりbeta2に収録されている微妙に古くなったベースシステムと現在のlennyリポジトリに存在するソフトウェア群とで依存関係が崩壊している恐れが的中したと考えて、beta2を破棄、代わりに同じページにあった週刊スナップショット最新版の一枚目だけをダウンロード。

当然、この時には今まで使っていたDebian用パーティションは初期化されているので、Windowsを立ち上げて作業。

で、焼き直して再起動。

今回はネットワークインストールのミラーサーバの選択の前に、「完全版のCDから起動されているけど、2枚目以降のCDがあれば挿入を。無いなら無いで構わない、ネットワークインストールをさせてもらう」という趣旨のメッセージが出たが、それ以外は全く何事も無かったかのようにしれーっとインストールが済んでしまう。



うーん、結局週刊スナップショット最新版に救われたわけだが、これはインストールレポートを出した方が良いんだろうか。英語、単純な日常会話で精一杯なんだが…。

関連記事

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざっぱー

Author:ざっぱー
(この画像について)

当ブログについて
メール
(このメールアドレスへの特定電子メール (迷惑メール) の送信はお断りします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。